【へテムルサーバー】移管の手順を詳しく解説|新サーバーへの引越し方法まとめ

【へテムルサーバー】移管の手順を詳しく解説レンタルサーバーhetemlでは、無料で独自SSL化設定が行えます。

ですが、サーバー契約した時期が2016年10月以前ですと、新サーバーへの移設(変更)が必要となります。

自分が使用しているヘテムルサーバーの環境が、旧サーバーか、新サーバーかは、ヘテムルコントロールパネル(右上)にあります Web サーバーの番号で判断が出来ます。

ftp・・・旧サーバー

user・・・新サーバー

今回の記事では、利用中のヘテムルサーバーが旧サーバーだった場合、新サーバーへの移管方法について詳しく解説していきます。

【へテムルサーバー】旧サーバーから新サーバーへの移管

新サーバーへの移管(移行)は、全て完了させるまでに時間を要します。

作業は開始から30日以内に完了する必要があるので、時間を確保できる期間に進めて行きましょう。

新サーバー移管の手順

手順1
ファイルのダウンロード

移管前のサーバーを自分のパソコン内(ローカル)にバックアップしていきます。

データのバックアップはFTPソフトを利用します。

ここではFileZillaを使用してデータをダウンロードしていきます。

FileZillaの使い方は下記サイトをご確認ください。

参考 超初心者向け!FileZilla(ファイルジラ)の使い方テックアカデミー

  1. FileZillaから旧ヘテムルサーバーにログイン

  2. 引っ越しを行うデータを自分のパソコン内にダウンロード 

セキュリティーの面からも、使用していないファイル・フォルダ・プラグインなどは先に削除を行いましょう。

注意
WordPressを使っている場合、SiteGuardというセキュリティ用のプラグインのファイルは、ダウンロードエラーが多発します。バックアップデータを自分のパソコン内にダウロードする前に削除もしくは停止しておきましょう。
手順2
「新サーバー移設」から移設操作
「新サーバー移設」から移設操作コントロールパネル右下の「新サーバー移設」をクリックします。

新サーバー移設のページ最下部の「移設を開始する」をクリック。

「移設を開始する」をクリック。

  • このボタンをクリックしても旧サーバーは利用継続出来る状態です。
  •  移設先へのアクセスが可能になります。
  •  30日以内に作業を完了させなければいけません。
  • 移設中の新規のドメインの設定・インストールなどは行えません。
手順3
新サーバーにアップロード

新サーバーにアップロードFileZillaから新ヘテムルサーバーにログインし自分のパソコンに保存した旧サーバーのフォルダ・ファイルを、新サーバーにアップロードしていきます。

CHECK
新サーバーのFTPアカウントは、新サーバーのコントロールパネル(管理画面)から確認が出来ます。
手順4
表示の確認
アップロードが完了したものは、公開前に表示を確認していきましょう。
手順5
新サーバーに切り替え
新サーバーに切り替え全ての作業終了の確認が出来たら「移設を完了する」をクリックしましょう。
  • 前術しましたが、作業を始めてから30日以内に完了させる必要があります。
  •  今後、旧サーバーへのアクセスは出来なくなります。 

新サーバーに移管することのメリット

少し手間ではありますが、新サーバーに移管することのメリットは、ssl化だけではありません。

スペックが大幅アップ

価格はそのままで、容量が300GBに増量されます。

CPUは12コアから20コアへアップされます。

自動バックアップ機能

無料でバックアップ保存してくれる機能があります。

速度の改善

PHPを利用するプログラムは従来に比べて、大幅な速度改善が期待できます。

無料でssl化

無料でSSL化が可能となります。

SEOの効果が期待できる上に、ユーザーに安心して閲覧して頂く事が出来ます。

この様に環境を大きく改善できるとなれば、新サーバーへの移管をしない手はないかと思われます。

まとめ

【ヘテムルサーバー】新サーバーへの移管方法について解説してきました。

簡単に表すと

旧サーバー → 自分のパソコン → 新サーバー

という引っ越しをしていきます。

少し手間ではありますが、環境改善にかなり大きく違いが出てきます。

手順を追って、新サーバーへの移管を完了させましょう。