「 お金がない」と嘆く主婦の最強やりくり法【絶対的対策】

「 お金がない」と嘆く主婦の最強やりくり法

「お金がない」という悩みは、主婦にはつきものです。

たいていは主婦が家計のコントロールをしており、どちらかと言うと主婦である女の方が「お金がない」というストレスを感じることが多いのではないでしょうか?

お金がないとストレスを発散しに行くこともできませんし、将来も不安になり心に余裕がなくなります。

ただ【主婦】と言う立場上、広い範囲での解決方法が見つかりにくいのも現状です。

  • 家事や子育てをせずバリバリ働くこともできません。
  • 女性というだけで雇用される範囲も狭められます。

私も3人の子供を育てる主婦ですが、お金がない時代を乗り切ってきました。

現在では様々なサービスを運営しており、有難いことにお金に苦労はしていません。

私の運営サービスはこちら

KYOKO運営サービスまとめアイキャッチKYOKO運営サービスまとめ(kyoko塾・DASHプラチナム・アフィリエイトNEXT・ブログ・YOUTUBE・SNS)

正直なところ、お金がない原因と対策は2つだけしかありません。

それは専業主婦であってもパート主婦であっても同じで、驚くほどシンプルです。

主婦が「お金がない」原因は2つしかない

主婦がお金がない理由

主婦が「お金がない」と言う原因はシンプルに以下の2つです。

  1. 支出が多い
  2. 収入が少ない

具体的にどのような状況か見ていきましょう。

支出が多い

まずお金がない原因として「支出が多い」というのは、大きな割合を占めているのではないでしょうか?

2019年に総務省によって行われた家計調査報告では、1世帯あたり(2人以上)の消費支出は300,901円と統計が取れています。

2019年に総務省によって行われた家計調査報

その出費の中でも内訳として高い出費額を示すのが、

  • 食費
  • 交通・通信費
  • 教養娯楽費

です。

内訳として高い出費表

引用元:https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf

これは一般的な数字になるので万人に共通するかはわかりませんが、食費・通信費・娯楽費は意外と家計の大きなパイを占めていたりします。

収入に対してこの辺の出費が思いのほか大きい場合は、もちろん「お金がない状況」になるのは目に見えていることです。

収入が少ない

収支のバランスっていうと、出ていくお金だけではなく収入の額も問題になってきます。

収支のバランス

引用元:https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf

こちらも2019年に行った総務省の統計になりますが、1世帯あたり(2人以上)の実収入の金額は481,035円になっています。

これは旦那さんのお給料と主婦である奥さんのお給料を合わせた金額ですね。

支出が多くても、この収入の額が高ければ「お金がない」とはならないはずなんです。

ただただ一般的な数字でいっていますが、平均収入481,035円に対して、平均支出額が300,901円となれば、毎月18万円も貯金できる計算になりますよね。

なのになぜお金がない状況になってしまうのか?

それはやはり収入が少ないか、出費が多いかのどちらかしかあり得ません。

では、どうしたらそんなお金がない状況から脱却できるのかその方法を解説します。

「お金がない」を脱却する主婦のやりくり方法

これも簡単に言うと2つしか方法はありません。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

ただこれらを多方面から制限のある主婦がどのように行うのか?が1番の問題点なんです。

アフィ太

本当にシンプルですね。
具体例を上げていきますね。

KYOKO

お金を稼ぐ【収入を増やす】

単に収入を増やすといっても、既にパートに出ていて限界まで頑張っている主婦の人もいるでしょう。

そもそも何らかの事情で外に働きに出る時間さえもない主婦の方もいるでしょう。

しかし、そんな中でもお金を稼ぐ方法はあります。

内職で稼ぐ

アフィ太

内職かぁ・・・たいした金額は稼げないのではないですか?
いえいえ、そんな事はありませんよ。

KYOKO

一口に内職といっても家でできる仕事の中には様々なものがあります。

今はインターネットも発達しており、昔のようなイメージの内職とはかけ離れています。

ハンドメイドで作ったものを、ネットショップで販売することもできます。

1個3000〜5000円でも作った品物を売る事が出来ます。

ミンネ公式サイトカバン画像

 

出典:https://minne.com/

ハンドメイド商品の売り買いができるminne(ミンネ)では、上記のような手作りのクッションなども販売することができます。

もちろんクッションだけではなく、雑貨や小物なども販売することができますよ。

物づくりが好きならこのような内職で収入を増やすのもありですね。

ミンネリンクボタン

他にも自宅にいながら収入を増やす方法として

  • アフィリエイト
  • ライター
  • アンケートモニター

など主婦が時間を有効に使えるお仕事もあります。

こちらの記事で主婦でも在宅で収入を得る方法を詳しく解説しています。

主婦・副業アイキャッチ【最新保存版】主婦におすすめの副業8選※気になる税金も解説

私も最初は、アフィリエイトやせどりなどから始め収入を得ていました。

KYOKO

これ以上仕事の時間を増やすことができないパート主婦の方でも、外に働きに出ることができない専業主婦の方でも、インターネットを使って隙間時間を利用し収入を増やすのが得策です。

  • 仕事している時間を増やすことが難しい
  • 外に働きに出ることが難しい

そこに現代の強い味方であるインターネットを掛け合わせることで無限大になります。

主婦の内職だけでなく、今はどんな業種の仕事であってもインターネットを掛け合わせないことのほうが少ない気がします。

不用品販売

何か新しいことを始めるのが不可能な場合でも、手っ取り早く収入を得る方法があります。

それは自宅にある不用品を販売することです。

「こんなもの欲しい人がいるのか?」という物も結構需要があったりするんですよね。

古本や電化製品の部品、使わなくなったおもちゃやフィギュア、中古のゲームソフトなんかも売れます。

ヤフオクやメルカリでいらなくなった物をまとめて売るのも良いですが、出品作業さえできてしまえば、ネット上で安い商品を仕入れて販売することもできます。

アフィ太

せどりですね。
そうです。

KYOKO

物以外にも、スキルの売買もできます。

ココナラでは自分の得意なことや知識・経験を活かして困っている人にサービスを提供することで収入を得ることができます。

新たに仕事を探したり仕事の時間を増やしたりするよりよっぽど効率的です。

ココナラリンクボタン

お金を使わない【支出を減らす】

「お金がない状況」を脱却するためには、収入を増やすだけでなく支出を減らすのも重要です。

前述した、総務省の統計では、

  • 食費
  • 交通・通信費
  • 教養娯楽費

これらが出費の大きなパイを占めているとなっていましたが、育ち盛りの子供が居る家庭などでは食費を削るのは反対です。

もちろん超贅沢な食事をしている場合は見直す必要がありますが・・・

KYOKO

他にも支出を抑えるために見直すべき項目はあります。

通信費は意外と高い

スマホなどの通信費は、支出の中でもかなり高額なのではないでしょうか?

総務省の調べによると大手キャリア(ドコモ・Au・ソフトバンク)の平均利用料金は約8,000円と言われています。

「〇〇割」と様々なプランがあり、お得感があるかもしれませんが、人数分のスマホ代金はかなり家計を圧迫します。

これは格安SIMなどを使うことによって半額以下に抑えられますね。

例えば、これは格安SIMで有名な「mineo(マイネオ)」です。

マイネオ公式サイト

大手キャリア3つに対応し、SIMカードを取り替えるだけで月額1,310円から利用することができます。

俗に言う「2年縛り」と言う継続期間もないので、支出を抑えるためにすぐにできることですよね。

わざわざ大手キャリアを持っている理由がありません。

KYOKO

マイネオリンクボタン

生命保険料も意外と高い

意外と大きな金額を支払っているのは、生命保険もそうです。

私個人の考えですが、まだ起こってもいない未来の事にビクビクして高い金額を払うほどバカバカしい事はないと思っています。

もしものために備えてかけておく保険の金額は、最低限で良いのではないでしょうか?

思いのほか自分に不必要な特約等がついた高い保険に入っていたりしませんか?

貯蓄機能が付いた保険なんかも、保険料が高いばかりであまり意味がないと思います。

一度よく考えて、自分に合った保険を見直すことで支出を大きく減らすことができますね。

住宅ローンを見直す

持ち家などをローンで購入した方は住宅ローンを見直すのも1つです。

今よりも低い金利のローンがあるのであれば借り換えをすることで出費を軽減させることができますね。

今ではオンライン上で全国124金融機関の中から最も低い金利のローンを探すことができるサービスもあります。

モゲチェックプラザ

このようなサービスを活用して住宅ローンを軽減できるかどうか確かめてみましょう。

モゲチェックのリンクボタン

【ストレスは最大の敵】お金がなくても大切にすべきもの

【収入を増やし支出を減らす】当たり前ですが、これがお金がない状況を脱却するための方法です。

ですが、お金にばかりとらわれて大切な物をなくしてはいけません。

お金を稼ぐこと一色になり「節約!節約!」と目の色を変えていれば、とにかくストレスが溜まります。

どんなにお金がなくても絶対にゆずれないものは明確にしておきましょう。

お金がなくても子供との時間を大切にする

お金がない悩みを解決したい理由は、主婦の場合だとおそらく「家族や子供の幸せ」ではないでしょうか?

私もアフィリエイトを始めたばかりの頃、がんばりすぎるあまり子供との時間を犠牲にした時もありとても複雑な思いをしました。

「自分はすごくいけないことをしているのではないか・・・」そのように思ったものです。

主婦といえば、大抵の場合は子育てをしていると思いますが、家族・子供の幸せは主婦であるお母さんの心1つといっても過言ではありません。

私自身は何よりも時間を大切にしています。

【時間】や【体験】【思い出】は何にも変え難いですよね。

「お金がない状況を脱して何がしたいのか」その本来の目的を忘れてはいけませんよね。

ある物に目を向ける

人間は、欲求の塊のような生き物で

レベル1が満たされれば次はレベル2

レベル2が満たされればレベル3

というように、どんどん欲求の度合いは高まっていきます。

レベル2に達したときには、レベル1で感じていた高揚感や満足感、達成感などが鈍ってきてしまうものです。

そうした時に「もっともっと」と次の段階の欲求を満たしたいと思うようになります。

そうなると、今自分の目の前にあるマイナスの要素に目が行くようになります。

「あぁこれさえなければ実現できるのに・・・」

「これがこうなっていれば叶うのに・・・」

ない現実に思いを馳せ、今手に入っている現実(ある物)に目が行かなくなってきます。

こちらの動画でも解説していますが、ペットボトルに入っているお茶の部分ではなく、飲んでしまった空の部分にばかり目を向けているということなのです。

・もうこんなにも飲んだしまった

・まだこんなにお茶がある

どう思うのかによって、次の行動が変わりますし、精神の安定感も変わってきます。

上を見れば切りがありません。

今、自分が手にしているある物に目を向けて見ましょう。

見返してみると今、ある物が他に代えがたいものが既に眼の前にあるということもあるでしょう。

まとめ

最近では、専業主婦の方からの問い合わせも多く頂いております。

  • お金がなくて生活が困窮している
  • 旦那にお金がないことが言えない
  • 子供がいてパートに出る時間もない
  • お金がないことばかり考えてしまう

こういった心の叫びを私も実際に感じ、体験したからこそ痛いほどわかります。

自宅で、主婦がお金を稼ぐ方法
  • アフィリエイト
  • 内職
  • ライター
  • ハンドメイド
  • 転売

自宅で、子育てをしながら主婦がお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

私も女性起業家の1人として、これからも発信できればと思っています。

今、悩んでいることばかりに気を取られストレスに感じている時間は非常に無益です。

なにか今できることはないか一歩踏み出してみることも大事ですね。