【※無料期間あり】初心者におすすめのレンタルサーバー比較【安くWordPress運用できる】

【※無料期間あり】初心者におすすめのレンタルサーバー比較【安くWordPress運用できる】

この記事では、WordPressを使ったアフィリエイトを行う上で初心者でも使いやすく、安いおすすめのレンタルサーバーを厳選して比較していきます。

  • アフィリエイト初心者であれば資金面的にも安い無料期間ありのレンタルサーバー
  • 管理がしやすく使いやすいおすすめのレンタルサーバー
  • WordPressが運用できてセキュリティー対策のされた安全なレンタルサーバー

この辺がポイントになってくるかと思います。

私もアフィリエイターとして今まで10社程のレンタルサーバーを利用したことがありますが、上記のポイントを踏まえたおすすめのレンタルサーバーは厳選して3つあります。

これらのレンタルサーバーを使いWordPress運用をしていますが、他のものに比べて価格面・スペック面・サポート面・セキュリテイ面どれをとっても他のものよりおすすめです。

それでは1つ1つ解説していきましょう。

KYOKO

この記事の目次

初心者におすすめのレンタルサーバーの一覧

初心者におすすめのレンタルサーバーの一覧

 

ヘテムルサーバー

公式サイト

エックスサーバー

公式サイト

ロリポップサーバー

公式サイト

ワードプレス
簡単インストール


(プランによって違いあり)

無料SSL化

〇(有料もあり)

〇(有料もあり)

〇(有料もあり)

容量

200GB~(SSD)

200GB~(SSD)

10GB~(HDD)

転送量/日

80GB~

70GB~

40GB~

マルチドメイン

無制限

無制限

20~

データベース

70個~

50個~

1~

FTPアカウント

50個

無制限

1

自動バックアップ

無料
(最大14日間)

無料
(最大14日間)

有料
(7日間)

メールアドレス

無制限

無制限

20~

費用

・初期費用:2,000円
・月額:800円~

・初期費用:3,000円
・月額:900円~

初期費用:1,500円
月額:100円~

お試し期間

15日間

10日間

10日間

サポート

・電話
・メール

・電話
・メール

・電話
・メール
・チャット
(プランによって違いあり)

公式サイト

ヘテムルサーバー

公式サイト

エックスサーバー

公式サイト

ロリポップサーバー

公式サイト

レンタルサーバーの機能や仕様、料金など比較してみました。

それぞれに特徴があり、利用することでのメリットにも違いがある様です。

更に詳しく解説していきます。

【おすすめのレンサバ①】
へテムルサーバー〈使いやすさNO.1〉

【おすすめのレンサバ①】 へテムルサーバー〈使いやすさNO1〉

ヘテムルサーバーバナー

へテムルサーバーレビューへテムルサーバーを3年間愛用したKYOKOがレビュー【完全版】メリット・デメリットから特徴も

【料金】

 

ベーシック

プラス

初期費用(税抜)

2,000円

2,000円

月額費用(税抜)

800円~

1,600円~

無料お試し期間

15日間あり

15日間あり

【仕様一覧】

 

ベーシック

プラス

容量(SSD)

200GB

300GB

転送量 / 日

80GB

120GB

無料独自SSL

独自SSLオプション

マルチドメイン

無制限

無制限

サブドメイン

データベース

70個

100個

SQLite

メールサポート

電話サポート

設定代行

【動作環境】

 

ベーシック

プラス

独自CGI/Perl

PHP

Smarty

cron

SSI

Ruby

Subversion

Git

【FTP】

 

ベーシック

プラス

FTP アカウント

50個

50個

FTPS

FTP アクセス制限

heteml FTP

【ヘテムル】ファイルの簡単操作アイキャッチ【ヘテムル】ファイルの簡単操作|hetemlFTP(ファイルマネージャー)の利用手順

【WEBサイト運用支援】

 

ベーシック

プラス

簡単インストール

モジュール版PHP

OPcache

HTTP/2

自動バックアップ

バックアップオプション

アクセス解析

12ヶ月分

12ヶ月分

アクセスログ

30日分

30日分

アクセス制限

SSH

WebDAV

コンテンツキャッシュ

【メール機能】

 

ベーシック

プラス

メールアドレス

無制限

無制限

メール容量(Webも含む)

200GB

300GB

メール転送

10件

10件

POP/SMTP/IMAP

メーリングリスト

最大15個

最大15個

メールマガジン

最大15個

最大15個

スパムフィルタ

ウィルスチェック

メール自動返信

メールソフト簡単設定

hetemail

heteml(ヘテムル)のメール設定方法アイキャッチheteml(ヘテムル)のメール設定方法|転送・迷惑メール対策・エラー総まとめ

【セキュリティ】

 

ベーシック

プラス

共有SSL

WAF

海外アタックガード

へテムルサーバーの特徴【使いやすさNO.1】

へテムルサーバーの特徴【使いやすさNO.1】

ヘテムルサーバーの特徴は、その使いやすさにあります。

ドメインの設定、契約や支払方法の確認・変更、機能の設定など、すべての操作はコントロールパネル(管理画面)から行われます。

このコントロールパネルがとても見やすく整理されている為、詳しい事が分からない初心者でも、利用しやすいレンタルサーバーと言えます。

更に、へテムスサーバーの使いやすさは、コントロールパネル以外にもあります。

詳しくまとめていきますので、一つ一つ確認していきましょう。

ドメインの設定が簡単で使いやすい

ヘテムルサーバーを運営する「GMOペポパ株式会社」は、レンタルサーバーだけでなくインターネットサービスを多数展開しています。

その中に、ドメイン販売会社である「ムームードメイン」があります。

ムームードメインで取得したドメインは、ヘテムルサーバーに簡単に設置できる設定がされています。

ムームードメインとヘテムルサーバーはドメインの相性がいい

通常ですと独自ドメインを取得する際に、設置するレンタルサーバーのネームサーバーを入力していかないといけませんが、ムームードメインの設定画面では「ヘテムルサーバー」を選択するとネームサーバーを手入力せずに進めることができます。

情報量が多くて使いやすい

ヘテムルサーバーを利用してサイトを運営していく中で、分からない事や知りたい情報が多く出てくると思います。

そんな時にも、ヘテムルサーバーは情報量が多いので問題が解決しやすいく、使いやすいサーバーと言えます。

マニュアルが分かりやすい

情報量が多くて使いやすい

ヘテムルサーバーのマニュアルは、細分化されていて知りたい情報が見つけやすくなっています。

 

設定の手順なども、画像などで説明がされているので、初心者向けの内容です。

 

マニュアルはログインしていない状態からでも確認する事が出来ます。

heteml ブログで知識が深まる

ブログで知識が深まる

ヘテムルブログ」にはマニュアルよりも幅広い情報がまとめられていて、より理解を深める事が出来ます。

 

ほとんどの事が「マニュアル」で解決されると思いますが、ヘテムルブログには検索窓もあるので、知りたい情報のワードを検索してみると関連する記事をピックアップしてくれます。

 

更に、用語集も「日本語」と「アルファベット」に分かれていて、分からない専門用語を調べる事も出来ます。

サポートが手厚い

サポートが手厚い

ヘテムルサーバーでは、全プランに「メールサポート」と「電話サポート」が付いています。


【メールサポート】

24時間受け付けているので、忙しい人でも利用しやすいサポートです。

 

更に、文章で返答してもらうことで、繰り返し確認する事が出来ます。

 

メールでの問い合わせは、「問い合わせフォーム」から行いましょう。


【電話サポート】

電話での問い合わせは、文章で説明が難しい初心者には嬉しいサポートです。

 

専門のスタッフに質問して、分からない事を解決していきましょう。

 

電話での問い合わせが出来るのは、契約者とお試し期間中の方のみとなっています。

お問い合わせ番号 03-6670-2522
受付時間 平日/10:00~18:00
(年末年始及び弊社指定休業日を除きます)

 

又、問い合わせの前に「よくある質問コーナー」を確認してみると、疑問をその場で解決する事が出来るかもしれません。

ネットの情報も多い

ヘテムルサーバーは、利用者の多い人気のレンタルサーバーなので、ネット上でもたくさんの情報が飛び交っています。

ネットで検索して、ユーザー目線の有益な情報も収集していきましょう。

【無料】ネットショップのサイトを運営するのに使いやすい

【無料】ネットショップのサイトを運営するのに使いやすい

ヘテムルサーバーでネットショップサイト運営するのに「カラーミーショップ for heteml」というサービスがあります。

カラーミーショップ for hetemlとは
  • 無料でネットショップを開店できる
  • 14万店以上の申し込みがあり、初心者から上級者まで利用者も多い
  • お洒落なテンプレートも、30種類の中から選べる
  • ブログサイトに「カート」を付ける事ができる
  • 決済方法も豊富

カラーミーショップ for hetemlには、アップグレード版の「カラーミーショップ」がありますが、まずは無料で利用できる「カラーミーショップ for heteml」を試してみてはいかがでしょうか。

カラーミーショップ for hetemlの作成が簡単

カラーミーショップ for hetemlの始め方は簡単です。

<作成の手順>

コントロールパネルから手軽に作成する事が出来ます。

手順1
ヘテムルコントロールパネルから「ネットショップ作成」をクリック
手順2
「インストール画面へ進む」をクリック
 
手順3
登録内容を入力したら「作成する」をクリック
手順4
内容を確認して「作成する」

これで、カラーミーショップ for hetemlの作成が完了です。

登録内容がメールが送られてきますので、確認しておきましょう。

へテムルサーバーでWordPress運用するメリット

へテムルサーバーでWordPress運用するメリット

ヘテムルサーバーを利用することで、ワードプレスのサイト運営も快適に行うことが出来ます。

インストールが簡単

ヘテムルサーバーには、WordPressを代表するCMSを簡単にインストールできる「簡単インストール機能」があります。

通常インストールに必要な、ファイルの配置や各種設定なども手間もなく、ワードプレスなどの導入をする事が出来ます。

インストール手順
手順1
コントロールパネルの「簡単インストール」をクリック
手順2
「簡単インストール」画面の各項目を記入
 

  • インストール先URL・・・プルダウンからURLの選択
  • データベース・・・「自動作成」にチェック
  • サイトのタイトル・・・ワードプレスのサイトタイトルを入力
  • ユーザー名・・・ワードプレスのログインに利用するユーザー名を入力
  • パスワード・・・ワードプレスのログインに利用するパスワードを入力
  • メールアドレス・・・頻繁に確認するメールアドレスを入力
手順3
入力が完了したら「インストール」をクリック
手順4
URLが表示されたら、URLをクリック
手順5
ダッシュボードが表示されたら、ログイン可能

ダッシュボードを「お気に入り」などに登録しておくと、次回からのログインが簡単に出来ます。

1つのサーバーで複数のサイト管理が出来る

ヘテムルサーバーのデータベースは、低いプラン(ベーシックプラン)でも70個利用する事が出来ます。

更に、マルチドメインは無制限に使用できるので、1つのサーバー契約で複数のワードプレスサイトを運営する事が出来ます。

【注意点】へテムルサーバープラン変更は可能?

【注意点】へテムルサーバープラン変更は可能?

ヘテムルサーバーを申し込む際に、注意する点はプランの選択です。

ヘテムルサーバーは一度契約してしまうと、プランの変更が一切できません。

もちろん上階へのプラン変更も同様です。

では、別プランに変更したいと考えた時はどうしたらいいのでしょうか?

別プランでのサイト運営する方法

プラン変更は出来ないので、新たにサーバー契約をし直さなければ行けません。

なので、今利用しているドメインを、新しく契約したサーバーに設定していくことになります。

少し手間ではいりますが、ネームサーバーの変更などは必要ないので、他サーバーへの移行よりは簡単に出来ます。

ヘテムルサーバーのプラン選択は慎重に行わなければいけない事が分かりました。

では、どのプランを利用するのがいいのでしょうか?

へテムルサーバーのおすすめプランは?

へテムルサーバーのおすすめプランは?

ヘテムルプランのおすすめは、ズバリ「ベーシックプラン」です。

おすすめする理由は、コスパの良さにあります。

十分なプラン内容なのに対して月額料が800円~と、他のレンタルサーバーと比較してもお得なプランとなっています。

ベーシックプランとプラスプランの価格の差は倍と大きく開きがありますが、利用できる機能や、サーバーの仕様には違いがほとんどありません。

2つのプランの違いを改めて確認していきましょう。

 

ベーシック

プラス

月額費用(税抜)

800円~

1,600円~

容量(SSD)

200GB

300GB

転送量 / 日

80GB

120GB

データベース

70個

100個

上記の部分がプランの差になりますが、下位であるベーシックプランの内容でどのくらいのサイト運営が出来るのかそれぞれ解説していきます。

容量(SSD)200GB
容量(SSD)200GB200GBの容量とは、Web、メール、データベースを合わせた物になります。

 

200GBとは、サイト運営して行くのに十分な容量なのか心配な人もいるのではないでしょうか?

 

WEBサイト(1ページ)の容量はそれぞれ大きく違うので、計算がしにくいのですが、画像を数枚利用したブログサイトを多く見積もって約500KBと仮定します。

 

その場合、200GBの容量ですと、40万記事を入れる事が出来る計算になります。

 

データベースの容量も合わせていくわけですが、ワードプレスを利用した場合、ツール自体も数十MBと容量は大きくありません。

 

更に、メールの容量も合わせる必要がありますが、通常のメール容量は小さなものですし、容量の大きい添付ファイルなどは圧縮や画像の縮小をする事によって、容量を軽くすることが出来ます。

 

ファイルなどは、クラウドを利用することで共有できますし、メールでの利用容量を懸念する必要はあまりない様です。

 

この様な事から、サーバーの容量は個人の仕様であれば10GBも使い切らないのではないでしょうか。

 

200GBの容量を、月額800円~利用できるのは他サーバーと比較しても、とてもお得な内容になっています。

 

しかも、オールSSDなのでサイト表示速度も早く、ストレスのないサイト運営が可能となります。

転送量 / 日 80GB
転送量 / 日 80GB転送量80GB/日とは、1日の転送量が80GBということになります。

 

 

「容量」の部分でも計算したように、1ページを約500KBと仮定します。

 

1日の転送量が80GBなので1日PVが16万となり、月計算すると480万回ページを開くことが出来るという事になります。

 

自分の運営しているサイトのPVと照らし合わせてみると、十分な内容なのではないでしょうか。

 

因みにエックスサーバーは、転送量は無課金とありますが制限がないわけではありません。

 

サーバーに対して負荷がかかり過ぎる場合には、月額900円~の「X10」プランで70GB/日となります。

 

70GBでも十分な転送量なのですが、ヘテムルサーバーのベーシックプランの方が安い上に転送量も10GB多い事からも、コスパの良さが伺えます。

データベース 70個

データベース 70個

1つのサーバー契約で、70個のデータベースを利用できるということです。

 

サイト運営をする際に、ワードプレスを利用する人が多いかと思いますが、基本的に「1つのワードプレスに、1つのデータベースが必要」となります。

 

つまり、ヘテムルサーバーのベーシックプランでは、「70個のワードプレスサイトを運営できる」という事になります。

 

70個のサイトが運営できると考えると十分な容量かと思います。

【ヘテムルサーバー】データベースの作成・バックアップ・削除方法アイキャッチ【ヘテムルサーバー】データベースの作成・バックアップ・削除方法

先ほどと同様に、エックスサーバーの「X10」プランと比較してみました。

 

へテムルサーバー
(ベーシックプラン)

エックスサーバー
(X10プラン)

月額

800円~

900円~

データベース

70個

50個

ヘテムルサーバーとエックスサーバーの比較はこちらで詳しく解説しています。

→ヘテムルサーバーとエックスサーバーの比較

データプランの項目でもコスパの良さはかなりの物だと言えるでしょう。

ヘテムルサーバーバナー

へテムルサーバーの無料お試し期間とその方法

へテムルサーバーの無料お試し期間とその方法

ヘテムルサーバーには、15日間無料お試し期間があります。

15日間お試し期間とは?

お試し期間には本契約と違った制限が2つあります。

自動バックアップ機能は働かない

自動バックアップ機能は働かない

ヘテムルサーバーには「自動バックアップ機能」があり、最大14日間のデータが収容され、トラブルなどがあった場合は復元に利用する事が出来ます。

 

お試し期間中は、この機能が働かないので、自分でこまめにバックアップを取るなどして注意しましょう。

 

又本契約時すると、お試し期間中に作成したデータなどは、手続きなしでそのまま引き継ぐ事が出来ます。

メール送信の制限

メール送信の制限

 

お試し期間中の1日のメール送信件数は100件までとなります。

 

100件を超えるメールを送信する際は、データ使用量の削減の為にもメーリングリストやメールマガジン機能を利用していきましょう。

 

上記の制限はありますが、これ以外の機能は本契約同様利用する事が可能です。

ドメインも1つ利用する事が出来ますし、ワードプレスの簡単インストール機能も有効なので、WEBサイトを直ぐに立ち上げる事が出来ます。

お試し期間の申し込み方法

手順1
公式サイトの「15日間無料お試し」をクリック
手順2
申し込みフォームから、アカウント情報を入力
 

  • ヘテムルID・・・今後へテムスサーバーにログインする際に使用します
  • ヘテムルドメイン・・・無料で利用できるドメインです
  • パスワード・・・コントロールパネルにログインする際に使用します
  • メールアドレス・・・重要な通知が来ることもあるので、確認しやすいアドレスを設定する事をおすすめします

入力出来たら、「内容を確認する」をクリック

手順3
利用規約にチェックマークを入れて、「上記の内容で申し込む」をクリック
申し込み完了のメールが届きますので、確認していきましょう。

本契約をしない場合は、お試し期間が終了したら自動的に解約となるので、何も手続きはいりません。

本契約をする際は、15日以内に本契約の申し込みを行いましょう。

→15日間無料お試しでヘテムルを試す

本契約の申し込み方法

手順1
コントロールパネルの「サーバー契約・更新」をクリック
手順2
プランの選択(おすすめはベーシックプラン)
手順3
支払期間を選択し、「お支払い方法選択へ」をクリック
手順4
お支払い方法設定に必要な情報を入力

これで、本契約の申し込みが完了しました。

お試し期間中、どのタイミングで申し込んでも、お試し期間申し込み15日後経過後から、本契約の料金が発生します。

本契約をしないと、お試し期間中に作成したサイトデータなどは消えてしまうので気を付けましょう。

【おすすめのレンサバ②】
エックスサーバー〈高性能NO.1〉

【おすすめのレンサバ②】 エックスサーバー〈高性能NO1〉

エックスサーバーバナー

【エックスサーバー】XSERVERの口コミ・評判が高評価な本当の理由|他レンタルサーバーとの違いはココアイキャッチ【エックスサーバー】XSERVERの口コミ・評判が高評価な本当の理由|他レンタルサーバーとの違いはココ!

【料金】

 

X10

X20

X30

初期費用(税抜)

3,000円

3,000円

3,000円

月額費用(税抜)

900円~

1,800円~

3,600円~

無料お試し期間

10日間あり

10日間あり

10日間あり

【仕様一覧】

 

X10

X20

X30

データベース(SSD)

200GB

300GB

400GB

転送量課金

なし

なし

なし

無料独自SSL

無料

無料

無料

オプション独自SSL

データベース(MySQL)

50個

70個

70個

データベース(SQLite)

URL アドレス

独自ドメイン

独自ドメイン

独自ドメイン

マルチドメイン

無制限

無制限

無制限

サブドメイン

無制限

無制限

無制限

nginx

RAID構成

RAID10

RAID10

RAID10

メールサポート

電話サポート

【サーバープログラム】

 

X10

X20

X30

オリジナルCGI

PHP

Cron

SSI

【運営サポート機能】

 

X10

X20

X30

簡単インストール

プラン変更

Xアクセラレータ

HTTP/2

FastCGI

OPcache

ブラウザキャッシュ設定

自動バックアップ

WAF

アクセス解析ツール

アクセスログの取得

エラーログの取得

Webページアクセス制限

SSH

.htaccess編集機能

メールフォームの設置

Webフォント設定

【WordPress 運用支援・セキュリティ設定】

 

X10

X20

X30

WordPress簡単インストール

WordPress簡単移行

ログイン試行回数制限

国外IPアドレスからのアクセス制限

大量コメント・トラックバック制限

国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

【FTP】

 

X10

X20

X30

FTP

FTP アカウントの追加

無制限

無制限

無制限

FTP over SSL

FTP 制限設定

ファイルマネージャー

【メール機能】

 

X10

X20

X30

メールアカウント

無制限

無制限

無制限

メーリングリスト

メールマガジン

SMTP-AUTH

IMAP

アンチウイルス

スパムフィルター

POP over SSL

SMTP over SSL

IMAP over SSL

Webメール

メールボックス容量設定

メール転送

メール自動返信

エックスサーバーの特徴【高性能NO.1】

 

エックスサーバーの特徴【高性能NO.1】

エックスサーバの特徴は、機能性・高速性・安定性を実現した高性能にあります。

企業サイトなどでも対応できる程のハイスペックで、安全・便利にサイト運営が可能なレンタルサーバーです。

【機能性】セキュリティ機能の充実

WAF

Webサーバの前にWAFを設置する事によって、不正アクセスからサイトを防御する事が出来ます。

FWやIPSで防ぐことが出来なかった不正な通信を装った攻撃や、高度化した攻撃にも対応する為、高いセキュリティ効果をもたらします。

このWAF機能が、全プランに設定してあるので安全にサイト運営をする事が出来ます。

エックスサーバーのWAF設定の特徴は、ドメイン・サブドメイン毎の設定だけで無く、更に詳細な設定が出来る事にあります。

この様に、必要な項目に対する設定のみを行っていくことで、サイトに負荷を掛けずにセキュリティの強化をする事が出来ます。

初期設定は「OFF」状態です。

XSS対策(クロスサイトスクリプティング)

XSS対策

  • 掲示板
  • ブログシステム
  • 第三者が入力した情報を表示するアプリケーション
SQL対策(SQLインジェクション)

SQL対策

  • データベース登録を行う会員制サイト
  • データベースを利用したアプリケーション
ファイル対策(ファイル不正アクセス)

ファイル対策(ファイル不正アクセス)

  • 画像アップロード機能付き掲示板
  • ファイル操作が行われるアプリケーション
メール対策(メールの不正送信)

メール対策(メールの不正送信)

  • メールを送信する機能を備えたアプリケーション
コマンド対策(コマンドアクセス/実行)

コマンド対策(コマンドアクセス/実行)

  • PHPやPerl等で作成されコマンド実行を利用するアプリケーション
PHP対策(PHP関数の脆弱性)

PHP対策(PHP関数の脆弱性

  • PHPを用いたアプリケーション

各項目を「ON」にする事によって、セキュリティを強化する事が出来ます。

設定を変えた時は、必ずサイトの動向も確認していきましょう。

【安定性】稼働率99.99%以上

最新高性能サーバー

最新高性能サーバー

24コアCPU&大容量256GBメモリ搭載で、 Intel Scalableプロセッサーを採用した、最新高性能サーバーです。

 

以前は、Xeon E5が利用されていましたが、 Intel Scalableプロセッサーに環境を変える事によって、パフォーマンスを1.5倍向上する事が出来ました。

nginx採用でと大量アクセスにも対応

nginx採用でと大量アクセスにも対応

nginx(エンジンエックス) は、 イベントドリブン型を 採用しているため、大量のリクエストを同時に高速処理することができます。

 

また、 メモリの消費量も少なく、 静的コンテンツを高速で配信することができる為、Webサイトの運営を安定させることができます。

サーバーの環境

サーバーの環境

大容量のバックボーンで余裕のある環境

942Gbpsの大容量バックボーンを備えている上に、利用率を50%に抑えている為余裕のあるネットワーク環境を整える事が出来ます。


1台当たりの収容人数に制限を

サーバー1台当たりの収容人数を一定に制限する事で、CPUなどに負担をかけることなく運用する事が出来ます。


サーバーの管理体制

サーバーは空調・電源・防犯システム完備の国内データセンターで管理されています。

【高速性】Webサイトの動作・表示を高速化

サイトの表示や動作を高速化させる機能は次の2つです。

XアクセラレータVer.2

XアクセラレータVer.2

エックスサーバーでは、2019年2月より「XアクセラレータVer.2」の提供がされました。

 

このことによって、従来の「Xアクセラレータ」よりPHP プログラムなどの処理速度を10~20倍向上させることが可能となりました。

 

ウェブサイトを高速に運営できるだけでなく、大量アクセスへ処理速度の向上も強化されます。

SSD RAID10構成

SSD RAID10構成

エックスサーバーでは、2017年7月より「 オールSSD RAID10(ストライピング+ミラーリング)構成」が採用されました。

 

RAIDとは、データの書き込みを複数同時に行うことによって、読み書きの速度を早めることができます。

 

更に重いデータを高速化する事や、大量データの処理にも向いています。

 

SDDにRAID10を組み合わせて活用することによって、それまでのHDDと比較するとディスクの読み込み速度が48倍以上に向上する事を実現できています。

この様に、サイト表示や動作の高速化を向上させる2つの機能についてまとめてきました。

更には、前術した「サーバー環境の安定性」も高速化に大きく関係してきます。

サーバー環境が整っているから、サイトの高速化が実現できると言えるので、環境が整っていることは総合して重要な要素となり得ます。

エックスサーバーバナー

エックスサーバーでWordPress運用するメリット

エックスサーバーでWordPress運用するメリット

エックスサーバーでは、ワードプレスを快適に利用するメリットも多く、初心者の人でも簡単にサイト運営を始める事が出来ます。

では、詳しく見ていきましょう。

【簡単インストール】機能で手間なく設置

エックスサーバーでは、簡単インストール機能があり、ワードプレスだけでなく「EC-CUBE3 (ショッピングカート)」「PukiWiki (CMS)」を簡単にインストールできる設定がされています。

プログラムのインストールと同時にデータベースの作成もされるので、初心者の人でも簡単にサイト運営を始める事が出来ます。

ワードプレスの簡単インストール手順
手順1
サーバーパネルの「 WordPress 簡単インストール」をクリック
手順2
「ドメイン選択画面」ページから、インストールしたいドメインの右にある「選択する」をクリック
手順3
「 WordPress 簡単インストール」ページの、「 WordPress のインストール」のタブを開く
手順4
各項目に記入して、「インストール(確認)」をクリック
手順5
確認画面が表示されますので、間違いがなければ「インストール(確認)」をクリック

ユーザー名やパスワードは、ログインする際に使用するのでメモに残しておきましょう。

「自動でデータベースを生成する」 でインストールした場合は、データベースにアクセスする際に「MySQLパスワード」が必要となりますので、こちらも控えておきましょう。

セキュリティ対策も万全

エックスサーバーでは、ワードプレスのセキュリティ対策が簡単に行える設定がされています。

基本的に初期状態でセキュリティ対策が取られているものがほとんどですので、自己設定なしで安心して利用する事が出来ます。

ワードプレスサイトのセキュリティ対策

ワードプレスサイトのセキュリティ対策

エックスサーバーでは、WordPressを安全に運営するためのセキュリティ対策として、3つの設定がされています。


【国外IPアクセス制限設定】

国外IPアドレスの制限をする事で、不正なログインや攻撃に対するセキュリティを向上させます。

 

初期設定は「ON」状態です。


【ログイン試行回数制限設定】

短い時間に連続してログイン失敗となった場合に、アクセスの制限を行う機能です。

 

パスワードを総当たりして暗号を解析し不正ログインする「ブルートフォースアタック」からも防御することが出来ます。

 

アクセスが制限されるのは24時間です。初期設定では「ON」状態にあります。


【コメント・トラックバック制限設定】

コメントとトラックバックスパムに対するセキュリティは2通りあります。

 

  1. 大量のコメントやトラックバックスパム行為が行われた時に、コメント・トラックバックを6時間制限する機能です。

    初期設定は「ON」状態です。

  2.  国外IPアドレスからのコメント・トラックバックを制限します。 

 

初期設定は「OFF」状態なので、国外からのコメント・トラックバックが必要で無ければ「ON」に設定しておきましょう。

サーバー側のセキュリティ対策はこの様に万全ですが、プラグインは最新のものを利用したり、必要のないファイルは削除するなど、自分で出来るセキュリティ対策もしっかりと意識していきましょう。

WordPressサイトの移行も簡単

エックスサーバーには「 WordPress 簡単移行」という機能があるので、他サーバーからの移行が簡単に行えます。

まずは、移行する対象ドメインを、エックスサーバーに設定していきましょう。

【1】ドメインの設定
手順1
サーバーパネルから、「ドメイン設定」をクリック
手順2
「ドメイン設定追加」のタブを開き、追加設定したいドメインを記入後「確認画面へ進む」をクリック
手順3
確認画面が表示されたら、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック
手順4
「ドメイン設定の追加を完了しました」が表示されたら設定完了

ドメイン設定が反映されるまで、数時間かかることもあります。

【2】ワードプレスサイトの移行手順
手順1
サーバーパネルの「 WordPress 簡単移行」をクリック
手順2
「 WordPress 移行情報を入力」のタブを開く
手順3
移行するワードプレスの情報を入力して「確認画面へ進む」をクリック
  • 移行元URL・・・・移行元のURLを入力
  • 移行元WordPressのユーザー名・・・移行元でWordPressへのログイン時に利用していたユーザー名を入力
  • 移行元WordPressのパスワード・・・移行元でWordPressへのログイン時に利用していたパスワードを入力
  • URL・・・「ドメイン設定」で追加したURLを入力
手順4
入力内容を確認して「移行を開始する」をクリック
手順5
移行処理が終了したら「確認」をクリック

以上で、移行処理が完了しました。

次に、ネームサーバーの変更を行います。

【3】ネームサーバーの変更

①インフォパネルから「契約者情報」 をクリック

②契約者情報の「ドメイン」のタブを開いて、該当するドメインの「ドメインパネル」をクリック

③エックスサーバーのどのサービスを利用するかチェックを入れる

④ネームサーバーを入力後、「ネームサーバーの変更(確認)」クリック

ネームサーバー1

ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )

ネームサーバー2

ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )

ネームサーバー3

ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )

ネームサーバー4

ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )

ネームサーバー5

ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

⑤変更内容を確認して「ネームサーバーの変更(確認)」クリック

 

ネームサーバーの変更が反映されるまでは、数時間かかることもあります。

【4】サイトの動作確認

それぞれの作業が完了しても、反映に時間がかかる事もあります。

 

全てが反映されましたら、サイトへアクセスして表示・動作状況を確認していきましょう。

【5】移行するサイトの動作要件

移行できるサイトには、いくつかの要件がありますので、注意が必要です。

 

全てが反映されましたら、サイトへアクセスして表示・動作状況を確認していきましょう。

  • WordPressのバージョンが 4.0 ~ 5.2
  • PHPのバージョンが5.3以上
  • マルチサイト機能を使用していない
  • データベースの容量が1GBを超えていない
  • WordPress.comからの移行ではない
  • 「PHPからtar、zipコマンドのいずれも利用不可」かつ「PHPのzipモジュールが利用不可」ではない

【注意点】エックスサーバーの契約期間|最短での契約は?

エックスサーバーの申し込みは最短でも3ヶ月間となります。

最初の申し込み期限が長いと、サーバーの使用感など心配かと思いますが、エックスサーバーには、10日間のお試し期間が設けてありますので、この期間に色々と機能を試してみましょう。

→10日間無料お試しでエックスサーバーを試す

お試し期間については、後ほど詳しく解説していきます。

更新期間も最短3ヶ月なのか?

更新期間は、条件はありますが1ヶ月の更新が可能となります。

1ヶ月更新の条件は「クレジットカードによる自動更新」になります。

自動更新にする事によって、1ヶ月更新になるだけでなく次のようなメリットがあります。

  • 12ヶ月一括払いと同じ割引額での更新が可能
  • 自動で更新がされるので、更新の手続きが不要
  • 更新手続きを忘れるなどの心配がない

最初の契約は最短で3ヶ月間となりますが、その後の更新は自動更新設定をする事で、手軽に1ヶ月ごとの更新が可能となります。

エックスサーバーのおすすめプランは?

エックスサーバーのおすすめプランは?

エックスサーバーには、「X10」「X20」「X30」3つのプランが設定されてあります。

おすすめプランは、ズバリ「X10プラン」

申し込む際に、どのプランにしようか迷った場合は、「X10」をおすすめします。

プラン内容の違いは、ディスクスペース( SSD)・ データベースくらいで、他の仕様や機能に違いはありません。

もちろん、上位プランになるほど容量は大きくなりますが、X10のプランでも

  • ディスクスペース( SSD)・・・200GB
  • データベースの数・・・50個

と、十分な内容になっています。

プランの変更

プランの変更は、アップグレードもダウングレード可能です。

上位プランの変更は利用期間関係なく毎月見直す事が出来るのも、X10プランをおすすめする理由の一つでもあります。

アップグレードする方法

アップグレードは月単位で申し込むことが出来ます。

1日~20日の期間中に「プラン申請フォーム」から申請を行いましょう。

翌月の1日から変更が反映されます。

ダウングレードする方法

ダウングレードは、利用期限月に申し込むことが出来ます。

利用期限月の1日~20日の期間中に「プラン申請フォーム」から申し込みます。

翌月の1日から変更が反映されます。

エックスサーバーの無料お試し期間|本登録への流れ

エックスサーバーの無料お試し期間|本登録への流れ

エックスサーバーを申し込む前に、10日間の無料お試し期間が設けてあります。

本契約との違いは次の3つの機能に制限があることだけです。

3つの機能制限
  • メールアカウントの作成
  • その他プログラムを用いたメールの送受信
  • FTPアカウントの追加

上記以外を除けば、本契約同様の機能を試す事が出来ますし、お試し期間中に作成したサイトもそのまま本契約時に引き継ぐことが出来ます。

無料お試し期間から本登録への流れ

無料お試し期間の10日間が過ぎても、自動的に本契約に移行する事はないので安心して申し込むことが出来ます。

逆に、10日間が過ぎるとお試し期間に作成したワードプレスサイトなどすべて消えてしまうので注意が必要でです。

本契約の申し込みは、サーバー料金支払いをする事で成立します。

10日間以内(お試し期間)にインフォパネルの「料金のお支払い」から、お支払手続きを行いましょう。

【裏技】お試し期間申し込みのお得なタイミング

お試し期間の、お得な申し込みタイミングは「月初」になります。

利用期間は、本契約からではなくお試し期間から通算されます。

更に起算日は、翌月の1日となりますので、月初に申し込むことで実質約1ヶ月間、支払期間よりも長くサーバーが利用できる事になります。

【裏技】お試し期間申し込みのお得なタイミング

(例)
  • 7/1にお試し期間申し込み・・・起算日8/1
  • 7/15にお試し期間申し込み・・・起算日8/1

となるので、月初に申し込みをするのが一番お得な始め方となります。

お試し期間の申し込みをすると、ドメインを1つ無料で取得する事が出来ます。

ワードプレスの簡単インストール機能を利用して、早速サイトを設置していきましょう。

【おすすめのレンサバ③】
ロリポップ!レンタルサーバー〈安さNO.1〉

【おすすめのレンサバ③】 ロリポップ!レンタルサーバー〈安さNO1〉

ロリポップサーバーは、ヘテムルサーバー同様「GMOペパボ」が運営するレンタルサーバーです。

スペックやサービスなど、どのような内容になっているのか詳しく見ていきましょう。

ロリポップ!レンタルサーバーの特徴

ロリポップ!レンタルサーバーの特徴

ロリポップ!レンタルサーバーの特徴は、何といっても価格の安さにあります。

  • 初期費用 1,500円~
  • 月額料金 100円~

と、この値段の安さが人気の理由なのではありますが、デメリットとしてスペックが劣っていることがあげられます。

  • ディスクの容量が少ない
  • 転送量が足りない
  • SSLへの対応が不十分
  • セキュリティへの不安
  • 安定性と表示スピード・・・

どれをとっても、値段相当の内容と言えるでしょう。

特に低いプランは、ビジネス利用は難しく、趣味ブログでも長期的な運営をしたいと思った際には、他サーバーへの移設や高プランへの変更も検討しなくてはいけません。

【ハイスペック】ハイスピードプランの登場!

【ハイスペック】ハイスピードプランの登場!

値段が安いが、スペック不足とされていたロリポップサーバーに、ハイスペックなプランのサービスが始まりました。

心配されていたスペック面は、どの様に改善されたのか確認していきましょう。

ハイスピードプランの主な概要

初期費用

3,000円

月額費用

1,000円~

ワードプレス簡単インストール

無料SSL化

容量

200GB(SSD)

転送量/日

100GB/日

マルチドメイン

無制限

データベース

70個

FTPアカウント

1

自動バックアップ

無料(最大7日間)

メールアドレス

無制限

お試し期間

10日間

サポート

メール・チャット・電話

この様に、商用利用のレンタルサーバーとしても満足のスペックに改善されています。

SSD搭載でスピード・安定性共に充実しているようです。

ロリポップ!レンタルサーバーでWordPress運用するメリット

ロリポップ!レンタルサーバーでWordPress運用するメリット

ロリポップサーバーでワードプレスを運営する際のメリットは次の2つになります。

ワードプレスのインストールが簡単

ヘテムルサーバーなどと同様に、ロリポップサーバーでもワードプレスを簡単にインストールできる設定がされています。

手順1
ユーザー専用ページから、「簡単インストール」→「WordPress」をクリック
手順2
WordPress簡単インストール画面の項目を入力
  • インストール先URL・・・ワードプレスを利用するドメインを選択
  • サイトタイトル・・・サイトのタイトル
  • ユーザー名・・・ワードプレスログインの際のID
  • パスワード・・・ワードプレスログインの際のパスワード
  • メールアドレス・・・こまめに確認が取れるアドレスを入力

入力後、「入力確認」をクリック

手順3

入力内容を確認して、「承諾する」にチェック、「インストール」をクリック

サイト作成・運営に合ったプランが選択できる

ロリポップサーバーにはプランが多く設定されているので、自分に合ったプラン内容を選択する事が出来ます。


料金面を重視して選択

料金面を重視して選択

ブログサイトが商用を目的としたものであれば、費用対効果やスペックを考えて選択していきますが、趣味のブログサイトや小規模なホームページであれば出来るだけ安いコストで運営をしたいと考えるかと思います。

 

因みに、一番安いエコノミープラン(月額100円)はワードプレスに対応していないので、ワードプレスでサイト運営できる最安値プランは250円~のライトプランになります。


ワードプレスで作成したいサイト規模で選択

ワードプレスで作成したいサイト規模で選択

サイトの規模は、サーバーの容量に関わってきます。

 

又、1つのワードプレスを設定するには、1つのデータベースが必要となります。

 

プランごとにディスク容量とデータベースの数が大きく違うので、自分がどの様にワードプレスでサイトを立ち上げていきたいかを想定してプランを選択しましょう。


転送量で選択

転送量で選択

ワードプレスで作成したサイトをアップロードした際に、どのくらいのアクセスがあるのか予想しましょう。

 

1日にどのくらいの表示回数になるのかで、必要な転送量が変わってきます。

この様な事を吟味してプラン選択する事で、快適にサイト運営が可能となります。

ですが、具体的にどの様なサイトを作成しようか迷っていたり、実際に立ち上げてから方向性を変える事も多くあると思います。

その様な場合は、どのプランを選べばいいのか、おすすめのプランを解説していきます。

ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめプランは?

ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめプランは?私がおすすめする、ロリポップサーバーのプランは、「スタンダードプラン」です。

→ロリポップのスタンダートプランを試す

新しく導入された「ハイスピードプラン」も魅力的ですね。

しかし、ロリポップサーバーの強みである低価格と、快適なサイト運営を備えているのは「スタンダードプラン」と言えます。

<おすすめ理由.1>低価格

スタンダードプランは月額500円~申し込むことが出来ます。

初期費用も、スタンダードプランまでは1,500円と安く始める事が出来ます。

<おすすめ理由.2>スペックも問題ない
データ容量 120GB
独自ドメイン 100個
データベース 30個
転送量  100GB/日

この内容ですと、かなり大規模なWordPressサイトを30個作れる上に、アクセスが突然集中しても問題なくサイト表示がされます。

プラン選択に迷った場合は、スタンダードプランを利用してみましょう。

ロリポップサーバーバナー

ロリポップ!レンタルサーバーの注意点

ロリポップ!レンタルサーバーの注意点

ロリポップサーバーを利用する時の注意点は、「自動バックアップ機能」が有料な事です。

この機能が無料で備わっているサーバーも多いのですが、ロリポップサーバーで利用するには月額300円支払う必要があります。

自動バックアップ機能とは

サーバー側で、毎日自動的にデータのバックアップを取ってくれるサービスです。

  • バックアップは無料
  • バックアップデータの利用(復元)は有料
  • データの保存期間は7~14日

とされているサーバーが多い様です。

サイト運営していく中で、どんなトラブルに見舞われるか想定出来ない事です。

もちろん有料オプションで申し込めば問題ないのですが、せっかく低価格でサイト運営が出来るのに残念です。

お金をかけずに、何か対策は出来ないのでしょうか?

【対策】バックアップを取る方法

有料の自動バックアップ機能に申し込まないのであれば、自分でバックアップを取って行きましょう。

毎日取るのがベストとは思いますが、最低でもページの追加や変更をした時、又設定の変更や追加をする際は必ずバックアップを取る様にしましょう。

ワードプレスサイトのバックアップ方法
・パソコン本体へのバックアップ

テーマ・画像・プラグイン・データベースの全てをFTPソフトを利用して保存していきます。


・プラグインを利用する

有名なプラグインは「BackWPup」です。

 

すべてのデータを、定期的に自動バックアップしてくれます。

 

バックアップは無料で十分取ることが出来ます。

 

パソコンの容量をかなり使うので、古い物から削除していきましょう。

ロリポップ!レンタルサーバーの無料お試し期間とその方法

ロリポップ!レンタルサーバーの無料お試し期間とその方法

ロリポップサーバーには、10日間のお試し期間があります。

お試し期間中は次の事に制限がありますので注意していきましょう。

  • メール送信は24時間あたり50件
  • メーリングリストの作成は1件/登録数3件
  • メルマガの作成は1件/登録数3件

上記の制限以外は、本契約同様のサービスを利用できるので、機能を色々と試していきましょう。

→ロリポップサーバーを10日間無料で試す

お試し期間中の契約解除方法

お試し期間中に、サーバー使用料金の支払いをしなければ自動的に解約扱いとなります。

ですが、それを待たずに解約(キャンセル)する事は可能です。

手順1
ユーザーズぺージから「ユーザー設定」→「アカウント情報」をクリック
手順2
「解約をご希望の方はこちら」の「こちら」をクリック
手順3
「解約フォームへ」をクリック
手順4
「解約する」をクリック

これで、解約の作業は完了です。

もちろん、お試し期間に作成したデータなどは消滅してしまうので、必要であればバックアップを取った後に、解約手続きを行いましょう。

本契約の申し込み方法

本契約に進むには、10日間のお試し期間中に本契約の申し込みをする必要があります。

この期間を過ぎますと、自動的に解約となってしまうので注意しましょう。

手順1
ユーザーズページから「ユーザー設定」→「契約・お支払い」→「サーバー契約・お支払い」をクリック
手順2
サーバー契約・お支払い」のページから、ご契約内容一覧の「お支払い」をクリック
 
手順3
「料金お支払い」のページから、契約期間を選択して、「契約を確定する」をクリック

支払い方法によって進み方が若干変わってきますが、表示通り進めば問題ありません。

お試し期間中に支払いを済ませる事で本契約となります。

早めに支払い手続きを済ませても、料金が発生するのはお試し期間申し込み10日後からになります。

本契約を決めたら、早めに申し込みを済ませておきましょう。

ロリポップサーバーバナー

【結論】個人でWordPress運用するおすすめのレンタルサーバー

私の中で不動な3つのおすすめなレンタルサーバーをご紹介してきましたが、それぞれに特徴が違います。

「どれが1番いいか?」

それは「何に重きを置くか?」で選んで大丈夫なほどどれも素晴らしいレンタルサーバーです。

  • スペックもあり、価格も手頃で安全面やサポート体制もしっかりしているオールマイティーなレンタルサーバーを選びたいならへテムルサーバー
  •  多少価格が高くてもとにかくスペック重視ならエックスサーバー
  •  諸々のスペックよりもとにかくコスパを重視したいならロリポップ!レンタルサーバー

ここでおすすめしたレンタルサーバーは利用者数も多くどれを選んでも正直ハズレはないと思います。

WordPressを使ってどのようなアフィリエイトスタイルでやっていくのかによって選んでいくのが良いでしょう!

ヘテムルサーバーバナー
エックスサーバーバナー
ロリポップサーバーバナー