ネットで稼ぐ仕組み|本質は自動化する事にあり【レバレッジをかけよ】

ネットで稼ぐ仕組み|本質は自動化する事にあり【レバレッジをかけよ】この記事ではネットで稼ぐ仕組みについて詳しく解説していきます。

そもそもこの記事を読んでいる方は、ネットで稼ぐと言うこと自体、半信半疑なのではないでしょうか。

ネットでお金を稼ぐ方法もいろいろで種類によって多少その仕組みは変わってきますが、根本は一緒です。

その仕組みをしっかりと理解することで、怪しさを払拭して自分に合った方法を見つけてみてください。

ネットで稼ぐ仕組みはビジネスの種類によって違う

ネットで稼ぐ仕組みはビジネスの種類によって違う

ネットビジネスの種類によって多少、仕組みも変わってきますが概ね分類としては以下のようなビジネス構成になっています。

  • 直接販売
  • 商品紹介
  • クリック型広告

1つずつ見ていきましょう。

直接販売

直接販売ネットを使って自分の商品を直接販売する方法です。

ネットビジネスの種類としては、SNSを使った情報発信や、自分をブランディングしたブログなどを使ってオリジナル商品を直接販売していきます。

趣旨としてはどのような媒体を使ったとしても同じで影響力の強さが鍵を握っています。

  • SNSでいえばフォロワー。
  • ブログでいえばPV数。
  • メルマガを使うのであれば読者数。

「どれ位の人にリーチ出来て、どれ位信頼されているか」これによってその人の売り上げも大きく変わってきますね。

 商品紹介

 商品紹介逆に自分の商品を直接販売するのではなく、他社の商品を紹介することで紹介料を貰う仕組みの稼ぎ方もあります。

アフィリエイトがその代表ですね。

広告主が発売している商品を、自分のブログやサイトで広告主の代わりに宣伝してあげるお仕事です。

自分のブログやサイトに貼った広告から、広告主の商品が売れれば、報酬として規定の金額を稼ぐことができるという仕組みです。

アフィリエイトの仕組みについては以下の記事にかなり詳しくまとめてあるのでそちらを見てください。

アフィリエイトとはいったい何?アイキャッチアフィリエイトとはいったい何?|図解で具体的に解説

このような商品紹介をして稼ぐポイントとしては、【宣伝媒体の強化】これに尽きます。

宣伝媒体の強化方法
  • SEO対策をして検索上位を取る
  • 広告をクリックしてもらえるような魅力的なセールスライティング
  • 知名度を利用した信頼性に基づく集客

このようにして、広告主の商品を紹介する媒体にたくさんのユーザーを集めることができれば紹介した商品が売れる確率も高くなりますね。

アフィリエイト始め方

クリック型広告

クリック型広告クリック型の広告は直接自分の商品を販売するでもなく、広告主の商品をサイトで紹介するでもなく、「1-Clickいくら」と言う仕組みの稼ぐ方法です。

代表的なのはGoogleアドセンスですね。

Googleアドセンス広告を取得するためには、あらかじめ審査が必要なのですが、それに合格すると規定のサイトにアドセンス広告を挿入することができます。

ASPアフィリエイトとアドセンスの二刀流アイキャッチ【最強説】ASPアフィリエイトとアドセンスの二刀流で月7桁は簡単に行きます

ブログやサイト以外にもYouTubeに差し込むことで稼ぐこともできます。

これらクリック型広告で成功するためのポイントは【とにかくアクセス数を稼げ】これに尽きます。

そのための方法
  • トレンドアフィリエイト(流行のキーワードで記事を書く)
  • 有益な情報を記事にしてアクセスを集める
  • YouTubeであればチャンネル登録者数と再生数をあげる事

アクセスをたくさん集めることができれば、広告をクリックされる確率も高まります。

ネットで稼ぐ仕組みの本質は時間の有効活用

ネットで稼ぐ仕組みの本質は時間の有効活用「ネットを使って稼ぎたい」と思う気持ちの本質は、労働型収入から抜け出し人生を効率化したいからではないでしょうか。

自宅にいながらネットで稼ぐことができれば、朝早起きして出社し終電ギリギリで帰宅するよりも格段に時間の有効活用ができるはずです。

ですが前述した3つの仕組みは、それ単体では「時間の有効活用」とは程遠いでしょう。

ネットで稼ぐ仕組みの本質は、レバレッジをかけられるというところにあるからです。

何か1つの仕組みではなく掛け算が大事

アフィリエイトだけで稼ぐ場合、稼げるようになるまでは時間の有効活用どころか「時間の投資」が重要になってきます。

直接販売するにしても、ファンを獲得し知名度を上げ信頼関係を構築するまではものすごく作業をしなくてはいけません。

クリック型広告で稼ぐにしても、常に流行に目を見張りパソコンに張り付いて記事を書かなくてはいけません。

これでは労働収入と何ら変わりはありませんよね。

大事なのは掛け算です。

ネットの世界には3つのメディアが存在します。

  • 自分が所有するオウンドメディア(発信媒体)
  • 仲介者を購入するペイドメディア(広告)
  • 信頼や評判を獲得するアーンドメディア(SNSや掲示板などの拡散媒体)
トリプルメディアの活用
  • ブログ× SNS ×広告
  • 独自販売× YouTube ×広告
  • アフィリエイトサイト×掲示板×広告

などなど・・・

この3つのメディアは歯車のように噛み合い「1つが回れば他も回る」そんな風にできています。

例えば、とても人気のあるブログを育てることができればSNSと連携させることによってそちらのフォロワーも増えるでしょう。

フォロワーが増えて知名度が上がれば、広告はクリックされやすくなります。

商品が売れれば利益が出るわけなので、広告費へ、もっと予算を取れますよね。

予算が取れるようになれば記事のデザインや、ブログ自体のクオリティーにお金をかけることもできます。

そうすればもっとブログに人が来て・・・・・ここから同じ様に回っていきます。

このように自動的に歯車が回るような仕組みを作ることがネットで稼ぐことの本質です。

ネットで稼ぐ際のリスクと注意点

ネットで稼ぐ際のリスクと注意点このように書くとなんだか簡単そうに聞こえるかもしれませんが、ネットで稼ぐのがそんなに簡単な事なら、世の中は成功者ばかりですね。

そうです、そんなに簡単ではありません。

誰でも簡単に稼げると言うわけではないんです。

ネットで稼ぐにはある程度必要なスキルもあります。

以下の記事では、どんなスキルが必要なのかまとめてありますのでよかったら見てみてください。

個人で稼ぐ力を磨く3つのスキルアイキャッチ個人で稼ぐ力を磨く3つのスキル【脱会社依存の方法】

不労所得は有り得ない

まずネットで稼ぐための仕組みを構築するまでは努力が必要です。

なぜかネットビジネスを始めようとする初心者のほとんどが「不労所得を得られるのでは…」のような気持ちで参入してきているような気がします。

わからなくもないのですが、知識も方法も知らないゼロベースの初心者が努力もなしに突然稼げるようになる事は絶対にありません。

仕組みを構築するまでは、本当に大変なのでビジネスの意識を持って参入することをおすすめします。

怪しい情報とまともな情報の見極めが必要

ネットで稼ぐ系の情報は、上記のように不労所得的な要素を謳うキャッチコピーのオンパレードです。

なので、そのような認識をしてしまう人がいるのも当然なのですが、怪しい情報とまともな情報の見極めは絶対に必要です。

見極めのポイントとしては【楽に稼げる】というニュアンスが伝わるような情報は基本的にスルーすることです。

詐欺である場合がほとんどです。

ネットで稼ぐ仕組みのおさらい

ネットで稼ぐ仕組みについては大きく分けて3つの枠がありましたね。

  • 直接販売
  • 商品紹介
  • クリック型広告

それぞれの形式に該当するネットビジネスの種類がありますが、そもそもネットで稼ぐ仕組みの本質は「自動化すること」だとお話ししました。

そのためにはトリプルメディアを活用し、歯車が自動的に回るように仕組みを構築しなければいけません。

ネットで稼ぐ系の情報には注意点やリスクも伴いますが、ビジネスの意識を持って自分に合った仕組みを作っていきましょう。