【アフィリエイトの根幹】ペラサイトの作り方を徹底解説←月収100万円はいけます

アフィリエイト ペラサイトアフィリエイトには、たくさんの手法がありますがペラサイトはその中でもアフィリエイトの基礎基本が詰まったやり方です。

 

ペラサイトで多い間違った考え方

「ペラサイトなんて、サイトパワーが弱くて稼げないに決まってる」

「ものすごい数を量産しなくてはダメなんでしょ?」

「今時ペラサイトなんてSEOで上がるわけがない」

 

このようにかなり間違った考えをしている人が多いのも事実です。

 

この記事でわかること

  • そもそもペラサイトの定義がわからない
  • ペラサイトをどうやって作ったらいいかわからない
  • ペラサイトでいくら稼げるのか知りたい
当記事ではこのような方に向けて正しい知識とペラサイトの作り方をご紹介します。

KYOKO

ペラサイトって何?

アフィリエイト ペラサイト

定義としては、ページ数が1ページのサイトのことをいいます。

中には10ページ以内のサイトをそう呼ぶ人もいるので、明確な決まりは無いのかもしれないですね。

独自ドメインで運営する1ページのサイト

私がペラサイトと言うのは、独自ドメインで運営する1ページのサイトのことを指します。

無料ブログなどでも作れなくは無いのですが、ページ数が少ない分、せめてSEO的に有利な独自ドメインで運営することをおすすめします。

ペラサイトは試し打ち|量産が必要?

 

結論から言うと量産が必要です。

ですが、ページ数の多い大規模サイトを1つだけ作る場合、記事を数百記事入れる事もあります。

結局どんな手法でやるにしても、「1-Clickで100万円」とか「1記事書いたら不労所得がザックザク」みたいな事はありません。

記事を量産するか、ドメインを分けてサイトを量産するか、どちらも最初は数がものをいうって事です。

アフィリエイト ペラサイト

「そんなにたくさんのドメインを量産するとドメイン代が大変なことになるんじゃ…」と思う方もいるかもしれませんが 、現在は格安ドメインもたくさんあります。

セール中であれば、1個100円以下で購入できるのであまりリスクではないですね。

さらに言うとペラサイトは、キーワードを試し打ちできるメリットがあります。

よく大規模サイトなどを作っていて「全然稼げません…」と相談に来る方は、あまりキーワードのことがよくわかっていない状態でとにかく記事を量産していることがほとんどです。

ペラサイトはサイトの中でも最小単位なので、試し打ちをしていく中でしっかりとした【キーワード選定の感覚】が身に付きます。

1ページだからこそ中身が大事

1ページしかないからこそ中身にはこだわらなくてはいけません。

その1ページでしっかりユーザーの悩みを解決するようなコンテンツを書かなくては成約には結びつかないからです。

  • 魅力的なタイトル付け
  • 収益に結びつくキーワード選定
  • 最後まで読まれるページの構成
  • ライティングテクニック
  • 読みやすいデザイン
  • SEO対策

これら全てを1ページに詰め込まなくては、収益は上がらないでしょう。

ですがこれから先大きなサイトにチャレンジしていくにあたりどれもこれも確実に必要なスキルばかりです。

この基礎基本をしっかりとマスターできるのがペラサイト手法です。

アフィ太

練習をして基礎をしっかり身に付けると言う事ですね!
練習もしないで試合に出るのは無理ですよね…

KYOKO

ペラサイトの作成方法|3ステップ

アフィリエイト ペラサイト

それでは、ここでペラサイトの作成方法と手順を3つのステップに分けて解説していきます。

ステップ①キーワード選定+商品選び

ペラサイトを作る基準はひとえに「キーワードありき」です。

「どの商品をやったらいいか…」で悩むのではなく、「どのキーワードが空いているか?」を基準に選んでいきます。

 

そのキーワードを選定するのに重要になるのがライバルチェックです。

ペラサイトは基本的にライバルのいないニッチな隙間のキーワードをズバっと狙っていく手法です。

ライバルが強すぎるキーワードは、この手法には向きません。

例えば商標キーワードの中でも主力キーワードとなる「口コミ」や「効果」というキーワードは、ペラサイトで扱うべきキーワードではありません。

アフィリエイト ペラサイト

口コミや効果と言うキーワードは、ライバルが強いのでニッチどころかメジャーなキーワードといえます。

KYOKO

ではどのようなところからニッチなキーワード選べば良いのか?

プロアクティブの検索結果

上記はGoogleで「プロアクティブ」と検索した結果です。

最下部のほうに関連キーワードが出てきますが、ここに表示されるキーワードは需要のあるキーワードがほとんどです。

この中から【あまりメジャーではないキーワード】を選んで記事を書いてみてください。

需要があり、かつライバルのいないキーワードを狙うのがペラサイト手法でのキーワード選定のコツです。

ペラサイト以外でのキーワード選定のやり方についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

キーワード選定におけるコツ【規模別】アフィリエイト初心者はここを狙え!キーワード選定におけるコツ【規模別】アフィリエイト初心者はここを狙え!

ここで1番してはいけないキーワード選定の方法をご紹介します。

KYOKO

それは「キーワードを自作する」と言うことです。

注意

「多分こんなキーワードだったらペラサイトでも売れるかな?」

「多分こんなキーワードだったら需要があるかもしれない」

このような憶測でキーワードを作ってしまう人が多くいます。

初心者さんがよくこのようなキーワード選定をするのですが、全くアクセスが期待できないので絶対にやめましょう。

ペラサイトおいては、【ある中から選ぶ】というやり方にシフトした方が良いですね。

ステップ②サイト立ち上げ

商品とキーワードが決まったら、早速サイトを立ち上げます。

アフィ太

無料ブログでも良いのですか?
だめでは無いですが、安定的に稼ぎたいなら独自ドメインをおすすめします。

KYOKO

無料ブログの場合、後からそのキーワードに参入してきたライバルにあっさり検索上位を奪われてしまうので、独自ドメインでサイトを作りましょう。

独自ドメインはシリウスで作ったHTMLサイトかWordPressに設置すれば大丈夫です。

1枚物のペラサイトであれば、初期設定の少ないシリウスで作ったサイトが時間もかからず作れるので良いです。

タイトルを決めよう!

サイトを立ち上げたらまず最初にタイトルを決めます。

タイトルで気をつけること

タイトル内に狙っているキーワード含ませる

キャッチーで魅力的なタイトルをつける

28文字から32文字以内の長さでつける

狙ったキーワードを含めながら、クリックしたくなるようなタイトルを適切な長さでつけましょう。

ステップ③コンテンツ作成+ライティング

1番大切なのがコンテンツの中身です。

1枚物のペラサイトだからこそ、キーワードに対する答えを明確に返さなければユーザーは、即ブラウザバックしてしまいます。

キーワードに対して次のような流れを意識してライティングしていきます。

アフィリエイト ペラサイト

まずはリード文。

商品の概要についてさらっと説明し、問題提起をします。

そしてメインコンテンツ。

メインコンテンツではキーワードに対する答えを明確に記載します。

記事のなるべく早い段階でキーワードに対する答えをしましょう。

ネットユーザーは忙しいので、パッと見て大体の結論がわかる位が好ましいです。

そしてメインコンテンツに対する補足のトピック。

商標キーワードで記事を作っているのであれば、口コミなど客観的な視点を補足として入れても良いでしょう。

そして最後にまとめます。

この記事の言わんとしたい事は何だったのか?

結局1番重要な結論は何だったのか?

ここでまとめます。

商標であれば、最後に価格系のトピックを入れて購入の後押しをしましょう。

サイトの作り方を解説していますサイトアフィリエイトとは?超具体的なやり方・作り方をレクチャー

ペラサイトでいくら稼げるか?

結論から言うと、ペラサイトだけで月に100万円は絶対に行けます。

というのも、私のコンサル生さんの中でもたくさんの方がこの大台を突破されているからです。

https://youtu.be/6PxzssD8sCk
https://youtu.be/4G9Mt5z7r4E
https://youtu.be/mq_xKL3JBh8

どれくらいで?となるとおおむね1年強位が平均的でしょうか…

因みに初報酬の出方も驚くほど速いのがこの手法の特徴です。

大型サイトやブログアフィリエイトでは、半年や1年報酬が出ないのは当たり前の事ですよね。

しかし私がペラサイトを指導しているスクールでは、日々報酬発生の報告がなされています。

ペラサイトで初報酬をあげられた方の声 ペラサイトで報酬を最短であげられた方の声

ここには載せきれませんが、このように早い段階で皆さん結果を出されて行きます。

この小さな小さな成功体験こそが、次へのステップにつながっていくと私は思っています。

まとめ

ペラサイト手法はサイトアフィリエイトの最小単位です。

しかしだからこそ稼ぐための根幹が詰まっているとも言えます。

1ページしかない弱いサイトだからこそ、ちゃんとしていなければダメなんです。

  • 需要のあるキーワードとは何か?
  • ライバルの少ないキーワードとはどんなものか?
  • 魅力的なタイトル付け
  • 最後まで読ませる記事の流れ
  • キーワードに対するコンテンツの一貫性
  • 読みやすい記事の装飾
  • クリックされやすいリンク設置箇所

などなど、どんな手法をやっていくにも絶対的に必要なスキルが詰め込まれています。

「量産が嫌だ」とか「ペラサイトはSEOで上がらない」とか、わからない人に限ってそういうことをいいますが、まずは基礎ができているかどうかペラサイトで試してみてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA