1日10件売れるアフィリエイト記事の書き方|実証済みの5ステップで構成を解説

アフィリエイト記事

アフィリエイト収入を大きく上げるためには、ユーザーの心を動かすような魅力的な記事を書かなくてはいけません。

基本的にユーザーは、「悩みを解決したい」「何か行動を起こしたい」「商品を購入したい」と言う目的を持って検索をしています。

そのユーザーの心理にしっかりと答えられるような記事が書けなければ、商品は売れずアフィリエイトの報酬は伸びていきません。

アフィ太

かといって記事を書いてみようと思ってもどうやって書いたら良いのか・・・

ウェブにはウェブのライティングの仕方というものがあります。

我流で書いていてはなかなか身に付きませんね。

アフィリエイトで記事を書く時には次のようなことで悩む人が多いかもしれません。

KYOKO

 

この記事でわかること

  • 売りたい商品やサービスが全く売れない・・・。
  • 記事の書き方がよくわからない・・・。
  • 記事内の話がうまくまとまらない。

 

本記事ではこのような悩みを解決し、1日で10件売れるアフィリエイト記事の書き方を実証済みの5つのステップに分けて解説していきます。

STEP①|アフィリエイト記事のタイトルを決める

アフィリエイト記事

まずはタイトル付けですね!

KYOKO

記事の中で最も重要なのが「タイトル」です。

記事のタイトルは言うなれば、本で言うところの背表紙に書いてある名前に相当します。

アフィリエイト記事

つまり【顔】なんですね。

これがつまらない文言だと、クリック率(CTR)に影響してきます。

クリック率(CTR)とは
CTRとはclick-through rateの略で、バナー広告などの自社広告がクリックされる率のこと

「なんか、つまらなさそうなサイトだな。クリックするのやめよう」とスルーされると言うわけです。

アフィ太

ではどうしたらいいんでしょうか?
SEO的な事も含めてお話ししていきますね!

KYOKO

狙ったキーワードをタイトルに含める

まず、その記事で狙ったキーワードというのはタイトルに必ず含めましょう。

おそらく記事単位で狙うキーワードというのは2語・3語の複合キーワードだと思いますが、その複数の単語の配置も重要です。

基本的には、左寄せで隣接させるのがいいでしょう。

これについては諸説ありますが、このように「ニキビ」と「対策」と言う2つの単語はタイトルの左側に比較的近い位置で配置してあることが多いのがわかると思います。

「ニキビ 対策」で検索したときの検索結果

Googleは記事内のタイトルタグにある言葉を非常に重要視します。

つまりタイトルにキーワードを含ませることで、その記事が何について書いてあるのかGoogleに知らせることができます。

アフィリエイト記事

アフィ太

なるほど… Googleに理解してもらえるようにタイトルにキーワードを入れるんですね。
Googleもそうですが、タイトルにキーワードを含めることで検索ユーザーの目にも止まりやすくなります。

KYOKO

キーワード選定の方法については、このあたりの記事を参考にして見てください。

 

文字数は30文字以内におさめる

タイトルを考える場合、必ず文字数を30文字以内におさめることを意識しましょう。

アフィリエイト初心者の方に、「タイトルにキーワードをたくさん盛り込んだ方がいいなら、文字数を気にする必要がないのでは?」と質問されることがあります。

確かに、検索エンジンのSEOを意識してタイトル内に狙ったキーワードを入れることは非常に大切なことです。

しかし、あまりにも長すぎるタイトルは、検索結果で省略されてしまいます。

“アフィリエイト 記事”というキーワードで検索してください。

そのほとんどのページタイトルの語尾が“…”で省略されていませんか?

時間をかけてタイトルを考えても、ユーザーには見えません。

アフィリエイト記事

サイトタイトルの最大表示文字数の平均値を基準として全角30文字を意識してサイトタイトルを考えてみましょう。

目を引くキャッチーなタイトルを

アフィリエイト記事アフィリエイトで売れる記事を書きたいのなら、人の目を引くキャッチーなタイトルをつけましょう。

そもそも、キャッチーとは、人の目を引き、興味をもたせるという意味があります。

つまり、タイトルは、ユーザーの興味や関心を最大化するものでなければいけないということです。

アフィ太

じゃあ、記事の中身が完璧にわかるようなタイトルだとクリックされないかもしれませんね。
ユーザーの興味や関心を引きクリックしたくなるようなタイトルは、少しの疑問を残してあるタイトルとも言えますね。

KYOKO

現在は、無料でキャッチコピーを生成するようなツールも登場していますが、あのようなものを利用しないほうが良いです。

自動生成ツールの文章はキーワードだけを意識した支離滅裂な文章の場合もあるので、それだと仮に上位表示してもクリックされませんよね。

やはり、自分が検索ユーザーになったつもりで「どのようなタイトルなら興味がわくか?」考えてつけましょう。

アフィ太

ちなみによく見るような過激なタイトルは有効ということですか?

例えば、「詐欺」とか「悪評」のような言葉を使って不安を煽るようなものとか…

確かに過激なタイトルは「えっ!?本当!?」と中身を見たくなりますが、基本的にはあまりおすすめしません。

多少不安を煽る要素があってもいいかもしれませんが、やりすぎるとなんだか品がありませんので…

KYOKO

注意

広告主の立場から考えても、過激すぎるネガティブワードがたくさん含んだタイトルのサイトで自社の商品を紹介しているのは好ましいことではありません。

後に「修正してください」との指摘が入ることもあります。

後からタイトルを変更すると順位が大幅に変わってしまったりするので、注意が必要です。

 

数字を使って具体性を持たせる

 

アフィリエイト記事記事のタイトルには、積極的に数字を使って具体性を持たせてください。

ユーザーは、数字に対して興味や関心を持ちやすいです。

たとえば、下記のような数字が含まれていないものと、含まれているタイトルを見比べてみましょう。

  • SEOの本質を理解してアフィリエイトマーケティングで稼ぐ方法
  • SEOのたった1つの本質を理解してアフィリエイトで稼ぐ20の方法
特に、タイトルに意味はありませんが、後半のものは全角30文字以内で数字を入れてみました。

KYOKO

どちらもアフィリエイトで稼ぐ方法を解説していますが、数字が入っていることで検索結果でも非常に目立ちます。

特にライティングの技術がなくても、実践しやすい方法なので、今日から取り入れてください。

 

魅力的なタイトルまとめ

①狙ったキーワードを含める

②タイトルの長さは30文字以内に収める

③ユーザーがクリックしたくなるようなキャッチーなタイトルにする

④数字を入れて具体性を持たせる

STEP②|アフィリエイト記事の構成(内容)を決める

アフィリエイト記事

アフィ太

早速本文を書いていきます!

「タイトルが決まれば次は本文を!」といきたいところですが、これは大きな間違いです。

たいていの初心者さんがやりがちなパターンなのが【書きながら流れを考える】というものです。

記事を最後まで書き終わると「あれ?こんな事が言いたいんじゃなかったな…」みたいなことありませんか?

これはですね、最初にゴールを設定していなかったことが原因です。

【この記事では結論、このことを言おう!】というのは、絶対にブレてはいけません。

そんなブレブレの記事を防ぐためにも最初に構成を整えておく必要があります

【その①】見出しだけで言いたいことが伝わるか?

アフィリエイト記事

記事を書く上での構成案の鍵は【見出し】にあります。

見出しは、本で言うところの「章」に当たります。

その記事(キーワード)で、まず何を言ってその次に何を話してどうやって結論にもっていくのか?

道筋ってありますよね。

それを見出しを見ただけでわかるようにすると良いでしょう。


H1 アフィリエイトの記事の書き方

H2記事の書く準備

H2記事を書く流れ

H2記事のデザインを整える

H2 SEO対策を施す

H2 まとめ

×

H1 アフィリエイトの記事の書き方

H2 アフィリエイトとは何?

H2 アフィリエイトで稼ぐ方法

H2 効果的なSEOのやり方

H2 SNSの活用法

H2 まとめ


このように見出しを見ただけである程度記事の内容が分かる位がちょうどいいです。

だめな例を見てみると、結局何が言いたいのかブレブレですよね。

見出しにはSEOの効果もあるのでその辺も踏まえて詳しくお話ししてきます。

【その②】どのように見出しを決めるのか?

アフィリエイト記事では、記事の骨組みでもある見出しをどのように決めていけばよいのでしょうか?

これは、「自分の言いたいことが伝わる様になんとなく…」ではいけません。

先ほども言ったように見出しにはSEOの効果もあります。

あなたが作ろうとしているキーワードで上位表示しているサイトを何個か見てみてください。

それらの見出しには共通点がありませんか?

つまり、「そのキーワードにおいて、その見出し(トピック)が、評価される」と言う事なんですね。

上位表示するためにはそれらの見出しは必然的に必要だと言うことです。

ですが、ライバルサイトの見出しを丸パクリするのはいただけません。

あくまでも観点を参考にしつつ、+ αオリジナリティーを加えるということを意識して見出しを考えましょう。

ポイント:見出しは先につける

「構成=見出し」とお話ししたように、記事内でどのような経緯をたどって最終結論にもっていくか?は先に決めておく必要があります。

ライバルサイトはどのような見出しで記事を構成しているでしょうか?

その共通点がわかればメモ帳などに控えておきましょう。

絶対に必要なトピックを含めつつ、オリジナリティーをプラスして最終的に到達すべきゴールが明確になるよう見出しを先につけます。

先に見出しをつけることで、【キーワード→タイトル→問題提起→結論】の一貫性が保たれます。

これをしない事で紆余曲折のブレブレ記事が出来上がってしまうんですね。

SEO:hタグにはキーワード含ませる

見出しは、HTML上はHタグと言うものでくくられた文章のことです。

Hタグの中に文章を入れると、そのテキストを見出しとして検索エンジンに伝えることができます。

巡回しているクローラーは、この見出しを表すHタグの内容を分析して、記事コンテンツの内容を推測しています。

そのため、Hタグに検索結果で上位表示させたいキーワードを入れておくと、どんなコンテンツを書いているのか推測させやすくなります。

ですが、すべての見出しにキーワードを含めるとクドいですし日本語としてもなんだか違和感があります。

その場合は、上層の見出しのみで大丈夫です。

※h3、h4・・・などには入れなくても良い。

これは、重要なSEO対策なので覚えておいてください。

記事構成のまとめ

①見出しだけ読んで意味がわかるか?

②主要トピックをライバルサイトから考察する

③主要トピック+オリジナリティーのある見出し構成を先につける

④Hタグには狙っているキーワードを含ませる

STEP③|アフィリエイト記事で重要なライティングのコツ

アフィリエイト記事それではようやく見出しに沿って中身を埋めていきます。

基本的にサイトアフィリエイトでは、セールスライティングを用いて商材を成約させなくてはいけません。

そのために必要なアフィリエイト独特のライティングのコツについて解説していきます。

ペルソナ設定を意識する

ユーザーの心理を動かす記事を書きたいのなら、ペルソナを意識しましょう。

ペルソナとは、商品やサービスを売る理想のターゲット像のことです。

アフィリエイト記事

ペルソナを明確に設定しておけば、「その人に向けてどのような文章が響くか」イメージしやすいのではないでしょうか?

その商品を購入したいであろうペルソナは一体どんなことに悩んでいるのでしょう?

具体例

商品名:ピューレパール

商品の特徴:脇の黒ずみケア

 

ペルソナ像:

①20代?30代の女性

②美意識の高い人

③オシャレ・恋愛にも興味あり

例えば上記のような商品であれば、自分の見た目を気にする年代(20代?30代)でしょう。

自分の見た目を気にすると言う事は、ファッションやスキンケアにも興味があるはずです。

なぜそのようなことに興味があるのか?と言えば、簡単に言うと「モテたい」からでしょうね。

つまり恋愛や結婚にも興味関心がありそうです。

このような背景を知っておくことで、様々な角度から商品を訴求することができます。

他にもユーザーの悩みをリサーチする方法として次のようなものがあります。

外注する際も、ライターさんにその記事のペルソナを伝えておくとこちらのイメージ通りの記事が上がってきやすいので押さえておきましょう。

中学生でもわかる文章で書く

アフィリエイト記事アフィリエイターは、どんな人にも伝わる文章を書かなければいけません。

その際、大切なのは、中学生でも伝わるのかということです。

近年、スマートフォンの利用率が上昇したことで、ユーザーの読解力が大幅に低下しています。

これは、コンテンツを小さなデバイスで流し読みすることが原因と考えられています。

新聞や本をじっくりと読む習慣をもたないユーザーに、難解な言い回しは、一切伝わりません。

それどころか、「何をいっているのか、まったくわからない!読むのを辞めよう。」と思われる可能性が高くなります。

そのため、小学生や中学生でも理解できる文章を書きサイトから離脱される確率を抑えましょう。

スクロールして流し読みしても、簡単に理解できる文章を心がけましょう!

KYOKO

専門用語を使い過ぎない

記事には、専門用語を使い過ぎてはいけません。

ユーザーが専門用語を理解するには、非常に多くの手間が発生するからです。

特に、カタカナの専門用語を使いすぎてしまう人は、ペルソナに立ち返って物事を考えましょう。

ペルソナは、その難解な専門用語を知っているでしょうか?

知らないのなら、使うべきではありません。

ビジネスの場でも、専門用語ばかり利用する方がいますが、周囲と上手くコミュニケーションできていないと感じます。

文章でも同じことがいえるため、専門用語の使い過ぎには、注意してください。

男性物の商品を扱う場合は、専門的なことを詳しく書いたほうが好まれる傾向があります。女は感覚。男は理論みたいなところがあるからですね。

KYOKO

冒頭で読者の心つかむ

アフィリエイト記事文章の冒頭では、しっかりとユーザー(読者)の心を掴んでいきましょう。

  • 共感←「これは私のための記事だ」
  • 疑問←「なぜそうなるんだろう?続きが知りたい」
  • 驚き←「えっ!?嘘だろ?続きを読んでみよう」

アフィリエイトの記事が上位表示するために大切な要素に【滞在率】があります。

はっきり言ってしまうと、記事の冒頭(リード文)でつまらない事を書いてしまえばその時点で「即離脱」です。

検索ユーザーは忙しいので、自分の知りたいことが書いてなさそうな記事や、興味がわかない記事は先に読み進めません。

冒頭での文章(リード文)はその最初のフックになるわけです。

そこで「共感、疑問、驚き」を与えられるような文章を冒頭に置き読者の心をつかみましょう。

WEBライティングに起承転結は不要

時々見かけるのですが 、小説のように最後まで読まないと結論がわからない記事はweb上ではウケません。

上位表示において滞在率は重要なわけですが、結論が記事最下部に行かないとわからないようではそれまでにページを閉じられてしまいます。

アフィリエイト記事

自分に置き換えるとわかると思うのですが、検索している時って【知りたい答えの部分だけ探している】状態ではありませんか?

そこから先を読み進めるか否かについては、

「?なぜなら」の部分が気になるか?気にならないか?によると思います。

つまり、答えを早めに出してあげて「?なぜなら」の部分に興味深いことを書けば良いのです。

そうすれば必然的に記事の下まで読んでもらうことができ滞在率は伸びると思います。

最後に話をまとめる

アフィリエイト記事記事の最後には、まとめの文章を書きましょう

タイトルではどのようなことを謳っていますか?

記事の冒頭ではどのような問題を投げかけているのでしょう?

それについての結論は本文の中でしっかりと返せていますか?

その流れや結論を最終的にわかりやすくまとめましょう。

正直なところ、長い文章であればあるほど先に読んだ内容は忘れてしまうものなんですよね。

そこで最後のまとめでもう一度端的に思い出させてあげましょう。

その記事で言いたかったことを最後にバシッと提示する事で読んだ後の満足度も高くなるはずです。

ライティングのコツまとめ

①ペルソナを意識して記事を書く

②流し読みユーザーにも簡単にわかる文章を

③リード文で興味を引く文章を書く

④結論は先に述べよ

⑤タイトル、問題提起からの一貫性を持って最後に話をまとめる

STEP④|アフィリエイト記事のSEO対策

アフィリエイト記事検索結果で最低でもトップ3に入らなければ、商品やサービスが安定して売れることはありません。

せっかく渾身の記事を書いても順位がつかなければアクセスすら来ないと言うことなんです。

安定的にアフィリエイトの収入を増やしていきたいのなら、良い記事を書くだけではなくSEO対策をして上位表示させなければ意味がありません。

ここでは検索で上位を取るためのSEO対策についてお話しします。

オリジナリティ

まずは、上位表示を獲得したいキーワードで表示されているライバルのサイトを考察することから始めていきましょう。

特に、1ページ目に表示されているライバルサイトの記事内容は、すべてチェックしてみましょう。

上位表示しているライバルサイトには、必ずオリジナリティーがあります。

その独自性が強いほど、ユーザーから注目を集めて記事の価値も高くなります。

自分のサイトだけの色を出したほうが上位表示しやすいということですね。

KYOKO

アフィリエイト記事

なぜならGoogleは検索結果に多様性を求めています。

基本的に【同じクオリティー】・【同じ内容】の記事を検索上位に複数表示させることはGoogleのポリシー【ユーザビリティー】に反します。

アフィ太

確かに、検索結果に同じ内容ばかりだと嫌ですね。
上位のサイトの文章をコピペして作る人がたまにいますが、そのようなものは評価されないので絶対にやめましょう。

KYOKO

オリジナリティの出し方

では売れるアフィリエイト記事を書くために具体性やオリジナルティを出すとは、どういうことなのでしょうか?

簡単に説明すれば、ライバルサイトがやっていないことをやるということです。

想像でしか書かれていないコンテンツよりも実際に商品を購入して撮影し、

コンテンツ内に写真を添付しているものの方が、圧倒的にリアリティがあります。

最近では、オリジナル画像もSEO的に高く評価される傾向にあるのでレビューなどはいいかもしれません。

その商品を手にとりながら使用感や使ってみて感じた注意点などが詳しく書かれていれば、具体性やオリジナリティが高くなります。

よく販売ページに載っていることをリライトして記事にする人がいますが、販売ページを見てわかる事をわざわざ記事にする必要はありません。

KYOKO

私が考えるオリジナリティーの定義

・観点に独創性がある

・ライバルサイトのどこよりも詳しい

文字数のボリューム

ライバルサイトの文字数は、必ずチェックしてください。

他社のウェブサイトが5,000文字で書かれているのなら、自分自身のアフィリエイト記事も同じボリュームか、それ以上を目指しましょう。

文字数は、多ければ多いほど良いという話ではありませんが、文字数の多い記事は、上位表示しやすいです。

それはなぜだと思いますか?

文字が多いから上位表示するのではなく、文字が多いことにより共起語が多く含まれるから上位表示するのではないか思います。

共起語が多く含まれることにより、Google的にも「この記事はキーワードに対してとても詳しく書いている」と認識するのでしょう。

文中にキーワード含ませる

アフィリエイト記事の文中には、必ずキーワードを含ませながら書いてください。

ちなみに、文中に含まれるキーワードの比率のことをキーワード含有率といいます。

一般的に、上位表示させたいキーワードを5%~7%含めると良いとされています。

しかしながら、あまりにも気にしすぎると、自由にコンテンツを書けなくなってしまうため、必要な場所に適切なタイミングで入れるようにしてください。

キーワードを意識しすぎて変な日本語にならないように気をつけてくださいね!

あくまでもユーザーの読みやすさが1番です。

KYOKO

STEP⑤|アフィリエイト記事のデザイン

商品やサービスが売れるアフィリエイト記事は、しっかりとデザインが施されています。

デザインされた文字は、非常に読みやすく、長文でもユーザーを飽きさせません。

つまり、最後まで離脱させることなく、成約に導きやすいということです。

ここでは、コンテンツに含まれたメッセージをユーザーに適切に伝えるために必要なアフィリエイト記事のデザインについて確認していきます。

アフィリエイト記事

文字の装飾

アフィリエイト記事文字は、太字や枠組みなどを利用して装飾していきましょう!

特に、ユーザーにアピールしたい部分は、文字を太字にします。

一方で、同じブロックとしてまとめてしまいたい場合は、デザインされた枠組みなどを利用してテキストを囲います。

ちなみに、アピールしたい文言があるのなら、それぞれの見出しで大切な部分を、1つだけ太字に装飾してください。

装飾を使いすぎると伝わりづらい文章となってしまうため、必ずバランスを意識しましょう。

また、長文が続くようであれば、リストタグなどを用いて、箇条書きにしましょう。

すると、文章にリズムが出るため、ただテキストを記述するよりも格段に読みやすくなります。

私がよく使う文字の装飾
  • 赤色の太文字 ← 特に重要なセンテンスに使用
  • マーカーペン ← 赤ばかりでくどい時や注目して欲しいセンテンスに使用
  • 下線 ← 強調したい単語に使用

赤色の太文字

記事で重要な部分は、太字にすると同時に、赤文字にカラーを変えましょう。

黒色の太字では、今ひとつアピール力がありません。

赤色の太文字に変えるだけで、他のテキストよりも一気に注目度が上がります。

昔から赤色の太文字は、注目すべき場所に用いられる傾向にあります。

コンテンツの中でももっとも注目してほしい部分に、赤色の太文字を入れてメッセージ性を強めてください。

マーカーペン

赤色の太文字ほどではないですが、どうしても注目してほしい場所がある場合は、マーカーペンを利用して目立たせましょう。

マーカーペンは、非常に見た目がキレイではあるものの、あまりにも複数の色を使いすぎないようにしてください。

さまざまな色をコンテンツに使いすぎると見づらくなってしまいます。そのため、黄色のマーカーペンで統一感をだしましょう。

下線

あまり使用する機会は、ないかもしれませんが、下線による装飾機能があることを知識として知っておきましょう。

なぜ、使用する機会が少ないかわかりますか?

それは、テキスト部分に下線を引いてしまうと、文字が読みづらくなってしまうからです。

もし、下線を使用するなら、補足情報など特別な状況に限定して利用しましょう。

画像装飾

アフィリエイト記事アフィリエイト記事の内容を読みやすくするのなら、画像による装飾をおこないましょう。

画像は、自分で撮影して用意する必要はありません。

著作権フリーの画像を利用すれば、美しい画像が無料で利用できます。

 

無料の画像サイトからコンテンツの内容にマッチングするものをダウンロードしましょう。

もし、アフィリエイト記事を作成するにあたり、一定の予算があるのなら、無料の画像よりも有料のものを利用しましょう。

とても高品質なので差別化にもなります

画像は見出し下に入れよう

せっかくダウンロードした画像をどこに配置すればいいか迷ったときは見出しの下に置くようにしましょう。

H2とかがいいかもしれません。

KYOKO

記事内の大見出しに当たるH2直下に画像があることで、そこからどんな話が始まるのかイメージとして補う作用があります。

また文字ばかりだと飽きてしまいますし、流し読みしている場合はとても見にくい印象です。

節目節目に画像があると目が止まり、飽きることなく読み進められます。

ポイント

画像を設置する場合は、alt属性を必ず設定しましょう。

alt属性を設定することでその画像がどのようなものなのかGoogleに正しく認識させることができSEO効果があります。

【SEO効果】画像にalt属性を設定すると有効?記述例も詳しく解説

グラフや表も有効

もし、数字によるデータを用いるのなら、グラフや表でわかりやすく書いてあげましょう。

現在は、無料ツールやExcelを利用すれば、高度な技術がなくても手軽にグラフや表を作成できます。

特に、数字の推移や変化をグラフや表を紹介できれば、アフィリエイト記事にオリジナリティをだせます。

ちなみに、グラフや表には、棒グラフや折れ線グラフ、帯グラフなど、さまざまな種類があるため、扱うデータに応じて適切なものを選んでいくのが良いですね。

記事のデザインまとめ

①重要な文字は装飾して強調しよう

②画像を使って見飽きしない記事を作ろう

③グラフや表を使って視覚的に具体性を示そう

サイト全体の作り方に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

アフィリエイトサイトの作り方アイキャッチアフィリエイトサイトの作り方|超具体的なやり方をレクチャー

まとめ

商材が面白いように成約するような記事と言うのは例外なく次のように記事を作成しているでしょう。

商品が売れる記事は書ける人の共通点
  • クリックしたくなるようなタイトルを30文字以内でつける
  • 見出しだけで内容がわかる様な構成案を先に作る
  • 「結論を先に。?なぜなら」をペルソナに合わせてライティングする
  • ライバルよりオリジナル性高く具体的に記事を書く
  • 重要な部分が一目でわかるよう、見飽きしない様に記事を装飾する

このような手順でアフィリエイト記事を書けば、【キーワード→タイトル→問題提起→本文(結論) →まとめ】がブレることなくライティングすることができます。

それによりユーザーの悩みを解決し、商品やサービスの魅力を的確に伝えられれば、あなたの記事から1日10件の報酬が上がる日もそう遠くないでしょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です