アフィリエイトとはいったい何?|図解で具体的に解説

 アフィリエイトってどんなビジネスなの?イラストで詳しく解説していきます

「場所を選ばずに行えるネットビジネスに挑戦してみたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

ネットビジネスにもさまざまなタイプがありますが、初心者でも比較的始めやすいのがアフィリエイトです。

アフィリエイトという言葉は聞いたことがあっても、「具体的にアフィリエイトってなに?」という人もいるでしょう。

上級者になると売り上げが数百万円とも言われるアフィリエイトとは、一体どんなビジネスなのでしょうか。

アフィ太

アフィリエイトってどんなビジネスなのか気になります・・・
詳しくお話していきますね!

KYOKO

今回はアフィリエイトとは何なのか、アフィリエイトの仕組みやビジネスを始めるための大まかな手順などについて詳しく説明していきます。

 

この記事でわかること

  • アフィリエイトとはいったい何なのか
  • アフィリエイトの仕組み
  • アフィリエイトを始めるための手順

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトという名前は聞いたことがあっても、具体的にどのようなものか知らないという人もいるでしょう。

中には、「アフィリエイト=怪しいビジネス」という印象がある人もいるかもしれません。

「アフィリエイトってなに?」という質問に簡単に答えるなら「ブログなどのWebサイト内に広告を貼って報酬を得る」ものです。

アフィリエイトはネットビジネスの一種ですが、決して怪しいビジネスではなく、正当な流れで報酬を得ています。

それでは、ここからアフィリエイトとはどのような仕組みなのかを、具体的に噛み砕いて説明していきます。

アフィリエイトの仕組み

そもそもアフィリエイト(Affiliate)という言葉には、「加入する・提携する・関係する」などの意味があります。

アフィリエイトという1つのネットビジネスを成立させるために必要になるのが、以下の4つの要素です。

アフィリエイトを成立させる4つの要素
  1. アフィリエイター
  2. ASP
  3. 広告主
  4. ユーザー

上記いずれの要素が欠けても、アフィリエイトのビジネスは成立しません。

海外アフィリエイトなどの場合にはASPが省かれていることもありますが、国内アフィリエイトに関してはASPが大きな力を持っています。

アフィリエイトの仕組みを理解するためには、上記であげた4つの役割をまず理解することが大切です。

それぞれ4つの役割は、大まかに以下のように振り分けられています。

4つの要素の役割
  1. アフィリエイター…ASPを経由して広告主の広告を自分のサイトでユーザーに紹介する
  2. ASP…広告主から広告を募集し、アフィリエイターにその広告を紹介する
  3. 広告主…売りたい商材の広告をASPに依頼し、アフィリエイターに自分のWebサイトで商品を紹介してもらう
  4. ユーザー…アフィリエイターのサイトを経由して、公式サイトへ行き広告主と契約または商品の購入をする

アフィリエイトとは

この4つの役割を大きな1つの流れとしてみてみると、以下のような具体例があげられます。

1. 広告主がASPに商材の販促を依頼する

2. ASPが商材を紹介してくれるアフィリエイターを募集する

3. アフィリエイターがASPを中継して商材広告をサイトでユーザーに紹介する

4. Webサイトをみたユーザーがバナー広告などをクリックし、広告主から商材を購入する

5. ユーザーが商材を購入すると、アフィリエイターに報酬が発生する

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

それでは次項より、それぞれの役割から見たアフィリエイトの仕組みをみていきましょう。

KYOKO

アフィリエイターから見た仕組み

アフィリエイトとは

アフィリエイターはASPを経由してもらった広告を自分のサイトに貼り付けて、商材を売ることが大きな目的となっています。

アフィリエイターがアフィリエイトを行うためには、まずはASPに登録を行いサイトで紹介する広告を貰わなければなりません。

現在国内にはさまざまなASPがあり、それぞれ取り扱っている広告ジャンルに特徴があります。

商材広告を自分のサイトに貼り付けるのかを決めたら、ユーザーに広告をクリックしてもらうためのサイトを作成していきます。

アフィリエイトサイトの具体的な作り方に関してはこちらの記事で紹介しています。

サイトの作り方を解説していますサイトアフィリエイトとは?超具体的なやり方・作り方をレクチャー

アフィリエイターはユーザーのお悩みを解決できるようなサイト作りをしながら、ユーザーの求める問題解決に繋がるような広告を貼り付けていくのです。

そして、サイト経由でユーザーが商材を購入(または契約)することで、成果が発生します。

報酬が確定すると、ASPを経由して広告主からの報酬を得ることができるのです。

ただし、ユーザーが商材の購入や契約をキャンセルしたり返品などが発生した場合には、報酬も得られなくなります。

簡単に言うとこんな感じですね。

KYOKO

商材を販売して成功報酬を得ること
  1. ASPに登録する
  2. ASPから商材のバナー広告やテキスト広告を取得する
  3. 所有するウェブ媒体(サイトorブログ)に広告を掲載する

ASPから見た仕組み

アフィリエイトとは

ASPとは「アフィリエイトサービスプロバイダー(Application Service Provider)」の略で、広告主とアフィリエイターの間に位置するパイプ役を担っています。

アフィリエイターに広告を掲載してほしい広告主と、広告を掲載したいアフィリエイターを仲介しているのです。

大まかな流れとしてはASPが広告企業を募集し、広告主に広告や商材リンクを降ろしてもらいます。

広告企業と契約を交わすことによって、月々の固定費や初期費用などをその広告主から徴収し、最初の収益が発生するのです。

そして卸してもらった広告や商材リンクを元に、利用するアフィリエイターを募集します。

広告企業とアフィリエイターを仲介し手数料を得る
  1. 広告企業を募集し提携する。
  2. その広告を紹介してくれるアフィリエイターを募集する。
  3. 成約した商品の何%かが仲介手数料としてASPに入る。

広告主から見た仕組み

アフィリエイトとは

アフィリエイトの一連の流れの中で、商品を提案し広告を提供してくれる大元が広告主です。

広告主は商材を提供する側になりますので、その商材をユーザーに購入・契約してもらい収益をあげることが最終的な目標になります。

アフィリエイトの場合、広告をクリックしたユーザーが商材の購入や契約などを行なった場合にのみ成果報酬費用が発生する仕組みです。

そのため無駄な費用を発生させずに、効率よく集客できるというメリットがあります。

広告主がアフィリエイトを利用して効率よく利益をあげるには、掲載サイト数を増やしより多くの顧客取得を目指す必要があります。

そのために、ASP選びや掲載する広告の品質、成果発生の条件などを考えてアフィリエイトを行う必要があるのです。

商品の露出範囲を増やし販売を促進する
  1. ASPと提携し商品を掲載させてもらう。
  2. アフィリエイターにweb上で拡販してもらう。
  3. 成約した商品の何%かをアフィリエイターに成功報酬として支払う。

ユーザーから見た仕組み

アフィリエイトとは

ユーザーから見たアフィリエイトの仕組みですが、ユーザー側はもともとアフィリエイトを意識してサイトに訪れたり、広告リンクを踏むことはありません。

サイト訪問者は自分の悩みや欲しいものに対して、問題解決のためにキーワードを入力してネット検索を行います。

そこで自分の抱えている問題を解決できそうなサイトを見つけることで、そのサイトにアクセスし問題解決のための情報を得ようとします。

さらに、そのサイトに貼ってある広告を見て興味を示しリンクをクリックすることで、その商材の詳しい情報を閲覧します。

そしてその商材がユーザー自身に必要だと感じれば、購入・契約を行います。

悩みを解決したい
  1. 知りたい情報が出てくるであろうキーワード検索エンジンに入力する。
  2. 魅力的なタイトルのサイトをクリックする。
  3. 知りたい答えを探す。
  4. 何らかのアクションを起こす。⇦  商品の購入
アフィリエイトで最も重要な事は、この【ユーザーの悩みを解決する】と言うことなの

KYOKO

ユーザーの悩みを解決するためには適当に記事を書いていてはいけません。

そのためアフィリエイト記事の書き方(セールスライティング)をしっかり学ばないといけませんね。

アフィリエイトの種類

このようにアフィリエイトとは、サイト内に広告を貼り付けて収益を取得するネットビジネスです。

しかしアフィリエイトと一言でいっても、アフィリエイトにはさまざまなタイプの種類があります。

どんなタイプのアフィリエイト広告を貼り付けるのかによって、1つのサイトで見込める収益は大きく異なります。

アフィリエイターが利用するアフィリエイトの種類には、大きく分けて以下の3つがあります。

  • ブログ・サイトアフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • Amazon・楽天アフィリエイト

アフィリエイターが紹介したい商材や、得たい収益の目安によって、アフィリエイトの種類を選択しています。

ここではそれぞれのアフィリエイトのタイプが具体的にどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

ASPアフィリエイト

ASPアフィリエイトとは、ASP業者を利用して行うアフィリエイトの方法です。 

サイトアフィリエイトではほとんどがこのASPアフィリエイトを行います。

KYOKO

アフィ太

ブログアフィリエイトでは、ASPの商品を扱わないんですか?
いいえそのような決まりはありません。

KYOKO

ただ、ブログは更新型となので言わばニュースのようなものです。

アフィリエイトとは

だからトレンドな商品を紹介したり、ブログ作成者自身が人気を得てPVを稼ぐ事で報酬が膨らむGoogleアドセンスの相性がいいです。

それに対してサイトは完結型で専門書のような感じ。

アフィリエイトとは

※ wordpressはページを固定してサイトとしても機能します。

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの具体的な違いについては「初心者がアフィリエイトするならサイトとブログどっちが稼げる?【断定】おすすめなのはこっち」で解説しておりますのでご参照ください。

 

先ほども説明した通り、ASPは広告主やアフィリエイターを束ねるパイプ役となっています。

アフィリエイトを始めるのであれば、一番最初にやっておきたいのがASPへの登録といってもよいでしょう。

アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!

ASPは契約や購入で報酬が発生する成果報酬型

ASPを利用して収益をあげる場合には、ASP経由で貼り付けたサイト内の広告をクリックして商材の購入または契約をしてもらう必要があります。

そのため、広告をクリックしただけでは報酬が発生することは基本的にありません。

また細かく分類するとASPが登録している広告主によっても報酬が発生する定義が異なりますので売れやすいアフィリエイト商材を知っておくことも大切ですね。

ASPの広告で、成果が発生する条件には以下のようなものがあります。

  • 貼り付けている広告リンクを経由してユーザーに商品が購入されたとき
  • 貼り付けている広告リンクを経由してユーザーが商材を契約したとき
  • 貼り付けている広告リンクを経由してユーザーが資料請求を行ったとき
  • 貼り付けている広告リンクを経由してユーザーがサンプルを請求したとき

など。

商材の購入や契約が成立すると比較的報酬は高くなり、資料請求やサンプル請求は報酬が比較的低めの設定です。

広告はアフィリエイターが好きなものを選択し申請を行う

ASPの広告は、アフィリエイターが登録されているものの中から好きなものを選ぶことができます。

広告のジャンルや実際に紹介する具体的な商材なども紹介することができ、バナーの大きさやデザインまで選べるようになっています。

そのため、自分のサイトに合わせた具体的な商材をいくつかピックアップして、その商品を紹介していくというサイト作りが可能です。

しかし、ASPに登録している広告を全てのアフィリエイターが利用できるわけではありません。

登録されている広告を自分のサイトで利用するためには、まずは利用のための申請を行う必要があります。

利用申請といっても、アフィリエイターの個人情報を細かく申告する必要などはなく、申請ボタンを押すだけです。

申請を受け付けた広告主は、アフィリエイターのサイトを閲覧し、サイトの内容が自社の商材とマッチしているかをチェックします。

広告主から承認が得られれば、申請した広告が利用できるようになり、アフィリエイターはサイト内に広告を貼り付けることができるようになるのです。

報酬は発生1件あたり数百円〜数万円

ASP商材は、選ぶ広告によっても1件あたりの報酬が大きく異なります。

たとえばサプリメントなどの無料お試しで成果が発生するものの場合、成果報酬は1件あたり300円~500円ほどです。

しかし、英会話教材など長期の契約が発生し収益も大きくなるものの場合1件あたりの報酬が2万円を超えるものも存在します。

そのため選ぶ商材によっては、1つのサイトで数十万円~数百万円の収益を生み出すことも可能です。

ただし、1件あたりの報酬が高額な商材は人気が高く、アフィリエイター同士のサイトが乱立していることも多くなっています。

そのため報酬が高いものほど、競合が多くなると思っておいた方がよいでしょう。

アフィリエイト ジャンル【2018年→2019年最新】アフィリエイト初心者でも稼げるおすすめジャンル図鑑

中には登録自体に審査が必要なASPもある

ASPは、自分のサイトを持っていなくても登録できるところもあれば、登録に審査が必要なところもあります。

登録に審査が必要になる場合には、登録申請を行う時に自分のサイトも申請する必要があります。

そのため審査が必要になるASPに関しては、サイトをある程度作っておかないと登録することができません。

サイトの作り方を解説していますサイトアフィリエイトとは?超具体的なやり方・作り方をレクチャー
アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!

ASPによってもそれぞれの審査基準は異なりますので、登録したいASPの口コミなどを元に審査への対策を事前に行なっておくとよいでしょう。

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、ASP同様に自分のサイトに広告を掲載し、収入を得るタイプのアフィリエイトになっています。

サービスの提供元はGoogleであり、ブログやサイトなどを運営するアフィリエイター向けのサービスです。

リンクをクリックすることで報酬が発生する

GoogleアドセンスはASPアフィリエイトやAmazo・楽天アフィリエイトとは異なりクリック型報酬の広告となっています。

ASPアフィリエイトやAmazon・楽天アフィリエイトの場合、基本的に広告リンクを経由して購入や契約が行われないと成果が発生しません。

しかしGoogleアドセンスの場合、サイトに貼り付けてあるリンクがクリックされるだけで報酬が発生します。

そのため、他のアフィリエイトに比べて報酬が発生しやすいというメリットがある一方、1件報酬発生ごとの単価は低めというデメリットも持ち合わせているのです。

アフィ太

これだとサイトに訪れる人が多い方が有利ですね。

広告を選ぶ必要はなく自動配信される

GoogleアドセンスがASPアフィリエイトやAmazon・楽天アフィリエイトと大きく異なる点は、自分で商材や広告リンクを選ぶ必要がないという点です。

基本的にはGoogleアドセンス側が広告を自動配信しますので、具体的にどの広告を表示させるかをアフィリエイター側が選ぶことはできません。

しかし、配信したくないジャンルの広告を表示させないようにするなどの大まかな広告の指定はできるようになっています。

1クリックの報酬は30円程度が平均

Googleアドセンスの1クリックあたりの報酬は、表示される広告によっても異なります。

1クリックあたり1円などのものもあれば、100円を超えるものもあるのです。

サイトやユーザーによっても表示される広告が異なるため、1クリックあたりの報酬も流動的になっています。

広告のジャンルによっても大きく異なりますので、平均しておよそ30円程度と考えておくのがよいでしょう。

Googleアドセンスを利用するには審査に通過する必要がある

Googleアドセンスを利用してアフィリエイトを行うためには、Googleアドセンスの専用アカウントを取得する必要があります。

しかしGoogleアドセンス専用のアカウントを取得するためには、Googleのサイト審査に通過しなければなりません。

Googleアドセンスの審査は、一昔前は無料ブログで日記のようなものを書けば通過できたのですが、最近では審査が厳しくなりました。

審査に通過するためには、自分のサイトが以下のような条件を満たしている必要があります。

  • サイト運営者情報が記載されている
  • 十分な記事数がある(最低でも10記事以上程度)
  • 記事内の文字数が十分である(最低でも500文字以上程度)
  • サイト内に他の広告が貼られていない
  • Googleの禁止コンテンツポリシーに引っかからない
  • 内部・外部リンクがない状態である

など。

審査に通過することができれば、Googleアドセンスの広告を自分のサイト内に表示させることができます。

Amazon・楽天アフィリエイト

Amazon・楽天アフィリエイトとは、大手ネットショッピングモールであるAmazonや楽天市場の商品を利用して広告掲載を行うアフィリエイトです。

Amazon・楽天アフィリエイトの大きなメリットは、ASPやGoogleアドセンスなどで取り扱いのない商品を紹介することができるという点です。

本・食品・日用品・家電製品や家具など、Amazonや楽天市場で販売しているものであれば、アフィリエイトの広告を貼り付けることが可能です。

日常的にアフィリエイター自身が利用しているものなども紹介しやすくなっており、ブログアフィリエイトなどにも活用しやすくなっています。

そう考えるとアフィリエイトできない物はないとも言えます。

KYOKO

Amazon・楽天アフィリエイトは商品購入で報酬が発生する

Amazon・楽天アフィリエイトは、サイト内に貼り付けてある広告リンクを経由してユーザーが商品を購入することで報酬が発生します。

しかしASPやGoogleアドセンスと異なるのが、「再訪問期間」という期間が設けられている点です。

例えばアフィリエイターのサイトを見てAmazonや楽天市場の商品リンクをクリックしたとします。

一度はリンクをクリックしたものの、その時には購入せず、直接Amazonや楽天市場にアクセスして商品を購入することもありますよね。

このような場合でも、Amazonと楽天が設定しているそれぞれの再訪問期間内に商品を購入していれば報酬が発生するのです。

アフィリエイトとは

再訪問期間は、それぞれ以下のように設定されています。

再訪問期間
  • 楽天市場…クリック発生から30日間
  • Amazon…クリック発生から24時間

 

このように再訪問による有効期限は、Amazonと楽天で大きく異なります。

楽天市場の方が再訪問期間が長い分、報酬が得やすいシステムになっているのです。

報酬は楽天が1%~、Amazonは3.5%~が目安

報酬に関しては、楽天の場合購入商品の1%ほどが目安となり、Amazonは購入商品の3.5%ほどが目安となります。

紹介する商品や、アフィリエイターの月ごとの成約率などによっても比率が変化する場合があります。

基本的に1000円の商品が売れれば楽天の場合は1円ほどの利益、Amazonは3.5円ほどの利益になると考えておきましょう。

先ほど説明した、再訪問期間は楽天の方が長く設定されていますが、報酬の比率はAmazonの方が高くなっているのです。

Amazon・楽天アフィリエイトも利用するには審査がある

Amazonや楽天アフィリエイトの場合にも、利用を行うにはAmazonや楽天アフィリエイトに登録をし、審査に通過する必要があります。

審査はサイトを見て行われますので、申請をする時にはサイトURLを提供することが必須になります。

そのため、ある程度サイトが形になっている状態でなければ申請を行うことができません。

また、直接Amazonや楽天アフィリエイトに登録申請を行うことも可能ですが、「もしもアフィリエイト」などのASPを経由して登録申請を行うこともできます。

具体的なアフィリエイトの始め方【説明図つき】

アフィリエイトの仕組みや、アフィリエイトの種類がわかったところで、具体的なアフィリエイトの始め方を見ていきましょう。

ここでは1からアフィリエイトを始めるための手順を、イラスト(説明図)を用いて説明していきます。

まずはASPに登録!

アフィリエイトを始めるのであれば、とにかくASPに登録しましょう。

たくさん種類があるのでよくわからなければ、まずは「A8.net」に登録しておけば間違いないでしょう。

広告の掲載数がとても多いのでA8.netに登録しておけばASPにはどんな広告があるのかをチェックすることができます。

まずはどんな広告があるのかを参考にしながら、どんなサイトを作るのかを決めていきましょう。

他にも代表的なASPには以下のところがあります。

おすすめのASP5選
  1. A8.net(エーハチネット)

A8.netは、会員数・広告主数ともに国内最大規模。

とにかく掲載数が多い!何か紹介したいものがあれば、まずはA8.netから!

しかもA8.netは審査不要!ブログを開設したならまずは登録したいASPです。

 

  1. afb(アフィリエイトビー)

「美容」「エステ」「婚活」などに強いASP。

そのようなカテゴリのアフィリエイト案件を探したいときは、afbがおすすめ。

「担当がつきやすい」というのも特徴の1つ!

 

  1. アクセストレード

「金融・保険」「Eコマース」「エンタメ」「サービス業」の業界に強い。

WebサイトがなくてもTwitterやFacebookページでも登録OK!

他ASPにない案件がたくさんあります。

 

  1. バリューコマース

1999年サービス開始と約20年前からあるASP。

長年運営されているだけあって、大手の広告が多く掲載!

こちらも、掲載数が多いので登録しておきましょう。

他ASPよりも報酬が高い案件あり!

 

  1. もしもアフィリエイト

W報酬制度という嬉しい制度あり!

振込の際に、自動的に10%ボーナスが付与。

10万円収益があれば、振り込まれるときには11万円になっているということ。

同じ案件が同じ価格であったなら、もしもアフィリエイトを使った方が振込時にボーナスがつくのでお得。

アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!

売りたい商品が決まったらサイトを作ろう

ASPを閲覧して、売りたい商品をある程度決めたら、サイト作りをはじめましょう。

サイトはFC2などの無料ブログを用いて作ることも可能ですが、無料ブログはあまりおすすめできません。

無料ブログなどは元々サイト内に広告が貼り付けてあることが多く、アフィリエイトを行うとサイトが広告だらけになってしまうのです。

そのためアフィリエイト広告以外の広告をクリックされてしまうこともありますし、何よりもサイト自体が広告だらけで見にくくなります。

また無料ブログのアメーバ(アメブロ)などは、アフィリエイトを行うこと自体を禁止しているのです。

アフィリエイトを行うのであれば、独自のドメインを購入し自分でサイトを開設することをおすすめします。

アフィリエイトに必要なものは?

無料のサイトやブログでアフィリエイト行う場合は、そのサービスに登録すればいいだけなので特に必要なものはありません。

しかし長い目で見て自分の資産にしたい場合は、独自でサイトやブログを運営する事をおすすめします。

その他にもアフィリエイトを始めるに当たって必要なものはパソコンだったり、インターネット回線があります。

KYOKO

独自サイトを運営する為にはためには以下の3つが必要です。

独自サイト運営に必要なもの
  1. レンタルサーバー
  2. 独自ドメイン
  3. WordPress

アフィリエイトに必要なものまとめ|初期投資の一覧表アフィリエイトに必要なものまとめ|初期投資の一覧表

自分のサイトで案件の紹介をしよう!

サイトを作る下準備が完了したら実際にサイトに記事を掲載して、広告案件を紹介していきましょう。

広告案件の紹介方法は、アフィリエイターによっても異なります。

具体例としては、「最近太った」とお悩みの人のために「パーソナルトレーニングジム」や「ダイエットサプリ」などを紹介するなどの方法があります。

または「海外旅行でお得に使えるクレジットカードが知りたい」という人のために、海外でお得に利用できるクレジットカードの比較サイトを作ったりなどの方法もあります。

案件の紹介方法は、アフィリエイターによってもアプローチの仕方は実にさまざまです。

検索上位に引っかかってくるようなサイトを参考に、どのように案件を紹介していくのかを研究してみましょう。

広告を貼る位置やサイト内での案件の紹介の仕方によって、売り上げが大きく変わる可能性があります。

ちなみにアフィリエイトリンクの貼り方については「アフィリエイトリンク取得〜設置までの方法をわかりやすく解説」で詳しく解説していますのでご参照ください。

より多くの報酬を得るためには、検索上位に出てくるようなページを参考にしてみると、どのような紹介の仕方が良いのかがわかってきますよ。

アフィリエイトリンク・タグって?

自分の作った記事の中にアフィリエイト広告を貼り付けるためには、アフィリエイトリンク・タグを利用します。

アフィリエイトリンク・タグとは、アフィリエイト広告を記事に貼り付ける時にサイトに貼り付ける英数字の羅列のことです。

どのサイトのどの広告を経由してサイトにアクセスしてきたかなどの情報が入っています。

このアフィリエイトタグがあることで、アフィリエイターに報酬が発生する仕組みになっているのです。

アフィリエイトリンク・タグは、自分の貼りたい広告のデザインなどによっても英数字の羅列が異なります。

取得したアフィリエイトリンク・タグを「テキスト」画面にて貼り付けることで、広告がビジュアル化される仕組みになっているのです。

アフィリエイトリンク・タグの改変を禁止しているASPも多い

アフィリエイトリンク・タグの英数字の羅列には成果報酬をしっかりと認識するための文字の羅列が入っています。

またその広告のデザインを決めるための情報も含まれているのです。

中には自分好みのデザインに変更したいという理由で、アフィリエイトリンク・タグを独自に改変したいという人もいるでしょう。

しかし、アフィリエイトリンク・タグを独自に改変することを禁止しているASPもあります。

もしも改変して利用したいアフィリエイトリンク・タグを改変して利用したい場合には、事前に提供元のASPに必ず確認を行いましょう。

アフィリエイトリンク取得?設置までの方法をわかりやすく解説していますアフィリエイトリンク取得~設置までの方法をわかりやすく解説

まとめ

ここでは「アフィリエイトって何?」という初心者の方に向けて、様々な立場から見たアフィリエイトの仕組みについて解説しました。

「アフィリエイト」という言葉は聞いたことがあっても、具体的にはどういうものかわからなかったり、「怪しいビジネスなんでは・・・・」と思ったりしていた方も多かったのではないでしょうか?

しかし実際は、自社商品を売りたい広告企業と、商品を仲介することで成功報酬を得たいアフィリエイターとの間を、ASPという仲介業者が取り持つ、三者win−winのれっきとしたビジネスだということがお分かりいただけたと思います。

インターネットでものを買うのが当たり前になった今、「アフィリエイト」の今後は大きく規模を拡大するでしょうね。

KYOKO

次項ではそんなアフィリエイトの具体的な始め方ややり方について解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA