2,980円/月で200以上のコンテンツが学習できる副業の学校サロンはこちら

アフィリエイトサイトの作り方|超具体的なやり方をレクチャー

この記事では、アフィリエイトサイトの作り方について具体的に解説していきます。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

「アフィリエイトをすることを目的に作られたサイト」・・・これは俗にいうサイトアフィリエイトのスタイルになります。

アフィリエイトの種類についてわからない方は、こちらの記事を参照してくださいね。

この記事でわかること

  • サイトアフィリエイトの詳細な分類
  • どんな流れで作っていくのか
  • 稼ぐためのコツ

このあたりのことを具体的な作り方をもとに学習していきましょう!

アフィリエイトを本格的に学ぶなら

▶️ 副業の学校アフィリエイト講座

この記事の目次

サイトアフィリエイトの詳細分類

他の人がどう思っているかは分かりませんが、個人的にはサイトアフィリエイトの中にも厳密にいうと細かな分類があると思っています。

それによってサイトの作り方や行程、難易度も違います。

サイトアフィリエイトには細かな分類があります。どの手法でいくかによって難易度や行程が変わります。

ペラサイト

ペラサイトとは、1ページだけで作られたアフィリエイト記事のことです。

ペラサイトには3つの大きな特徴があります。

ペラサイトの特徴
  1. 報酬が出始めるまでの時間がものすごく短い
  2. 短時間でサイトが完成する
  3. アフィリエイトの最小単位

私は、サイトアフィリエイトに取り組み始めたころ、ペラサイトを量産していました。

みなさん最初は、タイトルの付け方や記事の書き方セールスライティングのやり方がまったくわからないはずなので、1ページで完結するペラサイトは基礎を学ぶにはとても良い手法だと思います。

「ペラサイトなんて…」と馬鹿にする人がいますが、1ページしかない分、 ユーザーが必要としている情報を、キーワードに沿って的確にライティングする必要が出てきます。

特化サイトやジャンルサイトを作る場合は、キーワード選定やサイト設計などもしっかり行わないとなかなか収益化できませんし、完成までにとても時間がかかります。

しかし、ペラサイトならライバルの少ないニッチなキーワードをメインに、作成時間もあまりかからず完成できるので、まだ技術のない初心者にも取り組みやすい方法です。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

ブログや、大きなアフィリエイトサイトなら収益化までに半年以上かかることもザラですが、ペラサイトであれば早くて10日程で収益が発生することもあります。

特化型サイト

特化型サイトとは、ある特定の商品やサービスの紹介に特化した専門性の高いサイトのことです。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

1つの商品に特化した専門書のようなイメージです。

ペラサイトの作り方を習得したあとなら、すんなり理解して作れると思います。

サイトの専門性が高くなり、記事数もあるので1サイトでの報酬は大きくなります。

デメリットとしては、そのサイト内に別のテーマの物を入れることはできないということくらいですね。

ジャンルサイト

ジャンルサイトは特化型サイトのもう一つ上の枠組み、ジャンルに特化して作っていくサイトになります。

例えばこうです。

ニキビジャンルの検索意図を分類した図
KYOKOのアイコン画像KYOKO

特にリサーチせず、ざっくり作ったのでイメージですが、このような感じになります。

深掘りすればとてつもない記事数になるのがご想像いただけるのではないでしょうか?

これだけ大きな規模となると作っていく最中でテーマがぶれてしまうこともよくありますので、大きなサイトを作る際は最初の設計図がとても重要となってきます。

【作り方①】参入するジャンルを決定する

ペラサイトを作る場合は、ジャンル選びはあまり関係ありません。

アフィリエイトサイトの規模感によって重要な箇所は変わってくるからです。

アフィリエイトで取り扱う案件・・・つまり商材や、そもそものテーマ性を問うようなアフィリエイトスタイルではジャンル選びが非常に大切になります。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

稼げない市場に参入しても売り上げは上がりませんからね。

一方で、ペラサイトを行う場合は「キーワードありき」でサイトを作っていきます。

どんなジャンルのものでも、どんな商材でも、キーワードが空いていれば作ります。

ペラサイトは、1つのキーワードに対して適切に答えを返すのが肝ですからね。

ジャンル選定のポイント

これから中規模サイトや大規模サイトを作ろうと思っているなら、最初のジャンル選びがすごく大事になります。

規模が小さくなれば小さくなるほど「何を基準にサイトを作り上げていくか?」の【何】の部分の規模も小さくなっていきます。

特化サイトやジャンルサイトなどのある程度の規模感があるサイトであれば、最初の段階で 扱う商材やジャンル選びがとても重要になってきます。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

必然的にページ数が多くなるこの手のサイトでは、ある程度の技術を伴わない初心者が参入してもなかなか上位表示できず、「骨折り損のくたびれもうけ」になってしまうようなジャンルもあるので注意が必要です。

初心者に不向きなジャンル
  • 脱毛
  • FX、投資
  • クレジットカード、カードローン
  • 青汁
  • 看護師転職
  • ウォーターサーバー

もし、上記のジャンルで上位表示できれば、大きく稼ぐことは可能です。

しかし、初心者でも参入しやすく稼げるジャンルは他にもありますので、最初はそのようなジャンルから参入した方が良いでしょう。

ペラサイトのキーワード概念

サイトの規模が小さくなれば小さくなるほど、「何を基準に作っていくか?」の規模感も小さくなるとお話しました。

小規模サイトでは、【キーワードありき】でサイト作っていくことが多いと思います。

基本的には購買意欲のあるキーワードを中心に記事を作成していきます。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

購買意欲とは、コンバージョンまでの距離が近いキーワードのことです。

そのため、購買意欲の高いキーワードで上位表示できれば、そもそも成約から近いキーワードになるので報酬が発生しやすいといえます。

サイトアフィリエイト初心者の方であれば、これらの購買意欲の高いキーワードを中心に記事を作成し、案件ごとにサイトを量産していくだけでも、まとまった金額を稼げるようになります。

【作り方②】媒体を決定する

アフィリエイトサイトの規模感によって作る媒体を選んでいきます。

別に絶対的な決まりはないのですが、効率面を考えるとどんな媒体で作るのかは変えていくべきですし、私はそうしています。

媒体の選択肢

  • 無料ブログ
  • noteなどのプラットフォーム
  • HTMLサイト
  • WordPress
注意

一応選択肢としては上記のようなものがあるのですが、無料ブログやプラットフォーム依存の運営は、コンテンツが自己所有にならないのでいつでも削除のリスクがつきまといますから今回は除外します。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

サイト作成の練習に使うなら良いと思いますが、本当に収益化したいのならやめておいた方がいいです。

そうなると大体の場合は、HTMLサイトかWordPressでアフィリエイトサイトを作ることになりますね。

HTMLサイトは簡単にいうとホームページのようなもので、コードを手打ちで作ったりもしますが、アフィリエイトサイト専用の作成ツール「SIRIUS」なんかもあります。

 規模感スタイルデザインドメイン・サーバー料金
WordPress規模の大きなサイトブログ形式の動的なサイト中級〜上級者向けデザイン性はかなり高い使用自体は無料。テンプレートは有料のものも有。
SIRIUS規模の小さなサイト完結型の静的なサイト初級〜中級者向けデザインは微妙小規模な通常版:18,800円
上位版:24,800円
テンプレートは無料。(一部有料のものも有)サイト

「どのやり方で何を求めるか?」にもよるので絶対的な決まりはありませんが、特化サイトやジャンルサイトなど記事数が多くなるアフィリエイトサイトを作るのであればWordPress。

ペラサイトをサクサク量産するのであればSIRIUS。

これが経験的に1番合理的かなと感じています。

ちなみにどちらも独自ドメインを取得してレンタルサーバーレンタルサーバーへ設置して運営する「自己所有」ですから、無料ブログなどのようにアフィリエイトできなかったり突然削除されたりする心配はありません。

【作り方③】キーワード選定する

【作り方③】キーワード選定する

サイトアフィリエイト初心者の1番やりがちなミスは、「キーワードを自分で作ってしまう」ということです。

そもそも、キーワードとは、検索ユーザーが求めている言葉のことです。

検索ユーザーに需要のあるキーワードをもとに選定していく必要があります。

特にサイトアフィリエイトでは、作り始める前の段階からある程度の記事数やどのようなキーワードで構成するかを決めておかなくてはいけません。

ユーザーの導線を考えたキーワード選定をしていく必要があります。

ユーザーのニーズを把握する

サイト内のキーワードを構成するにあたって、需要のありそうなキーワードを適当に選定するのは良くありません。

しっかりとニーズに基づいたキーワードを選定し、ユーザーの悩みを解決できるようなサイトを作りましょう。

逆に、ユーザーのニーズを把握することなく、キーワード選定をしてしまうと、まったく検索ボリュームのないキーワードや関連性のないコンテンツを作成してしまう可能性があります。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

自分のサイトに必要なユーザーのニーズを把握するツールをいくつか紹介します。

①ラッコキーワード(旧関連キーワードツール)

ラッコキーワードは、調べたい主軸のキーワードにおいて過去に1度でも検索されたことのある複合キーワードが一覧で分かります。

「検索されたことがある」ということは 、それを知りたい人がいるということで【需要がある】ということです。

例えば「ニキビ」の場合
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • ニキビの治し方
  • ニキビ薬
  • ニキビ皮膚科
KYOKOのアイコン画像KYOKO

このような関連キーワードがあり、それらの検索意図を読み取ると様々なニーズがあるとわかるでしょう。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、サイトアフィリエイターにとってキーワードの宝庫です。

確認するべきところ!

  • 質問タイトル
  • 質問説明文
  • 閲覧数
  • 回答数
  • 回答文章
  • タグ

上記の部分を確認すれば、どのようなキーワードを使った質問に多くの閲覧や回答があるのかがわかるようになります。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

人に相談できない悩みを匿名で相談できる場所でもあるため、どのような回答が喜ばれるのか参考になりますよね。

【作り方④】SEOライティングをする

【作り方④】SEOライティングをする

SEOライティングの基本は選んだキーワードに対して適切に答えを返すことです。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

特にサイトアフィリエイトはSEOを舞台としますので、上位表示しやすい書き方をしなくてはいけません。

検索ユーザーにも読みやすくGoogleにも好かれる記事を書かなくてはいけないんですね。

ライティングの基本
  • SEOライティングの基本を守る
  • キーワードに対する答えは早めに出す
  • 見出しは先につける
  • コンテンツの一貫性を保つ
  • セールライティングを活用する
  • 売り込みすぎない

SEOライティングの基本を守る

SEOで上位表示するためにはGoogleのクローラーに正しく情報を読み取ってもらわなくてはいけません。

SEOで上位表示するには・・・

  • どんなキーワードで書いているか
  • そのキーワードには必要な内容が書いているか
  • その内容には独自性があるか
  • その内容には信憑生があるか
  • 記事の内容もしくはサイト全体に専門性はあるか

これらの事をGoogleに伝えるためにはSEOに寄り添った書き方をしていかなくてはいけません。

SEOに寄り添った書き方って?
  • タイトルに狙ったキーワードを含める
  • ディスクリプションに狙ったキーワードを含める
  • 見出しに狙ったキーワードを含める
  • 文中に狙ったキーワードを含める
  • 画像のalt属性に狙ったキーワードを含める

もっと細かく言うとまだまだあるのですが、まずは何のキーワードについて書いている記事なのかをGoogleに正しく伝えるような書き方をしましょう。

キーワードに対する答えは早めに出す

WEBライティングの世界に起承転結はありません。

インターネットユーザは忙しく、記事を読む際には調べたキーワードに対しての答えを「早く知りたい」と思っています。

記事の最後のほうにいかないと調べたことの答えがわからないような記事では、冒頭でブラウザバックされてしまいますよね。

あまり読み進めてもらえず早い段階で検索結果にユーザーが戻っていってしまうような記事は、Googleからの評価も悪くSEOにも悪影響を与えます。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

記事の早い段階でキーワードに対して明確な答えを出してあげて、さらに読み進めてもらえるようなトピックを追加することで記事に長く滞在してもらうことを目標としましょう。

見出しは先につける

見出しを最初につけることをおすすめします。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

記事を書き終わって読み返してみると「結局何が言いたいのかわからない記事」になっていた事はありませんか?

これは最初にゴールを決めずに惰性でキーボードを叩いたからです。

H2等の大見出しだけで構わないので、そのキーワードで検索するユーザーが知りたいであろう大トピックを事前に決めておきましょう。

最終的なゴールを先に決めておくことで、内容が迷子にならずサイトを作ることができます。

コンテンツの一貫性を保つ

チェックするべきこと!

  • キーワードが需要のあるものなのか
  • 検索キーワードとタイトルにズレがないか
  • 記事タイトルから連想されるコンテンツ(見出し)になっているか
  • キーワードに対する問題提起がズレていないか
  • キーワードに対する答えがズレていないか

一度、記事を書き終えたらキーワード・タイトル・コンテンツに一貫性があるかチェックしてみましょう。

セールスライティングを活用する

基本的にサイトアフィリエイトは「商品を売ること」が目的です。

そのために必要なのが、物を得るための特殊な書き方【セールスライティング】です。

セールスライティングはPREP法やAIDMAの法則に基づいたフレームワークで書くとやりやすいですよ!

売り込みすぎない

サイトアフィリエイトは、広告主とユーザーの間で中立的な立場を意識してライティングしていかなくてはいけません。

KYOKOのアイコン画像KYOKO

まぁ不思議なもので「売りたい。」「稼ぎたい。」という感情が表に出れば出るほど、売れません。

悪い例として「商品の良いところばかりを上げ連ねた記事」とか「これは絶対に買った方がいいです!」のようなごり押しした文章、あるいはアフィリエイトリンクがやたら多い記事などは嫌煙されます。

中立の立場で公平にライティングし「デメリットよりもメリットの方が大きいな」と読み手に感じてもらうことができれば、晴れて購入というゴールにたどり着くことができます。

サイトアフィリエイトの作り方まとめ

今回は、サイトアフィリエイトとはどういったものなのか、具体的なサイトの作り方の手順を紹介しました。

具体的なサイトの作り方の手順
  1. ジャンルを決める
  2. 媒体を決める
  3. キーワードを決める
  4. ライティングをする

大枠はこの手順ですので、この通りに進めていけばSEOの基礎に基づいたサイトが作れるはずです!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 無料でまなべる
  • 1万7000人が学習中
  • 3秒で登録可能
あなたに合ったAI副業適職診断あり!
この記事の目次
閉じる