MENU
  • 無料でまなべる
  • 365日届く声のメルマガ
  • 3秒で登録可能
10万円相当の豪華5大特典プレゼント

WEBライターの始め方|初心者でも副業で稼げます

この記事では未経験の初心者でも副業でWEBライターを始める方法を3つの手順で紹介します。

KYOKO

WEBライターの始め方は他の副業に比べてもそんなに難しいものではありません。

隙間時間を使っても副業として収入を得るとっかかりとしては1番始めやすいかもしれません。

私も副業を始めた1番最初はWEBライターからでした。

そして現在では、 WEBライターとして記事を納品する側ではなく発注者として様々なWEBライターさんとお付き合いをさせて頂いております。

ライターとして「お仕事を受ける側」と「発注する側」の両方の立場を体験したからこそお話できる内容がありますからね。

サクっと学習したい方は動画もあります!

この記事でわかること

  • そもそもWEBライターってなに?どんなことをするの?
  • WEBライターって本当に稼げるの?
  • どうやって始めるの?手順は?

動画でチェックしたいひとはこちら!!

【副業におすすめ】WEBライターの始め方
この記事の目次

WEBライターとは

WEBライターというのは、その名の通りWEBに特化したライターさんのことです。

ネット副業の中でも圧倒的な即金性がありますし、WEBライティングのスキルは WEBライター以外でも使える汎用性の高いものです。

KYOKO

副業を始めるならWEBライターから始める選択肢はベストだと思いますね!

WEBで読まれる文章には紙媒体の本と違った特徴があります。

  • SEOを意識せずに書きたいことを書いていては読まれることはない
  • 起承転結の概念はない
  • SNSで受けるライティング

上記のようなWEBならではのライティング方法が必要です。

ただ手紙のように文章を書くのではなくWEB上で読まれる文章を書くにはある程度勉強が必要です。

仕事内容

WEBライターの仕事内容は、様々ですが基本的にはクライアントが希望する記事を納品します。

主な仕事内容

  • ブログ記事
  • コラム記事
  • 体験談記事(レビュー記事)
  • 商標記事
KYOKO

自分の得意分野で実績がある記事や専門知識が必要な記事に関しては高単価で仕事を受注できます。

基本的には「1文字1円」というのが通説になっていますが、0.5円の場合もありますし1文字10円以上もらっているWEBライターさんもいます。

それらは実績であったり、専門知識の有無によって左右されるものですね。

どこで働くの?

副業で始める場合、多くはクラウドソーシングなどのサービスに登録して仕事を受注する形となります。

無料で利用できるオンラインサービスですので、パソコンがあれば自宅でWEBライターとして副業することができるわけですね。

ちなみにクラウドソーシングサービスは、ランサーズクラウドワークスが主流です。

慣れてきたり実績がついて来れば SNSや情報発信からライティングの依頼が来ることもあります。

専業のWEBライターになれば企業の専属でライティングをすることもあるでしょうし、専業であってもクラウドソーシング1本で仕事を受注する人もいます。

とまぁ、仕事の取り方は様々ですが、パソコン1つで自宅でもカフェでもできます。

WEBライターとして副業でいくら稼げるのか?

WEBライターの仕事は時給計算ではなく成果報酬型のビジネスになります。

ですので、実績の有無や受けた案件の内容によって副業で稼げる金額は変わってきます。

KYOKO

ただし、やれば確実にお金になって稼げるので即金性はかなり高いですね。

受注形式と文字数
  • タスク案件 1文字0.1円~0.5円
  • プロジェクト案件 1文字0.5円~1円以上(実績やクオリティによる)
(例)作業量
  • 1文字0.5円のタスク案件を毎日3000文字やったら・・・1か月で45,000円
  • 1文字1円のプロジェクト案件を毎日5000文字やったら・・・1か月で150,000円
  • 1文字2円のプロジェクト案件を毎日5000文字やったら・・・1か月で300,000円
自分の希少価値
  • SEOライティングができる
  • コピーライティングができる
  • セールスライティングを熟知している
  • 行動心理学を熟知している
  • WordPressが触れる
  • デザインができる

例えば WEBライティングの技術にこれらのスキルが欠け合わさることによって希少価値は高くなり高い単価で仕事を受けることができます。

KYOKO

私も発注者側なのでこのようなスキルを持っている方に依頼する際は普通より高い単価で依頼しています。

 WEBライターの仕事は発注者側が自由に単価を設定することができます。

受け手側も稼げる金額に決まりはありませんのであくまで一例です。

とはいえ良い記事を納品できる人がたくさん稼げるのは間違いありませんよね。

ただ、簡単なタスク案件でもコンスタントにこなすことで月に5万円前後は副業で稼ぐことができそうです。 

WEBライターの始め方【3つの手順】

それでは早速WEBライターの始め方について解説していきます。

大きく分けると手順は3つ。

3つの手順
  1. クラウドソーシングに登録する
  2. お仕事提案する
  3. スキルを磨いて仕事の精度をあげる
KYOKO

1つ1つ見ていきましょう!

【手順①】クラウドソーシングに登録する

まず未経験で初心者の方がWEBライターの仕事をするにはクラウドソーシングに登録する必要があります。

クラウドソーシングの代表的なサイトは以下です。

どちらのサイトも非常に有名です。

詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

KYOKO

お仕事の形式には大きく分けて2つのタイプがあります。

①【タスク】

タスク形式のお仕事は簡単な記事の作成が多いです。

クライアントとのやりとりもありませんし、特に納期もありません。

指定された文字単価・テーマについて記事を書き、承認されれば報酬が入ります。

比較的簡単で取り組みやすいのはメリットですが、単価は安いです。

発注者にもよりますが、1文字0.5円前後ではないでしょうか。

②【プロジェクト】

プロジェクト形式のお仕事はタスク形式のお仕事と違ってちょっと本格的です。

タスク形式が練習ならプロジェクト形式は本番と言う感じ。

しっかりクライアントとの打ち合わせのもと仕事を進めていきます。

クライアントの募集に対してWEBライターが提案し、採用になれば晴れてお仕事スタートです。

文字単価もプロジェクト形式であれば1文字あたり1円以上の案件がたくさんあります。

参考URL:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10253?l=ja&url=10253

補足

プロフィールは丁寧に書きましょう。

実際に対面するわけではないからこそ、大事な仕事を依頼する相手の人となりは確認しておきたいものです。

クラウドソーシングにおけるプロフィール欄と言うのは、いわば履歴書のようなものなんです。

  • 自分の実績やスキル
  • 自分を採用した際のベネフィット
  • 得意分野

などなど。

アピールできるところは丁寧に埋めていきましょう。

あとプロフィール画像は絶対に設定しておくのが良いです。

写真が無理でもキャラクターやアイコンなどを設定しておくだけでも親近感が沸きます。

【手順②】ライター案件に応募してみよう

クラウドソーシングサービスに登録できたら早速提案してみましょう。

タスク形式・プロジェクト形式どちらのお仕事に挑戦するかは、今現在のスキルや目標金額によって変わってきます。

「全く未経験のノースキルだ」と言うことであればまずはタスク形式で仕組みを理解した方が良いですね。

クラウドワークスの例

まずトップページに入ったら、仕事カテゴリーから「ライティング・記事作成」を選択します。

左側のサイドバーから「タスク」で絞り込み検索します。

するとタスク形式のライティング案件が一覧で出てきますので、そこから応募したい案件のフォームに従って入力していきます。

ライティングが終わったら「作業完了する」をクリックすると一通り終了です。

仕事発注者側がその内容を確認し承認すれば報酬が発生します。

しっかりと稼ぎたいと言うことであればやはりプロジェクト形式がおすすめです。

プロジェクト形式であれば、「プロジェクト」で絞り込みをかけると一覧が表示されます。

希望の案件を見つけたら契約金額を入力し応募します。

KYOKO

仕事発注者側は、応募してきたWEBライターさんのポートフォリオなどを確認し問題なければ「契約」となります。
クライアントさんとチャットなどを使いやりとりをしながら作業を進めていき記事を納品します。

【手順③】スキルを磨いて仕事の精度を上げよう

ある程度仕事に慣れてきたら、スキルを磨いて仕事の精度を上げていきましょう。

より高度なライティングができるようになればそれだけ高い単価がもらえます。

「WEBライターに必要なスキル」のところでもお話ししましたが、SEOの基礎知識を身につけることも大切です。

KYOKO

後はセールスライティングですね。

読者の購買意欲に基づいて文章を組み立てていくライティング技法です。

セールスライティングの方法については次の記事で型なんかも公開していますので参考にしてみてください。

SEOの知識やセールスライティングによって、あなたの書いた記事がことごとく検索結果で上位表示され、商品が売れるようになれば、ライティングの価値が高まります。

素晴らしい実績でポートフォリオを埋めることができれば、クライアントは多少高いお金を払ってもあなたに依頼したくなりますからね。

あとは単価交渉ですね。

  • 長い付き合いのクライアントさん
  • 新規の提案

自分のスキルが上がってきたと思ったなら思い切って単価交渉してみましょう。

KYOKO

単価の安い仕事ばかりをしていても時間貧乏になってしまいますので・・・

こんな単価アップ交渉はNG

ただしNGなのは、クライアントさんとの付き合いが始まったばかりで2~3記事しか納品していないにもかかわらず、単価アップを申し出るなどです。

私も発注者側なのでよくわかるのですが、さすがに「もうちょっとやろうよ・・・」と思います。

最近はそのようなやり方がテンプレート化しているのか?と思うくらい皆さんそのように申し出てきます。

せめて「10記事納品したら」とか「1ヵ月継続したら」など、キリのいいところまでは頑張るべきですね。

基本的にはやっぱり信頼を勝ちとってからの単価アップだと思います。

そうでないなら最初から希望の文字単価以外では仕事を引き受けないほうが良いでしょう。

WEBライターに必要なスキル

全くの未経験でさらに時間のない副業でWEBライターになるならスキルを磨くのが効率的です。

KYOKO

ただただ文章をかけるだけの人なら代わりはいくらでもいます。

ですが「どうしてもあなたに執筆をお願いしたい」と言われるようになれば、話は違います。

希少価値のあるものは高値で取引されますよね?

それと同じで“代わりのきかない人” “代わりのきかない仕事”は高単価で仕事を請け負うことができます。

時間効率の面から考えても副業でWEBライターを始めるならスキルを磨いて「ただ文章が書けるだけの人」から脱さなくてはいけません。

KYOKO

もちろん、スキルがなくても仕事は受注できますが単価も安い仕事をする羽目になってしまいますよねからね・・・ 

SEOライティングの基礎知識があった方が良い

私も日々外注さんに記事を発注しますが、WEBの文章を発注する側としては、SEOで上位表示できるように書いてもらわなければ意味がありません。

KYOKO

WEBライターを目指すのであればSEOライティングの基礎知識はあった方が良いでしょう。

さらに言うとSEOライティングができるようになれば、自分で情報発信ブログを作り検索結果に上位表示させることができるようになりますよね。

そうすればあなたのライティング技術を高く評価してくれるクライアントの方からお仕事の依頼を受けることもあるかもです。

情報発信以外にも自分でメディア運営をして WEBライター以外の収益源を確保することもできます。

専門性を身につける

記事を発注するクライアントは、その辺の適当な日記のような文章ではなく専門性の高いコンテンツを求めています。

なんとなく調べてわかることより体験に基づいた一次情報を求めています。

Google の検索結果で上位表示するためには専門性の高さや独自性(オリジナリティ)が重要になってくるんですね。

KYOKO

例えば光回線のサイトを私が運営しているとして、次のどちらのライターさんに記事を依頼すると思いますか?

  1. 子育てしている主婦のWEBライター
  2. 大手キャリアの通信会社に10年以上勤めているWEBライター

当たり前ですが高くても2番のライターさんにお願いします。

「専門性がないと全く WEBライターとして稼ぐことができないのか?」と言われればそうではありませんが、あったほうが高単価で仕事を受注できます。

実績もあった方が良い

最初は未経験で初心者なわけですから実績は無いと思いますが、どんどん仕事を引き受けて実績を作っていった方が良いです。

クラウドソーシングなどで仕事を受注する際も、ライターさんのポートフォリオは注目エリアです。

KYOKO

発注側の立場からしてみても、お仕事に応募してきたライターさんのポートフォリオは必ずチェックし、それを採用の判断基準にしています。

できれば自分でブログを運営してみるのも良いでしょう。

自分でやってみたほうが相手の気持ちも理解できますし、それらの記事が上位表示すれば実績として提示できるわけですからね。

コミュニケーション能力

WEBライターをするにあたって大切な能力の1つにコミュニケーション能力があります。

基本的にはチャットでのやりとりになるのですが、長くクライアントさんとお付き合いするためには良好な関係を作っていかなくてはいけません。

  • 初対面で友達言葉
  • 関係ができていないのに顔文字
  • 返信が遅い
  • めんどくさい仕事は請け負わない
KYOKO

こんな感じだとお仕事も単発で終わってしまいます。

後述しますがWEBライターでお金を稼ぎ続けるためには、長くお付き合いできる良いクライアントさんと出会うことです。

ビジネス以前に人として常識的な対応を心がける必要があります。

WEBライターで稼ぎ続けるコツ

単発的には始めやすいWEBライターの仕事も、稼ぎ続けるとなるとコツが要ります。

安定的に稼ぎ続けるようになるためにはこの辺が必要になってきますね。

  • 固定のクライアントを持つ
  • スキルの掛け算をする
  • 情報発信する

固定クライアントを持つ

いろんなクライアントさんの仕事を受注するのも良いのですが、オススメなのは固定クライアントを持つことです。

単発の仕事ばかりを受けていると収入が不安定になるからですね。

やはり1人のクライアントさんと長い付き合いをしていると、好みのライティングや求めていることがわかるようになります。

先方が希望する記事を納品できるようになればもちろん単価だってアップします。

あなたが「優良な記事を納品してくれるライターさんだ」と思ってもらえれば、継続的にお仕事を発注してくれるようになります。

このように継続的にお仕事を発注してくれるクライアントを複数持つことで WEBライターとしての収入は安定してきます。

スキルの掛け算をする

https://twitter.com/KYOKO_Affiliate/status/1343398099226480642?ref_src=twsrc%5Etfw

この記事でも前述したとおりなのですが、複数のスキルを掛け合わせることによって希少価値が高まり仕事の単価が高くなり時間効率が良くなります。

KYOKO

単品のスキルしか持ち合わせていない最初の頃は「記事を書いて→納品して→お金をもらって→またクライアントを探す」この繰り返しだと思うんです。

確かに自宅で副業としてライトに始められるのは良いのですが、これだと時間貧乏になってしまいます。

スキルを掛け合わせることによって短い時間で大きな金額を稼げるようになりますし、 こちらから血眼になってクライアントを探す手間も省けます。※向こうから声がかかるようになれば

情報発信をする

WEBライターとしての活動を情報発信するのもとても良い手だと思います。

自分のブログをポートフォリオに書いておけば、それだけでライティングの腕を証明することだってできますよね。( SEO で上位表示していたり、文章が読みやすかったり。と・・・)

私のブログではサイトの作り方何かも解説しているので是非参考にしてくださいね!

WEBライターの始め方まとめ

WEBライターは初心者や未経験の方でも比較的簡単に始められる副業の1つです。

ライター以外でもネットで稼ぐ方法はたくさんありますが、始め方として1番シンプルなのではないでしょうか。

本当にWEBライターは副業として始めやすいファーストステップです。
会社からお給料でもらう10万円よりも自分の力で稼いだ1000円の方がよっぽど価値が高いので、ぜひ個人で稼ぐ力を身につけてください !

WEBライティングを本格的に学ぶなら

▶️ 副業の学校WEBライター講座

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
  • 無料でまなべる
  • 365日届く声のメルマガ
  • 3秒で登録可能
10万円相当の豪華5大特典プレゼント
この記事の目次
閉じる