【ヘテムルサーバー】アクセス制限をする方法|BASIC認証の手順を解説

【ヘテムルサーバー】アクセス制限をする方法

ヘテムルサーバーにはアクセス制限を簡単にする方法として、BASIC認証があります。

アクセス制限をかける事によって次のような事に役立ちます。

  • セキュリティの強化
  • 会員制のサイトなどの運営
  • 公開前のサイトの管理

今回の記事では、アクセス制限(BASIC認証)を設定する手順を解説していきます。

アクセス制限(BASIC認証)とは|設定の手順

アクセス制限(BASIC認証)とは|設定の手順

アクセス制限とは、設定したサイトを閲覧する際に、パスワードなどの入力を求める認証画面を表示させる機能です。

パスワードなどの入力を利用したアクセスの制限方法を「BASIC認証」と言います。

では、設定の手順を確認していきましょう。

アクセス制限の設定手順

手順1
①コントロールパネルにログイン
手順2
②「アクセス制限」をクリック
「アクセス制限」をクリック
手順3
③「新規作成」をクリック
 
手順4
④「アクセス制限の作成」ページが表示されたら、

・アクセス制限フォルダ

 設定したいフォルダの、webより下を記入します。

・認証フォームタイトル

 認証フォーム(ログイン画面)に表示されます。

 半角の英数字での入力が望ましく、日本語で入力した際は文字化けしてしまいます。

・アカウント名

 認証フォームの「ユーザー名」の部分に記入します。

・パスワード

 認証フォームの「パスワード」の部分に記入します。任意のパスワードを入力します。

手順5
⑤「作成する」をクリック
 
手順6
⑥「処理を実行してもよろしいですか?」と表示さされたら「OK」をクリック
 

以上で、アクセス制限(BASIC認証)の設定は完了となります。

アクセス制限設定の確認

上記のアクセス制限が実際に設定できているか確認していきましょう。

手順1
「アクセスポイント制限完了」画面の「戻る」をクリック
 
手順2
アクセス制限を設定したフォルダにアクセス
 
手順3
認証のフォームが表示されたら、

・アカウント名

・パスワード

を入力して「OK」クリック

ページを開くことが出来たら、正しく設定が行われている事になります。

まとめ

アクセス制限(BASIC認証)は、サイトに訪問してきたユーザーに、認証画面を表示させる機能です。

設定の手順も簡単なので、便利に利用して行きましょう。