ドメイン名の決め方と取得方法|サイトアフィリエイトならこれがおすすめ!

ドメイン名決め方

サイトアフィリエイトを実践するには、独自ドメイン名を自分で決定し、契約しなければいけません。

しかし、はじめてのドメイン取得であれば、どのようなドメイン名にするか、非常に迷ってしまうでしょう。

ドメイン名は、1度決めてしまうと安易に他のものへ変更できません。

そのため、多くの方が独自ドメインの取得を失敗したくないと強く感じてしまいます。

私自身、これまで何度もドメインを取得して、検索結果で上位表示してきました。

その際、検索結果で上位表示しやすい独自ドメインの取得方法があることがわかりました。

今回は、サイトアフィリエイトにおすすめのドメインの決め方や取得方法をご紹介します。

独自ドメインとは?

ドメイン取得サービスを利用して入手する任意のホームページアドレスのことを独自ドメインといいます。

なぜ、独自ドメインを取得するのかというと、インターネット上の所在地を明確化するためです。

ドメイン名決め方

https://example.com

上記のドメインであれば、「example.com」の部分を独自ドメインとしてユーザーが好きな固有の文字列を決められます。

そのため、同一のドメインで、ウェブサイトを立ち上げることはできません。

自宅の住所が重複して利用できない原理と同じです。

独自ドメインを取得する場合、エックスサーバーなどのレンタルサーバーと連携させなければいけません。

そのような手間が発生したとしても、ドメインの削除を回避し、運用・管理の仕方や方針を自分で決められるなどの大きなメリットがあります。

独自ドメインの取得方法と注意点

ドメイン名決め方

はじめての独自ドメインの取得は、非常に緊張するでしょう。

無料なら何度でもやり直せますが、ドメインの登録料金がかかるためやり直しがききません。

実際に、独自ドメインを取得するのであれば、いくつか守っていただきたい注意点があります。

その注意点を知らず独自ドメインを取得すると、すべて処分することにもなりかねないため、ひとつずつ作業を確認しながらドメインの契約を進めてください。

ドメイン販売会社でドメイン名を決める

まずは、ドメイン販売会社でどのような独自ドメインを取得するのか決めてください。

独自ドメインを取得するためのドメイン販売会社は、数多く存在します。

たとえば、下記のウェブサイトで自分の好きな独自ドメインを購入できます。

独自ドメイン購入サイト

どのドメイン販売会社もアフィリエイターの間で知られていますが、個人的におすすめのものを紹介するのであれば、“ムームードメイン”が良いでしょう。

なぜなら、迷惑メールが来ない・管理画面が使いやすい・ドメインの反映が早いというメリットがあるからです。

高い頻度で販売セールなども実施しているため、お得に取得したいのなら、ぜひ利用してみてください。

独自ドメインの長さ

サイトアフィリエイトで利用する独自ドメインには、決まった長さがあるため、ルールを守るようにしてください。

独自ドメイン名として使用できるのは、3文字~32文字以内です。

ちなみに、レンタルサーバー先でも独自ドメインの登録設定の際、文字数の制限がないか確認してください。

ドメイン販売会社で購入できるものが、必ずレンタルサーバーで登録設定できるとは限りません。

私は、このことを知らず、購入したドメインを処分してしまったことがあります。

ドメイン名は不必要に長くするのではなく、アフィリエイトしたい商品やサービスと関連付けて、シンプルなものにしましょう。

極力、ドメイン名を短くしておくことで、運用時の管理も楽になります。

最初は1年更新がオススメ

独自ドメインを取得する際、更新期間を設定することになりますが、1年更新としておきましょう。

これからも長期的に運営していくという理由から3年~5年で契約してしまうと、費用が高くなってしまいます。

また、SEO対策に失敗してしまった場合、独自ドメインを処分することになるため、無駄なコストを増やさないためにも1年更新で様子を見ていきましょう。

Whois情報公開代行の設定は有効に

独自ドメインを取得する際は、Whois情報公開代行を必ず設定してください。

もし、Whois情報公開代行を有効に設定し忘れてしまうと、インターネット上に、自分の名前や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報が公開されてしまいます。

Whois情報は、“DomainTools”を利用すると、容易に調べられます。

独自ドメインの契約の際、Whois情報公開代行を設定しておくことで、ドメインの販売会社の情報が代理で表示されるため、自分のプライバシーを守ることができます。

お名前.comでWhois情報公開代行の設定を忘れてしまうと、毎年、追加料金を請求されてしまうため気をつけてください。

レンタルサーバーにドメインを設置

ドメイン販売会社で購入した独自ドメインは、レンタルサーバーに設置してください。

たとえば、エックスサーバーと契約しているのなら、サーバーパネルからドメイン設定をクリックすることで、独自ドメインの設定ができます。

新規ドメインとして追加し、「ドメイン設定の設定が完了しました。」と表示されたら、独自ドメインとレンタルサーバーの連携は、完了しました。

これらの手続きを実施することで、はじめて利用できるようになります。

ドメイン名の種類と特徴

ドメイン名決め方

独自ドメインを取得する場合、商標ドメインや日本語ドメインなど、さまざまな種類の中から好きなものを選び出さなければいけません。

それぞれに特徴があり、どのようなアフィリエイトサイトを運営するかで取得するものが大きく異なります。

ここでは、さまざまなドメインの種類や具体的な特徴について確認していきます。

商標ドメイン

商標ドメインとは、アフィリエイトする商品の名称をいれたドメインのことです。

商標アフィリエイトでは、「商品名+複合キーワード」でウェブサイトを作成します。その際、取得するのが商標ドメインです。

商標ドメインについて、いくつか具体的な取得例をご紹介します。

  • 商品名+最安値
  • 商品名+激安
  • 商品名+口コミ
  • 商品名+価格
  • 商品名+通販
  • 商品名+レビュー
  • 商品名+評判

このように、商標アフィリエイトでは、取得するべきものが決まっているため、非常に簡単です。

しかし、このようなキーワードは、非常に人気があるため、すぐに取得できなくなってしまいます。

もし、取得可能なら早めに取得し、アフィリエイトサイトの運用を開始しましょう。

英語ドメイン

もし、初心者アフィリエイターがドメインを取得するのなら、英語ドメインから取得してみましょう。

商標ドメインや日本語ドメインは、非常にアピール性があるものの、その分、柔軟性を失ってしまいます。

たとえば、Googleアドセンスを利用したトレンドブログや雑記ブログ、特化型ブログについては、さまざまな記事を掲載するため、柔軟性が求められます。

その場合、どのようなコンテンツにも、違和感を与えることがない英語ドメインがおすすめです。

日本語ドメイン

独自ドメインは、アルファベット以外にも日本語で取得できます。

独自ドメインのURL部分に、日本語が表記されたドメインのことを日本語ドメインといいます。

日本語ドメインは、検索結果上で非常に目立ちます。

インターネット上でキーワード検索したユーザーに対して、日本語でアピールできるため、自分が探し求めている情報が提供されているウェブサイトであることを素早く伝えることができます。

中古ドメイン

過去に運用歴のある独自ドメインのことを中古ドメインといいます。

アフィリエイターの間では、オールドドメインとも呼ばれており、ドメインエイジ(ドメインの公開日~今日に至るまでの期間)を引き継げることから、SEO上有利だとされています。

新規ドメインと比較して、ドメインパワーが強く、検索エンジン上で上位表示しやすいため、多くのアフィリエイターが利用しています。

しかし、中古ドメインなら何でも良いというわけではありません。

値段が高いわりに、品質スコアが悪いものが多く存在するため、見極める目を持たなければいけません。

ドメイン名の末尾はどれがおすすめ?

ドメイン名決め方

ドメイン販売会社で、どのようなドメイン名にするかが決まったら、末尾の部分を決めなければいけません。

ドメイン名は同じでも、末尾が変われば大きく値段が異なるため、非常に判断に迷ってしまう部分だと思います。

このとき、値段だけで決めてしまうと大きく誤ってしまう可能性が高いため、末尾のドメインの意味も考えながら使用するようにしてください。

ここでは、ドメイン名の末尾は、どれがおすすめなのかを確認していきます。

.com

.comドメインは、commercialが略された形式で、商用向けという意味があります。

ちなみに、世界で1番利用されているのは、.comドメインです。

このとき、「商用でなければ、利用してはいけないのですか?」と質問される方がいますが、そんなことはありません。

個人ブログ用のドメインとして利用している人も数多く存在するため、どんな目的で利用していただいても構いません。

そもそも、.comドメインが商用向けであることを知らない人がほとんどでしょう。

ドメイン名が覚えやすく、検索ユーザーからの印象も良いため、数多くのアフィリエイターが.comドメインを選びます。

.net

.netドメインとは、networkという英語が略された形式で、インターネットのネットワークと関連するドメインのことです。

.comドメインと同様に、利用用途に関係なく多くのアフィリエイターが利用しています。

ちなみに、.netドメインは、世界的に最初にできたドメインとして知られていて、検索ユーザーからの印象も非常に良いです。

.info

.infoドメインとは、informationが略された形式で、情報関連のウェブサイトに対して、使用することが多いドメインです。

価格が安いことから非常に人気が高く、非常に汎用性にも優れています。

一部のアフィリエイターの中には、「.infoドメインの運用は、SEOの関係で不利になる。」と説明する人もいますが、おそらく関係ないでしょう。

情報商材アフィリエイトとの相性が非常に良いため、こちらのドメインから取得してみても良いでしょう。

.org

.orgドメインとは、organizationが略された形式で、個人や非営利団体を意味するドメインです。

.orgドメインは、一般的なアフィリエイターの利用が少ない印象です。

たとえば、wikipediaのような大規模サイトでは、.orgドメインが利用されています。

全世界で利用できるため、ウェブサイトの方向性によっては、利用する機会があるかもしれません。

.jp

.jpドメインとは、japanが略された形式で、日本居住者限定で利用できるドメインのことです。

多くの法人企業の自社サイトに、.jpドメインが採用されており、非常に信頼性が高いことで人気があります。

年間の維持費用が3,000円前後であるため、悪用されづらく、他のドメインと比べても独自性をアピールしやすいです。

最近は、個人でも会員制のウェブサイトを立ち上げるなどの機会が増えていることから、利用者が増えてきています。

しかし、個人のアフィリエイトサイトでは、あまりにもコストがかかりすぎるため、他の安価なドメインで充分でしょう。

.xyz

お名前.comでも激安ドメインとして有名な.xyz ドメインは、多くのアフィリエイターが利用しています。

初年度が30円~100円で利用できることが多く、思わずこれに決めてしまいたくなります。

しかし、2年目以降の更新料金は、一般的なドメインよりも非常に高いです。

そのため、長期的にウェブサイトを運営していくのならコストが高くなってしまいます。

また、SEO効果についても疑問視される声があります。

なぜなら、値段が安い分、詐欺行為などに利用されやすいからです。

現時点では、検索エンジン上の評価は関係ないと考えられていますが、値段が安い分リスクがあることを知っておきましょう。

サイトアフィエリエイトにおすすめなドメイン名は?

ドメイン名決め方

ドメイン名には、利用用途以外にも価格的な要素から使い分けていく必要があることがわかりました。

しかし、これでは、サイトアフィリエイトで使い分けるための基準がないと感じたかもしれません。

ここでは、サイトアフィリエイトにおすすめのドメイン名をご紹介しますので、ウェブサイトの立ち上げ時に参考にしてください。

量産するならこれ

ウェブサイトを量産することで、収益を伸ばしていきたいと考えているのなら、下記のドメインがおすすめです。

  • .xyzドメイン
  • .tokyoドメイン

なぜなら、独自ドメインの取得費用が非常に安いからです。

どのようなキーワードが稼げるかわからない状況では、リサーチしながら慎重に運営方針を決めたいという方もいると思います。

その際、数百個程度の独自ドメインを購入しなければいけないとなったとき、.xyzドメインや.tokyoドメインであれば、非常に安価で購入できるため、費用的な負担を抑えることができます。

しかし、2年目以降のドメインの更新料金が高いため、長期的なアフィリエイトサイトの運営には向いていません。

じっくり育てるホワイトハットならこれ

もし、数年、数十年と長く運用する予定のアフィリエイトサイトなら、.jpドメインがおすすめです。

一般的なドメインよりも高価であるため、ホワイトハットでじっくりと育てることに向いています。

特に、企業サイト(コーポレートサイト)のようなものを構築するのであれば、.jpドメインのような信用性が高いドメインを使用しておくと、安全性の高さをアピールできます。

.jpドメインは、一部上場企業からも選ばれており、全体数の98%が利用しています。

また、2部上場企業については93%、ジャスダックに上場した企業のうち91%が利用しています。

多少のコストがかかったとしても、長期的に月数百万円を売り上げるアフィリエイトサイトを目指していくなら、ビジネス向けの.jpドメインを取得しましょう。

【オールマイティ】安定のドメインはこれ

アフィリエイトサイトの運営において、信頼性が高く安定しておりオールマイティに利用できるのは、下記のドメインです。

  • .netドメイン
  • .comドメイン

一般的なアフィリエイトサイトなら、.comドメインを取得しておけば、まったく問題ありません。

.comドメインは、非常に人気であるため、取得されていることが多いです。

もし取得できなければ、.netドメインを購入しましょう。

独自ドメインの購入時に1,000円ほど必要ですが、2年目以降の年間更新料も手ごろな価格であるため、長期的に運用しても負担になりません。

また、ユーザーからの信用性も高いため、これらの2つのドメインがアフィリエイトサイトに向いています。

まとめ

今回は、サイトアフィリエイトにおすすめのドメイン名の決め方と取得方法についてご紹介しました。

自分の好きな独自ドメインを取得し、レンタルサーバーと連携すれば、アフィリエイトサイトの運用を開始できます。

独自ドメイン名は、1度決めてしまうと変更できないため、この作業で1日悩んでしまう人もいるかもしれません。

もし、インターネットビジネス初心者で独自ドメインの取得に失敗したくなければアフィリエイトする商品に関連する英語の.comドメインを取得しましょう。

これなら、さまざまな複合キーワードで汎用的に利用できるため、今後の運用もしやすいでしょう。

これにより、短時間で独自ドメインを取得し、1日でも多くの作業時間を確保できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA