Google健康アップデートでアフィリエイトはどう変わる?

アフィリエイト Google2017年12月6日といえば、Googleの健康アップデートがあった日です。

あの日を境に、多くのアフィリエイターがこの業界から姿を消しました。

今までのGoogle検索エンジンには、医学的な根拠をもたない医療や健康に関するサイトでも上位表示していました。

そのため、あまりにも目にあまる情報が乱立し、検索ユーザーに誤解を与えてしまう可能性の高い状態でした。

その状況に対して、Googleは健康アップデートを実施し、健康系や医療系のキーワードで上位表示している多くのアフィリエイトサイトを圏外へ飛ばしました。

このようなGoogleの健康アップデートに対して、私たちアフィリエイターは、どのように行動していくべきなのでしょうか。

今回は、Googleの健康アップデートによるアフィリエイト業界の変動についてネットビジネス初心者に向けて詳しくご紹介します。

Googleの医療健康系のアップデートの詳細

アフィリエイト Google

Googleは、キーワード検索に関するページの評価方法を改善するため、医療健康系のアップデートを実施しました。

このGoogleアップデートは、医療や健康に関する検索結果の改善を主な目的としています。

従来なら、医療従事者による専門的な発言でなくても、検索結果で上位表示できていました。

しかし、医療健康系のアップデート実施後は、医療従事者や専門家など、専門的機関から公式発表されるような情報を高く評価するに値するコンテンツとして、見直されました。

そのため、現在は医学的な根拠に基づくような専門性の高い独自コンテンツでなければ、検索結果で上位表示できません。

もちろん、多くのアフィリエイターは、医療従事者や病気に関する専門家ではありません。

そのような人たちから生み出されるコンテンツは信頼するに値しないということで、大部分のウェブサイトが圏外へ飛ばされました。

これが、Googleの健康アップデートの詳細です。

Googleのアップデート以外にもペナルティーでサイトが圏外に飛ばされる時もあります。

Googleのペナルティーについてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご参照ください。

アフィリエイトサイトにペナルティが下る4つの種類【対象サイトと解除法】アフィリエイトサイトにペナルティが下る4つの種類【対象サイトと解除法】

影響のあったキーワード

健康アップデートによって、医療や健康に関する約60%のウェブサイトの検索順位に関して何かしらの影響がでました。

実際に、いくつか影響のあったキーワードについて調査すると、下記のことがわかりました。

MEMO
  • 便秘やニキビなどの病気系
  • 眼科系
  • 歯科系
  • 青汁やサプリメントなどの健康食品系
  • バストアップ系
  • ワキガ系
  • イボ系

 

上記のキーワードで共通しているのは、直接、医療と関わっているジャンルだということです。

たとえば、眼科系のジャンルであれば、「この方法なら、現在の視力が0.1でも0.5へとアップします。」と明言するサイトが数多く存在します。

もちろん、医学的な根拠はありません。

そのようなサイトを中心に単一キーワード以外にも複合キーワードやロングテールキーワードを含めて、検索順位が大きく低下しています。

 

影響がなかったキーワード

一方で、医療健康系のアップデートで影響がなかったキーワードも存在します。

それは、育毛やダイエット、脱毛関連のキーワードです。

これらのキーワードに共通していることは、医療に対して直接ではなく間接的に関係しているということです。

今回の健康アップデートでアフィリエイトサイトは、大幅に検索順位を落としました。

看護師や医師などの医療従事者が監修しているサイトでありながら、大きくサイト順位を低下させているケースもあります。

今回、影響がなかったキーワードも、いずれアップデートが実施される可能性が高いので、注意が必要です。

健康アップデートだけじゃないGoogleの変動

アフィリエイト Google

Googleの変動は、健康アップデートだけではありません。

たとえば、リンクの質の優劣を問うペンギンアップデートやコンテンツの質が問われるパンダアップデートなど、その目的や実施内容は、さまざまです。

ここでは、Googleが実施している最新のアップデートを追うことで、どのように検索エンジンを最適化しているのかについて確認していきます。

Googleスピードアップデート

ウェブサイトの表示速度をランキング要素として組み込むことをGoogleスピードアップデートといいます。

なぜ、Googleが表示速度にこだわっているのかというと、ユーザーに快適な閲覧状況を提供するためです。

ただし、良質なコンテンツが検索アルゴリズムで最重要視されていることには、変わりありません。

アフィ太

早くても中身がないサイトではダメという事ですね。

パソコンやスマートフォンで閲覧した際、ストレスなく閲覧できるのであれば、特に検索順位を下げられることはないでしょう。

自身のサイトのスピードを調べるにはpage speed insightsを使うと良いでしょう。

Googleコアアルゴリズムアップデート

2018年8月1日、Googleは、コアアルゴリズムアップデートを発表しました。

このアップデートによって、過去最大級の検索順位の変動が起きたといわれています。

なぜなら、Googleが検索アルゴリズムのベースを大きく見直したからです。

Googleアナリティクスを見ていると、下記のサイト評価されていることがわかりました。

  • 検索クエリと関連性が高ければコンテンツが評価される。
  • コンテンツの質の高いページが数多く掲載されているウェブサイトが評価される。
  • 他者から被リンクを獲得しているコンテンツページが評価される。
  • 内部リンクがうまく貼り巡らされているサイトが上位表示する。

 

あくまでも憶測ですが、このように分析しておけば、今後の作業方針やGoogleが何を重視しているのかがわかるようになります。

Googleアップデートとどう向き合っていくか

アフィリエイト Google

アフィリエイトを長く取り組んでいると、Googleアップデートによって、ウェブサイトが圏外に飛んでしまうという経験を何度もします。

実際に、Googleアップデートによって、大部分のコンテンツが圏外に飛んでしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、被害遭遇後のサイトとの向き合い方についてご説明します。

①下がったサイトは気にしない

今回、医療健康系のアップデートで検索順位が大きく下がり、一定のダメージを受けましたが、特に気にしていません。

なぜなら、これまでにも、さまざまな理由で圏外に飛んでしまうことが何度もあったからです。

そのときは、下がったサイトに固執するのではなく、検索順位を大きく下げた理由について調査するようにしてください。

たとえば、検索順位の動きを調査するGRCの推移やGoogleアナリティクスのアクセスの推移から、アップデートの目的を探ることが大切です。

下がったサイトを改善しても、大きくアクセスを取り戻す可能性は低いので、他のジャンルで収益を取り戻しましょう。

②医療健康分野以外を開拓する

今回の健康アップデートを考慮しつつ医療健康分野以外でのサイト構築をするのも手です。

自作自演の被リンクを使ったブラックハットのような方法ではなく、ホワイトハットで運営していても、今回のように情報発信の仕方がGoogleの指針に反するものであれば、一瞬で圏外に飛んでしまうことがあるわけです。

ですから、ジャンルを分散しておくことが大切です。

③SEO集客に偏りすぎない

自然検索からの集客に依存していると、Googleアップデートなどで大ダメージを受けてしまった場合、アフィリエイターとして再起できなくなってしまいます。

そのため、SEO集客に偏りすぎるのは、よくありません。

しかし、どのような市場を攻略していけばよいのでしょうか?

ちなみに、2019年は、間違いなく動画コンテンツの時代です。

動画マーケティングの市場規模は、年々増加傾向にあります。

TikTok(ティックトック)のような最新アプリやVR技術は、すべて動画コンテンツと関係しています。

少しずつ動画を作りチャンネル登録者数を増やしておけば、自分のアカウントを広告媒体として企業に提供できます。

他にも、SNS広告やリスティング広告(PPC広告)など、さまざまな集客方法があるので、ひとつの集客手段がダメになっても対応できる状態を作りあげましょう。

アフィリエイトで注意すべき未来予測

アフィリエイト Google

これからアフィリエイト市場でコンテンツを作るにあたり、ペナルティを受けたくないのであれば、YMYLに注意して、E-A-Tを強く意識してください。

ここでは、Googleが注意喚起するYMYLやE-A-Tについてご説明します。

YMYLに注意する

Googleの検索品質評価ガイドラインを読むと、YMYLに注意するべきだと紹介されています。

YMYLは、Your Money or Your Lifeの略称で、健康や将来の幸福、経済的な安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるコンテンツページのことを指しています。

YMYLの要素が含むコンテンツは、検索ユーザーの人生に大きな影響を与えてしまいます。

そのため、高い品質が求められるんですね。

今後、下記のようなYMYLページは、これまで以上に高い専門性が求められます。

  1. 金融取引やインターネットショッピングに関するページ。
  2. 税金や投資、不動産などの金融情報に関するページ。
  3. 債務整理や親権、離婚、市民権、刑事罰などの法律情報に関するページ。
  4. 災害対応サービスや最新のニュースなどに関するページ。
  5. 国際的な出来事などの公式情報に関するページ。

このように、人生に大きな影響を与える要素のあるコンテンツは、非常に高い専門性が求められるため、情報収集に手間がかかります。

そのため、アフィリエイターが少し勉強した程度では、簡単に攻略することはできないでしょう。

E-A-Tを意識する

Googleは、検索品質評価ガイドラインのひとつの評価基準として、E-A-Tの重要性を強く打ちだしています。

これは、下記の英語の頭文字から形成される言葉です。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

 

コンテンツを作る際、検索キーワードや内容の関連性、被リンクやメインコンテンツの質の高さを意識することも大切ですが、専門性や権威性、信頼性を考慮することを忘れてはいけません。

特に、専門性を強く意識したコンテンツページは、自然と信頼性や権威性を獲得していきます。

検索ユーザーが求める専門的なサイト作り目指し、Googleからの評価を高めることができれば、検索結果で上位表示できるでしょう。

今後の見通しは?

アフィリエイト Google

今回、健康アップデートによって、検索順位の大変動がありました。

その結果、アフィリエイトの将来性について、不安に感じている方もいるでしょう。

今後、Googleアップデートにより、どのように市場が変化していくのか、何を意識していれば、アフィリエイターとして生き残ることができるのか、将来の見通しについてご説明します。

健康アップデートの余波はある?

健康アップデートが実施された結果、医療系や健康系のジャンルを取り扱うことができなくなりました。実際に、今回のアップデートで大部分のアフィリエイターが撤退し、新規参入が難しくなっています。

おそらく、Googleのエンジニアたちからすれば、健康アップデートは大成功だったといえるでしょう。

今後の検索エンジンの動きを見て、他ジャンルでアップデートを実行に移す可能性は高く、定期的にアフィリエイトサイトの掃除を実施していくでしょう。

今後他ジャンルにアップデートはある?

決定事項ではありませんが、いずれダイエットや薄毛、脱毛関連のジャンルも、厳しい取り締まりがはじまるでしょう。

なぜなら、YMYLは、Googleが問題視しているジャンルだからです。

そのため、債務整理に関する法律サイトやクレジットカードなどの金融サイトが一掃されるのも時間の問題ではないでしょうか。

アフィリエイトで収益性の高い市場は、儲けることしか考えていないサイトが乱立しているため、専門性がなければ生き残れないでしょう。

リスク分散を意識する

私は、現在、ASPを中心としたサイトアフィリエイターですが、常にリスク分散の意識をもっています。

そのため、トレンドアフィリエイトやアフィリエイターのコンサル、膨大なペラサイトの量産などを、定期的に実施しています。

もちろん、すべてが収益につながったわけではありません。

収益の発生場所をさまざまなところに分散しておけば、ひとつがダメになっても生き残れるため、うまくいっているときこそ次々と同時並行で作業に着手していきましょう。

まとめ

Googleの健康アップデートでアフィリエイトサイトの検索順位は、大きく変動しました。

今後、YMYL関連の市場で収益を得るアフィリエイターは、アップデートによって厳しい選択を迫られることになるでしょう。

しかし、収益源をGoogleアドセンスやYouTubeによる動画コンテンツ、アフィリエイターのコンサル業などに分散していれば、厳しい時代もサイト運営者として乗り越えていくことができます。

まだまだ、Googleの規制の緩い市場は、たくさんあるので、自分の強みが生かせる商品ジャンルを見つけて記事を作り、収益の柱を伸ばしていきましょう。