セールスライティングとは|3つの型に当てはめる書き方と具体的な学習本

セールスライティング

WEBライティングをする方なら「セールスライティング」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

しかし、具体的にセールスライティングの意味や詳しい書き方などを理解している人は多くありません。

ですが安心してください。

そんなに難しいものじゃありません。

この記事ではセールスライティングを3つの型(フレームワーク)に当てはめるだけの書き方と記述例、さらに具体的に学習出来るおすすめの本をご紹介します。

実際に私も購入して学習した本ですのでレビューします!

KYOKO

アフィ太

楽しみです!

セールスライティングとは

セールスライティングとは

そもそもセールスライティングって何でしょう?

  • WEBライティング
  • セールスライティング
  • コピーライティング

上記のようなものはよく聞く言葉です。

ここでは、代表的なセールスライティングとコピーライティングの違いについてお話しします。

セールスライティングとコピーライティングの違い

セールスライティングとコピーライティングの違い

とても簡単にざっくり伝えると

セールスライティング → 営業トーク

コピーライティング → ブランディング・イメージを伝えるための文章

基本的には、コピーライティングとセールスライティングはとても似ています。

もともとは「コピーライティング」と言うものしかなかったのですが、差別化するために造語として「セールスライティング」と言う言葉ができたそうです。

ですので大元は一緒と言う事ですね。

セールスライティングの特徴

セールスライティングの特徴

ですが現在の認識としては、セールスライティングは物売るための営業トーク的存在。

つまり最後にはクロージングをし、「購入」という行動を促すためのライティングということです。

サイトアフィリエイトかブログアフィリエイト、どちら寄りか?と言われれば、収益に直結するサイトアフィリエイトよりのライティング方法になります。

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違いがわからない方はこちらの記事を参照にしてください。

初心者がアフィリエイトするならサイトとブログどっちが稼げる?アイキャッチ初心者がアフィリエイトするならサイトとブログどっちが稼げる?【断定】おすすめなのはこっち

営業トークの流れ
【冒頭】
挨拶
【問題提起】
問題点を炙り出す・不安を煽る・YESを引き出す
【本題】
問題提起であげた内容を解消できる話を提示
【強化】
同じ立場の第三者の体験談・問題解決の具体例やシュミレーション
【クロージング】
契約書記入

セールスライティングでは、リアルの営業トークを文章に変えたものです。

コピーライティングの特徴

コピーライティングの特徴

コピーライティングは「イメージ付けのための文章」つまり、ブランディングのためのライティングとも言い換えることができます。

「キャッチコピー」といえばイメージがつきやすいでしょう。

有名企業のキャッチコピー例
  • 心と心で、つながる未来へ【ワタミ株式会社】
  • 愛は食卓にある。【キユーピー株式会社】
  • そうだ、京都、行こう。【 JR東海】
  • お、ねだん以上。ニトリ【ニトリ】
  • きれいの、その先にあるもの。【コーセー】

このキャッチコピーを聞くだけで、会社名が頭に浮かぶはずです。

ですがこのキャッチコピーを聞いただけで、そこの商品を買おうとは思わないですよね?

「お、ねだん以上。ニトリ」→「よし!ソファーを買いに行こう」

こうはならないはずなんです。

ですが企業を象徴しつつ、ブランドイメージを向上させるためには効果抜群です。

直接の購入にはつながらないけれどブランディングには効果的な文章

それがコピーライティングです。

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトでいえば、作者のブランディングを主とするブログアフィリエイトにコピーライティングは向いています。

【豆知識】WEBライティングとは

言うまでもなくWEBに特化したライティング方法のことです。

 

WEB上の文章では、多忙なインターネットユーザーを想定し起承転結を持たない文章が推奨されています。

 

他にも、WEBライティングならではの見出しの書き方や、上位表示するためのSEO的観点を含めたライティングをしていかなくてはいけません。

 

WEBライティングのオススメ本はこちらの記事で紹介しています。

アフィリエイトを勉強するのにおすすめの本【13選】アイキャッチ【永久保存版】アフィリエイトを勉強するのにおすすめの本【13選】

アフィ太

セールスライティングは、サイトアフィリエイト以外では使わないんですか?
他にもいろいろなところで使われていますよ!

KYOKO

セールスライティングの使用例

セールスライティングの使用例

セールスライティングを使う場合は、サイトアフィリエイト以外でも多々あります。

商品やサービスを「購入」「契約」して欲しい場合には、全てセールスライティングを使うでしょう。

手紙のようにダラダラ書いても売れませんからね。

KYOKO

しっかり論理建てて、購買心理に則ったセールスライティングを使う例としては、メルマガ・ダイレクトメール・ ランディングページなどで使うことが多いでしょう。

メルマガ

メルマガ

メルマガは、購読者に直接読んでもらえる手紙のようなものです。

ただ単にコミュニケーションを取る場合もあるかもしれませんが、ここで商品を紹介する場合もあるでしょう。

直接届くメールでも、読みやすく購買意欲をかき立てられるような文章でなければ商品は売れません。

ユーザーが検索してたどり着くのではなく、メールが勝手に送られてくるわけですから、タイトルも魅力的でなければ開封すらされません。

やはり、ここでもセールスライティングのスキルが必要ですね。

ダイレクトメール【DM】

ダイレクトメール【DM】

チラシ等が直接自宅に届く事はありませんか?

あれはダイレクトメールと言って、たまたま受け取るチラシとは違い、ユーザーへ直接送られてくる宣伝用のチラシです。

もちろん商品を売る目的があるわけですから、ダイレクトメールにもセールスライティングの技がちりばめられています。

ランディングページ(LP)

ランディングページとは着地点のことを指し、ユーザーが最後に「購入」という行動を起こしてもらうための販売ページのことをいいます。

これは生協のパルシステムの販売ページですが、これももちろんセールスライティングを使っています。

生協lp

とても縦長なので全部は載せられませんでしたが、興味ある方は見てみてください。

引用元:https://www.pal-system.coop/goannai/otameshi

こんな感じになっています
  1. どれだけお得なのかを提示
  2. 商品のラインナップ【それぞれの特徴とメリットを紹介】
  3. もう一度どれだけお得なのかを提示
  4. 補足事項

アフィ太

セールスライティングはいつもこの流れなんですか?
3つの型がありますよ!

KYOKO

セールスライティングを3つの型から学ぶ

セールスライティングには、3つの型があると思っています。

そのテンプレートに当てはめて、ライティングしていくことで、「購入」のフェーズまで押し売り感なく導くことができます。

PREP法でライティング

 

PREP法

PREP法はセールスライティングの中でも基盤となるライティング方法です。

大枠は以下のような順序となります。

PREP法大枠
  1. 総論
  2. 各論
  3. 結論

②の各論の中で①の理由や具体例を詳しく記述していくこととなります。

そして、最後にもう一度結論づけて「行動」に結びつけます。

AIDMAの法則でライティング

 

AIDMAの法則

AIDMAの法則はサイトアフィリエイトの様々な場所で活用できますが、セールスライティングにも使うことができます。

AIDMAの法則
  1. リード文
  2. 問題提起
  3. 問題解決
  4. ベネフィット
  5. アクション

①から読み進めて④まで見た時には、既に購買意欲は高まった状態にあります。

アフィリエイトであれば最後の⑤で、そっとアフィリエイトリンクを置いておくだけでも成約しますね。

PASONAの法則でライティング

PASONAの法則

PASONAの法則もセールスライティングではよく使います。

PASONAの法則
  1. 問題提起
  2. 問題を煽る
  3. 解決方法を提示
  4. 限定性を持たせる
  5. アクション

どちらかというとネガティブキーワードの答えを返すときは、このようなテンプレートになるかなと思います。

ネガティブな問題点を起点として、悪い要因から良い対策へ反転させることで一気に安心感を与えるライティング方法です。

アフィ太

大体わかりましたが、もっと具体的に知りたいです!
私のおすすめのセールスライティングの本を紹介します!

KYOKO

セールスライティングの学習におすすめの本【レビュー】

セールスライティングの学習におすすめの本【レビュー】

これから紹介するのは全て私が実際に購入し、セールスライティング学習した本です。

かなり具体的に書き方が載っているものもあるので、おすすめです。

【10倍売れるwebコピーライティング】

【10倍売れるwebコピーライティング】

バズ部が出しているセールスライティングの本です。

ここで紹介している本の中で最もセールスライティングに特化した本ですね。

他の本はwebライティング全般の章もあったりしますが、これは記事構成の中で「どの部分ではどのように書けばいいか」ということにフォーカスした内容になっています。

ですので、SEOライティングについては触れていません。

ライティングの本を出版しているだけあってとても読みやすく、初心者の方でも理解しやすい内容になっています。

【SEOに強いwebライティング〜売れる書き方の成功法則64〜】

SEOに強いwebライティング〜売れる書き方の成功法則64〜

この本は私と同じ認定SEOコンサルタントのふくだたみこさん著のライティング本です。

SEOのスペシャリストですから、SEOにまつわるライティング方法についても学べます。

例えば...

1ページ1キーワードの概念

タイトルタグとディスクリプションの最適化

見出しタグの書き方

キーワード出現率

セールスライティングももちろんですが、WEBライティングに役立つ文章術についてかなり詳しく書かれています。

【SEOに効く!webサイトの文章作成術】

SEOに効く!webサイトの文章作成術

こちらもふくだたみこさん著のライティング本で、全日本SEO協会の代表理事である鈴木将司氏の監修になっています。

こちらもSEOの観点をから見たライティングテクニックを主軸に実際の事例を踏まえて詳しく解説されています。

心理学的な要素も踏まえて解説されているので、

  • どのような文章を書いたら共感されるか?
  • どのような構成で書けば購買意欲を高められるか?

このようなことも学べるでしょう。

【ウェブセールスコピーの法則】

ウェブセールスコピーの法則

こちらはマリア・ヴェローソ著で、寺本隆裕監訳のセールスライティング本です。

こちらはどちらかと言うと、技術的な内容ではなくセールスライティングの概念について述べられています。

例えば...
  • 催眠効果のある言葉で人を説得する方法
  • 相手の心を変化させる方法

など心理的側面に寄り添いながらライティングの概念について解説されています。

セールスライティングの型や具体的な書き方などは載っていないので、時間がある時に読んでみるのおすすめします。

【KYOKO式・WEBライティングの基礎講座】

KYOKOアフィリエイトNEXTセールスライティング

こちらは私が運営してます、月額制マガジンサイト「KYOKOアフィリエイトNEXT」ライティング講座になります。

今回ご紹介した本意外にも、ライティング系の本はかなり読破していますが、これらの共通点や良い所をKYOKO式に体系化した内容をNEXTのライティング講座では解説しています。

SEO的な観点からセールスライティングの型・記事を書く際のテクニックまで、かなり具体的に公開しています。

「記事のここの部分には、このような要素の文章を書きます」

とか

「メインコンテンツは、このようにまとめていきます」

など、解説している通りに当てはめてライティングするだけで、分かりやすく読みやすい尚且つ商品が売れるセールスライティングを書くことができるはずです。

興味のある方はどうぞ。

アフィリエイトNEXTボタン