【副業】おすすめしない稼ぎ方と具体的な種類※使用時間に価値はあるか?

【副業】おすすめしない稼ぎ方と具体的な種類※使用時間に価値はあるか?

当記事では副業の中でもおすすめしない稼ぎ方と、その具体的な種類について解説していきます。

一口に「副業」といってもその種類は様々です。

概ねネットを使って稼ぐタイプのものが主流ですが、その中でもやってもあまり意味がなくおすすめしない種類もあります。

私自身も副業系のネットビジネスは様々な種類のものをやってきましたが、稼げたものもあれば稼げなかったものもあります。

私のことを知らない方はプロフィールをご覧ください。

正直、おすすめしない副業の種類は、稼げても一時的であることがほとんどです。

そもそも、その種類以前に、その稼ぎ方にも原因がありますので、その辺も併せて解説します。

無駄足を防いで効率的な副業を始めてください。

副業する際のおすすめしない稼ぎ方

副業する際のおすすめしない稼ぎ方

まず、おすすめしない副業は種類以前にそのワークスタイルに問題があるように思います。

こんな稼ぎ方の副業はおすすめしない
  1. 労働収入型
  2. 在宅で出来ない
  3. 楽して稼げる

①労働収入型の副業

まず時間を切り売りする系の副業は全くおすすめできません。

もはやそれなら本業に入魂した方が効率的です。

自分の労働時間の対価にお金を稼ぐ仕組みは物々交換のようなものでレバレッジは効きませんし未来のリターンも等身大です。

それなら、ある程度わかっている本業の会社で勤めていても一緒ですよね。

わざわざ新しい事を覚えて時間労働の副業する意味はありません。

②在宅でできない副業

在宅でできない副業も「ないかな」と思いますね。

わざわざどこかに出向かなきゃ稼げない副業であれば、余白の時間が必要になります。

【その場所に行くまでの時間+帰宅までの時間】ですね。

外に出るとなれば用意もしなくてはいけませんよね。

「副業」ということは本業もあるわけなので必然的にあまり時間がない状況なはずです。

そんな中、移動時間のかかるような副業はおすすめしません。

ネットを使った副業の魅力は在宅でスキマ時間でも出来るという所にもありますね。

ネットビジネスの種類アイキャッチ【2019年~2020年】ネットビジネスの種類|初心者でも稼ぎやすいランキング

③楽して稼げる系副業

3つ目は「楽して稼げる系」です。

実際はそんな副業ないのですが、【副業】特にネットを使った副業の情報には必ず「楽して稼げる」という匂いがするキャッチコピーがあるのです。

そりゃあ、楽して稼げるならそうしたいと思うのが人間ですから割と引っかかってしまうんです。

  • 「◯◯するだけで」
  • 「簡単に~~」
  • 「秘密の〇〇を教えます」

・・・・・・・そんなものはありません。

お金を稼ぐのは本業でも副業でも基本大変です。

ネットを使った途端に、突然魔法が使えるようになるわけではありませんからね。

アフィ太

具体的にはどんな種類の副業がおすすめできないのですか?
具体例を上げて行きましょう。

KYOKO

おすすめしない副業の具体的な種類

おすすめしない副業の具体的な種類

私がおすすめしない副業の種類はこちらですね。

  1. 内職
  2. データ入力
  3. ポイントサイト
  4. ミステリーショッパー
  5. ウーバーイーツ
  6. 怪しいネットビジネス

内職

言わずもがな「内職」です。

内職といえばこんな仕事
  • 部品組み立て
  • シール貼り
  • ネジ留め

などなど。

これを1つ何銭とかで地道にやるわけです・・・。

どう考えても果てしなく、これこそ労働型収入の王道でしょう。

確かに在宅でできるのは魅力的ですが、同じ時間を使うならアフィリエイトなどを勉強してWEB上の資産を構築した方が生産性は高いです。

トップページへリンク

データ入力・ポイントサイト

データ入力やポイントサイトなども在宅でできる副業の1つです。

メリットとしては特にスキルがなくても、手軽に始められる敷居の低さがあるでしょう。

ただし「副業」としてはどうかなと思います。

何せ稼げる金額が非常に低い。

これだと「お小遣い稼ぎ」にはなるかもしれませんが「副業」と呼べるものか否かは微妙なところです。

どうせ在宅でパソコンを使いながら副業するのであれば、他にもっと効率の良い仕事がたくさんあります。

なので、あえてデータ入力やポイントサイトを選ぶ理由もないかなと。

タイピングができるのであれば、WEBライターとかをした方がよっぽど稼げる金額は大きいはずです。

WEB上の文章を書くスキルは、ライター業以外にも応用の利く最強のスキルです。

WEBライターをやりながら、セールスライティングの技術を身に付ければブログやアフィリエイトなどで将来的に収益化することも可能ですからね。

セールスライティングアイキャッチセールスライティングとは|3つの型に当てはめる書き方と具体的な学習本

ミステリーショッパー・Uber eats

ミステリーショッパーやウーバーイーツなんかも、結局は時間を使わないと稼げない副業の1種です。

①ミステリーショッパーは報酬が低い

ミステリーショッパーは、お店のサービスやクオリティーなんかを覆面調査するお仕事です。

飲食代やサービス代はタダになりますが、それは謝礼の中から支払わなきゃいけないので実質稼げる金額もかなり小額です。

コンスタントに仕事があるわけでもありませんし、現地まで出向く手間なども考慮するとやはり、おすすめしないかなと思いますね。

②ウーバーイーツはハードすぎ

ウーバーイーツも同じです。

結局は現地まで出向く手間と時間が必要なお仕事。

「副業」と言うよりは「本業との掛け持ち」みたいなものかと思います。

デリバリースタッフとして時給800円~2,000円の間で、本業のほかにもう一つ仕事を持つようなものなので、かなりハードかと思います。

時間がない中副業で収入を増やそうとしている時、さらに時間を投下して時給800円では、過酷すぎます。

このような労働収入型の副業であれば、前述した通り、本業にコミットしたほうがまだマシですね。

怪しいネットビジネス

労働収入型でもなく、在宅でできる副業といえば、やはりネットビジネスになるかなと思います。

一口にネットビジネスといっても、その種類は様々です。

代表的なものがアフィリエイトやブログになるでしょうか。

その中でもかなり種類があるのですが、こちらも前述した通り【楽に稼げる】というニュアンスが伝わるスタイルのものはやめたほうがいいです。

注意
  • クリックするだけで◯◯万円
  • 登録するだけで◯◯万円

こんなキャッチコピーで勧誘してくるものはおすすめできません。

怪しいネットビジネス系の話は、割と向こうから甘い誘惑とセットで勧誘してくるのが特徴です。

スーツ姿の男性が腕を組みメールアドレスの登録を促すような【オプトインアフィリエイト】なんかも、登録すれば配信者に1000円前後の報酬が入るようになっています。

登録したからといって甘いキャッチコピーが現実になる事はほぼ100%ないでしょう。

投資などの話も気をつけなくてはいけません。

バイナリーオプションなどは「ルールが簡単だから初心者でもすぐに稼げる」といって勧誘する人が多いですが、誰でも勝てるわけがありません。

正しい知識がないのであれば投資系の副業もやめておいた方が良いです。

【結論】時間に付加価値が付かない副業はおすすめしない

本業がありつつ、副業でお金を稼ぎたいのであれば、かけた時間に付加価値がつかないビジネスはおすすめしません。

それであればよくわかっている本業へ更に力を入れた方が生産性が高いからです。

おそらく副業を始めようと思う人は、忙しくて低賃金の本業を何とかしたかったり、副業で収入を増やして時間がほしかったりするのだと思います。

それであればその場限りの単発労働収入のような副業ではなく、即効性がなくても、いずれは自分を支えてくれる礎になる様な副業を選ぶべきかとおもいます。