副業解禁はいつから? 副業すべき人と本業にコミットすべき人の線引き?

副業解禁はいつから?

この記事では働き方改革の副業解禁はいつから実施されたのか?

そして副業解禁によるメリットとデメリットも併せて解説した後、実際に副業を始めるべき人とそうでない人の線引きをお話しします。

副業解禁になったからといって全ての人が、副業をするべきだとは思っていません。

中には絶対に副業をしない方が良い人もいます。

副業解禁の全体像を理解し、副業することで豊かになれる部類の人であるなら今すぐ始めるべきだと私は思います。

【働き方改革】副業解禁はいつから?

【働き方改革】副業解禁はいつから?

「副業解禁」は2018年1月、働き方改革の一環で、モデル就業規則を改定し【副業禁止】と言う内容の要項を削除しました。

【副業禁止】から【副業推奨】なったわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第14章 副業・兼業

???(副業・兼業)

第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

?2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。

3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。

1 労務提供上の支障がある場合

2 企業秘密が漏洩する場合

3 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合?

4 競業により、企業の利益を害する場合

引用元【モデル就業規則】

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000118951.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この新しく改定されたモデル就業規則を元にして、企業は副業解禁にするか否かを決定するわけです。

実際にこの動きを持って多くの企業が副業解禁を実施しています。

  • サイボウズ
  •  日産自動車
  •  丸紅
  • リクルートホールディングス
  • 新生銀行
  • ロート製薬
  • 佐川急便
  • メルカリ

もっとあると思いますが代表的なのはこんな感じです。

では副業解禁がかなり一般的になっているのか?と言えば、それはそうではありません。

これを見てください。

株式会社リクルートキャリアの兼業・副業に対する企業の意識調査の結果です。

株式会社リクルートキャリアの兼業・副業に対する企業の意識調査の結果

画像引用元:https://www.recruitcareer.co.jp/news/20181012_03.pdf

実際に71.2%もが「副業を禁止している」との回答しました。

副業解禁になったからといってまだまだ一般的では無いようです。

企業側としても社員が副業することにあたってはデメリットも懸念されるのでしょう。

【企業と個人】副業解禁のメリットとデメリット

【企業と個人】副業解禁のメリットとデメリット

実際に企業側と個人側では副業解禁の動きによりどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

企業としてのメリット・デメリット

  • 社員の収入が増える
  •  社員のスキルアップ
  •  就業環境の充実による社員の満足度アップ
  • 社員の労働負荷が増えるため
  • 労働時間の管理と把握がしにくくなる
  • 情報が漏れる恐れがある
  • 競業・利益相反のリスクがある

参考:リクルートキャリアの兼業・副業に対する企業の意識調査より

これを見ると、会社としては、社員サイドで見れば副業解禁はメリットだと思っているようです。

それに対して自社サイドで見るとノウハウの漏洩や、利益相反のリスクがデメリットで副業解禁に消極的なのでしょう。

個人としてのメリット・デメリット

  • 収入が増える
  • スキルの幅が広がる
  • リスクヘッジになる
  • 時間がなくなる
  • タイムマネジメントが大変
  • 会社が副業禁止

これは行う副業の種類にもよるかもしれません。

労働型副業であれば、かける時間に対して稼げる金額は思ったよりないでしょうからね。

ただ、メリットとして単純に副業を始めると「収入」は絶対的に増えます。

収入の柱を複数持つことでリスクヘッジにもなり、違う業種をこなすことで幅広いスキルアップをすることもできます。

個人としての副業に対するデメリットと言えばなんといっても「時間に対する取り扱い」ではないでしょうか。

私のように「自宅にいながらWEB制作をする」ような仕事であれば、時間の配分をコントロールすることも自由自在です。

ですが、フルタイムの本業がありながら「もう一つどこかに勤める」みたいな掛け持ち的なことをしてしまうと時間だけじゃなく健康も損なってしまうかもしれません。

広告

副業の学校

副業解禁されていてもやってる人はほとんどいない

副業解禁されていてもやってる人はほとんどいない

副業率

画像引用元:https://taisyokuagent.com/articles/401

「本業が副業禁止だから」という理由を含めても上記のように73%もの人が「副業をしていない」そうです。

副業をしない理由は圧倒的に時間ないから

副業をしない理由は圧倒的に時間ないから

画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000013597.html

おそらく「収入はあげたいけど時間がない」というのが1番の理由だと思います。

そりゃそうですよね。

朝から晩までヘトヘトになるまで働いた後に、もう1カ所仕事に行くなんて考えただけで無謀です。

すぐにお金にしたいなら、お小遣い稼ぎにポイントサイトを触るとか、ウーバーイーツなどの労働型副業をするのが手っ取り早いですからね。

ちなみに初期費用0円でできる副業の始め方について動画も撮っていますので、まずはこういうところから始めるのも◯です。

「時間がないから副業が始められない」というのにはコツがありまして、本業をIT関係の会社にしてしまうのもおすすめです。

IT関係の会社であればフレックス制度を採用している会社も多いですし、時間の縛りよりも、成果報酬を重視している傾向にあります。

それか、フルコミッション制の仕事であれば、時間の縛りはあまりないはずですので、フリーランスとしてもう1本仕事を持つ事も充分可能です。

二足のわらじを履けるのはフリーランサーが有利

前述した通り、フルタイムで勤務をした後に副業をするとなれば【即効性】は期待できません。

※労働型副業は話が別です。

(かけた時間分の収入は入ります)

  1. まずは空いた時間にスキルアップのための勉強をする
  2. 少しずつアウトプットする
  3. 少しずつ結果が出始める

こんな成長曲線をたどるわけですから、ブログをやるにしてもアフィリエイトをやるにしてもすぐに収益化する事はできません。

ただ、2つの会社に雇用されるよりも、フリーランスの方が圧倒的にメリットは大きいです。

  • 本業の収益を超える可能性が大いにある
  • ネット副業であれば自宅で勉強することができる
  • 軌道に乗った際も時間のコントロールがしやすい
  • 個人で稼ぐ力は応用が効きやすい

どうせ副業やるなら、その場しのぎの収入より、自身のスキルアップにつながり時間のコントロールがつきやすいフリーランスが良いと思います。

フリーランスと言えばネット副業ですね。

副業解禁のトレンドに乗るべき人と乗らない方がいい人

副業解禁のトレンドに乗るべき人と乗らない方がいい人

「副業解禁」と言う言葉はGoogleトレンドで見ても過去5年間で、どんどん上昇

「副業解禁」と言う言葉はGoogleトレンドで見ても過去5年間で、どんどん上昇しています。

  • 「ノマドワーカー」
  • 「パラレルワーカー」
  • 「フリーランス」

こんな言葉をたくさん聞くようになり、副業ブームを実感させられます。

ただトレンドが来ているからといって、誰もが副業した方が良いとは思いません。

中には「本業にコミットした方が良いでしょ!」と思う方もいますね。

ここで副業した方が良いと思う人とそうでない人の線引きをしていきます。

副業したほうが良い人

  • 本業が嫌い
  • 本業以外の得意分野がある
  • シンプルに収入を増やしたい人

上記のような方は絶対に副業したほうがいいです。

基本的に起きている時間のほとんどは仕事に費やす人が多いはずです。

その仕事が嫌いでネガティブな気持ちを抱いたまま1日を過ごしているのであれば、本業になりかわるような副業を持つべきだと思います。

生き生きとした気持ちで過ごせないのは、人生の無駄遣いだと思うからです。

本業以外に得意分野があるのであれば、それを副業にしても良いと思いますし、すべきです。

好きなことや得意な事は結果的に、人より秀でた技術となりえます。

そこに収益が発生するのは自然な流れですよね。

最初は副業が身になるまで時間がかかるかもしれませんが、それでも副業を育てる価値はあります。

時間は無いのではなく作るものですからね。

「時間がない」は言い訳です【人生の主役は自分】無い物は作れば良いアイキャッチ「時間がない」は言い訳です【人生の主役は自分】無い物は作れば良い

副業をおすすめしない人

  • 本業に満足している
  • 学習意欲がない人
  • タイムマネージメントができない人

逆にこんな人は副業をしない方が良いと思います。

今の仕事が楽しくて幸せであるなら、お金には代え難いものもありますよね。

収入を上げるために副業を始めてしまえば大なり小なり時間を使います。

大好きな本業に支障をきたすぐらいなら、その分の時間を本業にコミットしたほうが効率的だと感じます。

もしくはやりがいや人間関係、重要なポストである、などの理由で本業が充実しているならわざわざ副業する必要はありません。わざわざ副業する必要はありません

仕事がつまらない理由アイキャッチ仕事がつまらない理由は得るものがないからです【人生の無駄遣いを辞める方法】

次に学習意欲がない方も副業はやめておいた方が良いかもしれません。

元々知識があり、収益に直結させられるだけ出来上がっているのなら良いですが、ほとんどの場合そうじゃありませんよね。

新しいことを覚えて学習しスキルアップしていかなくてはいけません。

「楽に稼ごう」と思っていたり、「単発的に稼げればいいや」と思っているのであれば、副業はおすすめしません。

副業をするにあたってはタイムマネジメント能力も必要になってきます。

割と自己管理の範囲が大きいので、自分に甘い人やだらしない人は、副業を始めても続かないかもしれません。

【まとめ】副業解禁の波にのるべき人たち
  • 本業が副業OK
  • 本業の時間の融通がききやすい
  • 収入を増やしたい
  • 自己成長したい

このような条件に当てはまる方は、副業を始めてみるべきだと思います。

稼ぎたい金額もまちまちだと思いますが、まずは月に1万円でも自分で稼ぐ体験をすることが大切です。

この私のオフィシャルサイトでは、アフィリエイトに始まり、ネットを使った副業の方法たくさん解説しています。

この記事を読んでくださった方の副業ライフに、少しでもお役に立てれば幸いです。