アフィリエイトの報酬単価が高い案件|稼ぎやすい商品選びのポイント

アフィリエイト報酬

アフィリエイトに取り組む時、どうせなら報酬単価の高い稼ぎやすい商品をアフィリエイトしたいですよね。

しかし、稼ぎたいからといって高額な報酬単価の案件をアフィリエイトしたとしても、稼ぎやすいかどうかは別の問題です。

また、高額なアフィリエイト報酬は魅力的だけど、低単価でもいいから安定して稼ぎ続けたいという人もいますよね。

収益を安定させるためにはそのどちらも扱っていく事も大切になります。

ちなみに、アフィリエイターとしての販売実績がついてきたら、広告主の担当者と特別単価交渉をすることで、収益を2倍3倍へと増やすことができます。

 

この記事でわかること

  • 稼ぎやすい商品選びのポイント
  • 単価の高いアフィリエイト案件の種類
  • 特別参単価の申請方法

 

アフィ太

どうせやるなら報酬単価が高い方ががうれしいです。
作る手間は同じなので、より稼ぎやすい案件を選ぶのがポイントです!

KYOKO

高額な報酬単価のアフィリエイト案件のジャンル

アフィリエイト案件の中で、高額な報酬単価を設定しているジャンルは、マーケットの規模によってあらかじめ決まっています。

実際に、「これって、こんなに稼げるんだな・・・。」と感じた商品は、似たようなものが多かったのではないでしょうか?

高額な報酬単価を目にすると初心者アフィリエイターは、自分では稼げるわけがないと諦めてしまうかもしれませんが、報酬単価の額と難易度はイコールではありません。

ライバルの強さ 人気度=ライバルの数 報酬単価

これらの基準を、ジャンル単位・案件単位・キーワード単位で見て難易度が分かります。

アフィ太

報酬単価が高いからって難しいと言うわけではないんですね。
競合の強いジャンルでも、案件、もしくはキーワード単位で参入できる隙間はいくらでもあります。

KYOKO

実は、高額な報酬単価でありながら、初心者が参入しやすいジャンルもあります。

アフィリエイト報酬

ここでは、初心者でも十分参入できる高額な報酬単価のアフィリエイト案件のジャンルを確認していきます。

情報商材

アフィリエイト報酬の単価が高額でなおかつ確定率がとても高いのが情報商材アフィリエイトです。

バストアップや受験、コミュニケーション、病気の改善など、さまざまな情報商材が販売されており、すべての商品がアフィリエイトできます。

ユーザーのレベルに応じて高額な報酬単価の情報商材が販売されているため、1件でもコンバージョンすれば、10,000円~20,000円を稼ぐことができます。

情報商材アフィリエイトの詳しいやり方については「【情報商材アフィリエイト】という選択肢|稼ぐまでの方法を徹底解説」の記事で紹介しています。

転職

転職系の案件は、比較的報酬単価が高く設定されています。

特に「看護師求人」などの医療系の転職案件は、激務に伴う需要が常にあるので稼ぎやすいジャンルともいえます。

しかし「ライバルが強いジャンル」というのも周知の事実なので、初心者であれば転職案件の中でもニッチなものや、ライバルのいないキーワードを見つける必要があります。

クリニック

脱毛サロンやエステなどのクリニック系案件もまた、高額な報酬単価が設定されているジャンルです。

脱毛やエステなどは、基本的に夏に需要が高くなり冬は売り上げが落ち込みますので1年を通して安定的に稼げるか?と言われると波があります。

アフィリエイトおすすめジャンル【2018年→2019年最新】アフィリエイト初心者でも稼げるおすすめジャンル図鑑

低単価だけど数が出る案件

アフィリエイトで稼ぐには、「高単価な案件で一気に稼ぐ」か、「低単価の商品だけど数を売る」かどちらかになると思います。

もちろん高単価な商品で数もたくさん売れるのが1番良いのですが、そこを見極めるのは最初は難しいので、【低単価でもたくさん売れる案件】もやっておくといいですね。

その一つに、商品を販売しなくてもアフィリエイト報酬を獲得する方法があります。

それは、クリック報酬型アフィリエイトと呼ばれる方法です。

アフィリエイト報酬

ここでは、低単価だけど稼げてしまうアフィリエイト広告とは、どのようなものなのか、どんな案件がおすすめなのかについて確認していきます。

クリック報酬型アフィリエイト

報酬単価の高い案件は、どれも成果報酬型アフィリエイトというものでした。

アフィ太

ユーザーが商品を購入してくれたり、サービスに入会してくれたりすると成果報酬が入る仕組みですね。
その通りです。

KYOKO

クリック報酬型アフィリエイトは、ユーザーにそこまで行動させなくても、アフィリエイト広告をクリックさえしてもらえれば稼ぐことができます。

非常に低単価ですが、承認率が高いため必ず稼ぐことができます。

ここでは、個人的におすすめしたいクリック報酬型アフィリエイト広告をご紹介します。

クリック報酬型アフィリエイト一覧

Googleアドセンス

クリック報酬型アフィリエイトの代名詞といっても過言ではないGoogleアドセンスは、トレンドアフィリエイトの実践に欠かせない国内最大級の広告案件となっています。

トレンドアフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターの大部分が、記事に掲載する広告としてGoogleアドセンスを使っています。

どのような案件を扱うかによって変わってきますが、1クリック20円~40年ほどのお金を稼ぐことができます。

最低支払い額は8,000円~で、振込手数料は無料です。

アドセンスアフィリエイトを実践する際は、下記の点に注意が必要です。

注意
  • 暴力や虐殺と関連するコンテンツに掲載しない。
  • 性欲を訴求するアダルトコンテンツに掲載しない。(著作権フリー画像の水着の女性も禁止。)
  • 薬物やアルコールなどの人体に有害なコンテンツに掲載しない。
  • ポイントサイトなどのインセンティブを目的とした場所に掲載しない。
  • 戦争で用いるような兵器や武器に関するコンテンツに掲載しない。

 

Googleアドセンスは非常に規約に厳しい広告なので、コンテンツの表現には細心の注意を払ってください。

規約違反をした場合は、これまでの報酬はすべて没収され広告の利用も停止されます。

 

Googleアドセンス公式サイト

忍者Admax

忍者ツールズが提供している忍者Admaxは、Googleアドセンスのような厳格な審査に通過しなくても、すぐに広告を掲載できます。

アフィリエイト広告のクリック単価ですが、おおよそ5円~15円となっています。

広告のクリック率は、0.05%?0.1%といわれていて、平均5,000~10,000ページビューのウェブサイトを運営しているのであれば、1日500円~100円の広告報酬を稼ぐことができます。

万が一、Googleアドセンスが利用できなくなったときは、忍者Admaxが最有力候補となるでしょう。

ちなみに、最低支払い額は、500円~となっています。

ジャパンネット銀行や楽天銀行を利用している方は、振込手数料が無料となりますが、それ以外の金融機関の利用者は、1回の利用ごとに150円の手数料が発生します。

しかし、1点だけ注意点があります。忍者Admaxは、一般的なクリック型広告と比べると挙動が遅いことが多いです。

状態の良くないときは、文字化けしてしまうことがあるため、掲載時に確認するようにしてください。

 

忍者Admax 公式サイト

nend

Googleアドセンスに続く、第2有力候補として紹介するのは、nend(ネンド)と呼ばれるスマートフォン専用の広告です。

nendは、A8.netが別サービスとして展開しており、スマートフォンからのクリック率が高いことで非常に有名です。

そのクリック率は、おおよそ0.5%~1%前後となっています。

nendを使い始めたばかりだと、信用性の関係で1クリックあたり9円の広告単価となりますが、使用性が高くなるにつれて1クリック20円を達成できるようになります。

ちなみに、最低支払い額は、3,000円~となります。

もし、三井住友銀行を利用しているのであれば、振込手数料が無料となります。

それ以外の金融機関であれば、合計報酬額が3万円未満の場合は540円、3万円以上の場合は、756円が発生します。

1点、問題点をあげるとするならば、パソコンサイトに広告を掲載できないということです。

スマートフォンユーザーしかターゲットにしていないというのであれば、nendの広告は、非常に優れているといえます。

 

nend公式サイト

i-mobile

nendは、スマートフォン向けのウェブサイトにとって非常に優良広告ですが、パソコンサイトに広告を表示できないという問題を抱えていました。

しかし、i-mobileなら、スマートフォンとパソコンの両方のウェブサイトにクリック型の広告を掲載できます。

i-mobileとnendを比較したとき、どちらを選ぶことが正解なのでしょうか?個人的には、nendの利用をおすすめします。

なぜなら、i-mobileは、nendのようにスマートフォンサイトに対して広告が最適化されないため、クリック率が低いからです。

ちなみに、最低支払い額は、3,000円~となっています。振込手数料は、どの金融機関も一律250円となります。

 

i-mobile公式サイト

Fluct

Googleアドセンスなど、さまざまなクリック型広告が1つにまとめられたクリック型広告として、プロブロガーたちの間で話題となっている広告があります。

それは、Fluctと呼ばれる広告で、自動的に費用対効果の高い広告を掲載してくれる機能を備えています。

「このアフィリエイト広告なら、Googleアドセンスが停止されても利用できるのでは?」と思った方もいるでしょう。

その場合は、Googleアドセンス以外の広告が表示されます。

比較的条件の良いアフィリエイト広告であるため、審査に通過しなければ広告を掲載できません。

最低でも、月間数万~数十万ページビューのウェブサイトを構築して、掲載申請を出しましょう。

ちなみに、最低支払い額は、1,000円~となっており振込手数料は、無料です。

 

Fluct公式サイト

ADroute(アドルート)

ADroute(アドルート)は、nendと同じような広告サービスを展開しています。

スマートフォン専用広告であるため、パソコンサイトには、表示できません。nendと異なる点を1点あげるとするなら、扱っている広告ジャンルが異なるということです。

ADrouteは、主に高校生や20代の若者に向けた広告事業を収益源としているため、電子コミックやゲーム案件などが頻繁に掲載されます。

1クリック当たりの広告単価は、nendよりも低く設定されています。

ちなみに、広告ブロック機能も搭載されているため、ウェブサイトにとって好ましくないアフィリエイト広告については、ブロックできます。

最低支払い額は、5,000円~となっており、振込手数料は、無料です。

 

ADroute公式サイト

AMoAd(アモアド)

AMoAd(アモアド)は、某有名ゲームサイトや大手ポータルサイトで利用されているクリック型広告です。

インライン広告やオーバーレイ広告に対応しているため、アプリケーションやウェブサイトのデザインに合わせて多様な表現形式が実現できます。

そのため、2chのまとめ系サイトでも利用されています。

クリック単価は、nendと同じラインで、スマートフォンに最適化された状態で表示されます。

ちなみに、ADrouteと同様に、アプリケーションやウェブサイトにとって、好ましくない広告をブロックできます。

最低支払い額は、1,000円~となっており、振込手数料は、無料です。

 

AMoAd公式サイト

無料資料請求

「クリック型広告は、さすがにクリック単価が低すぎる・・・。」と感じるのであれば、無料の資料請求アフィリエイトも試してみると良いかもしれません。

ある企業の商品やサービスに興味を持っているけれど、購入(利用)すべきか迷っているユーザーに対して資料請求を促します。

もし、ユーザーが資料請求の申し込みフォームに必要事項を記入して送信したら、アフィリエイト報酬が発生します。

たとえば、下記のような業界では、資料請求アフィリエイトが実践できます。

資料請求アフィリエイト
  1. 住宅の建て替えに関する資料請求
  2. 学習塾に関する資料請求
  3. 投資用マンションの購入に関する資料請求
  4. 中古車買取に関する資料請求
  5. 生命保険の見直しに関する資料請求
  6. 専門学校選びに関する資料請求

ユーザーに商品やサービスを購入してもらわなくても、資料請求してもらうだけでアフィリエイト報酬を獲得できるため、ぜひ実践してみてください。

特別単価を申請して稼ごう!

アフィリエイトには、通常単価と特別単価の2つの報酬形態があります。

私たちがASPで確認しているのは、通常単価が設定されたアフィリエイト広告ですが、一定額以上を売り上げるアフィリエイターについては、特別単価が設定されています。

特別単価が認められれば、通常よりも高額なアフィリエイト報酬を得ながらウェブサイトを運営できます。

たとえば、下記のようなイメージです。

  • 通常単価:1件のコンバージョンで4,000円の報酬
  • 特別単価:1件のコンバージョンで8,000円の報酬

 

通常単価と特別単価では、1件販売すれば、4,000円の差になります。

10件で40,000円と大きく差が開いてくるため、単価交渉ができる状況なら積極的に申請を出しましょう。

そのためにも、まずは、1ヶ月で最低でも30件以上は販売するようにしてください。

ちなみに、高額案件を専門的に取り扱ったクローズドASPと呼ばれるところもあるので、アフィリエイターの知り合いがいるなら、仕事の幅を広げていくためにもASPの管理人の方を紹介してもらいましょう。

アフィリエイト報酬

友達紹介によって入会できれば、確定報酬額に関係なく、高額報酬のアフィリエイト広告を取り扱うことができます。

特別単価の申請方法

特別単価の申請方法ですが、主に下記の2つの方法があります。

特別単価の申請方法
  1. ウェブサイトの検索結果の上位を獲得すると、ASPから「特別単価を設定するので、アフィリエイト広告を掲載してほしい。」と依頼が入るので承諾する。
  2. 自分自身で販売実績をつけてから、ASPに特別単価を交渉する。

ほとんどの場合、販売実績をつけてASPに特別単価を交渉することで、高額報酬が設定されます。

その際、ASPに対する特別単価交渉の流れは、下記の通りです。

ASPに対する特別単価交渉の流れ
  1. 1ヶ月で最低でも30件以上の売り上げ実績を上げる。
  2. ASPに対して、特別単価を設定してもらえないか質問する。
  3. どのような方法で販売数を増加させるのか、SEOの強化ポイントを伝える。

特別単価交渉のやり方に、正解はありません。

上記のように交渉しても、特別単価交渉を断られることがあります。

しかし、販売実績が安定しており、売り上げアップの施策も明確なものであれば、特別単価が設定されやすいので、意欲的に交渉しましょう。

販売実績ゼロでも特別単価を獲得する方法

販売実績ゼロの初心者アフィリエイターでも特別単価を獲得する方法があります。

それは、アフィリエイトセミナーに参加するという方法です。

ASPが主催するアフィリエイトセミナーに参加すると、セミナーの参加特典として特別単価が設定されることがあります。

本来、インターネット経由であれば特別単価交渉を断られる状況ですが、対面しているということもあり、快く特別単価を設定してくれることが多いです。

その際、おすすめの集客方法やどのようなキーワードでコンバージョンが発生しているのかということを、しっかりとヒアリングしておきましょう。

ちなみに、安定したアクセスを獲得できれば、自分で作り上げた媒体を純広告メディアとして利用できます。

アフィリエイト報酬

純広告ビジネスを展開した場合、月額報酬として20万~30万円がコンバージョン数に関係なく安定して稼げるようになります。

まとめ

今回は、アフィリエイトの報酬単価が高い案件や稼ぎやすい商品選びのポイントについて紹介しました。

成果報酬型のアフィリエイトは、高額報酬が設定されていることが多いですが、その分ライバルとなるウェブサイトも多くなります。

しかし、クリック報酬型アフィリエイトであれば、低単価ではあるもののアクセス数さえ増やせば報酬を安定させることができます。

現在、Googleアドセンスがもっとも優れた広告として取り扱われていますが、Googleアドセンス以外にも、さまざまな成果報酬型のアフィリエイトに着目し、販売実績をつけて特別単価交渉もしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です