副業YouTubeで稼ぐ方法|ユーチューバーの収入で生計は立てれる?

副業YouTubeで稼ぐ方法

この記事では副業YouTubeで稼ぐ方法と「ユーチューバーの収入で生計は立てられるのか?」にフォーカスをあてて解説していきます。

副業で行う場合、ある程度時間と、かけられる経費にも制限がありますよね。

それでも「今日からユーチューバーになろう!」と思って突然退職したりする人はいないはずですから、最初は副業から始めると思います。

確実に「動画」に対するトレンドの波は来ているので、 ビジネスで情報発信したい人にもYouTubeはおすすめです。

私自身も教育系・ビジネス系YouTuberとして、 現在7.7万人のチャンネル登録者がいるYouTubeを運営しています。※2020年4月現在

KYOKOのYouTubeはこちら

YouTubeの収益はTwitterで公開させていただきました。(Googleアドセンスの収益が確定しているもの)


私自身もYouTubeだけにコミットしている訳ではないので、 副業YouTubeを始める際の参考になる情報をシェアできるかと思います。

是非最後までお付き合いください。

副業YouTubeで稼ぐ3つの方法

副業YouTubeで稼ぐ3つの方法

まず副業YouTubeで稼ぐための方法には3つあります。

1つだけで徹底的に収益化するのもありですし、複数取り組むのも全然アリだと思います。

  • 広告で稼ぐ
  • 自社商品の独自販売で稼ぐ
  • 企業案件で稼ぐ

1つ1つ見ていきましょう。

①広告で稼ぐ

一つ目は、動画に広告を貼って稼ぐ方法です。

これは私の動画ですが、再生開始直後にスキップできる広告が入りますよね?

スキップできる広告

これはYouTube広告の中でも王道中の王道「 インストリーム広告」というものです。

自分の動画のジャンルにマッチした適切な動画が自動的に配信される仕組みで、広告をクリックされると「いくら」といった感じの、クリック型広告です。

広告の取得方法

この広告はGoogleアドセンスというクリック型広告です。

条件は以下の通り。

  • 過去12ヶ月間総視聴時間が4,000時間以上ないと不可
  • チャンネル登録者数が1,000人以上いないと不可

【1再生あたり0.1円】とか言われますが、それもジャンルによって様々です。

教育系やビジネス系の配信では広告単価は比較的高めに設定されているので、再生数の割に大きく稼いでいるyoutuberがたくさんいます。

他にも画面の右に表示される「ディスカバリー広告」やスキップできないタイプの「バンパー広告」など様々な種類があります。

広告の種類まとめ
  • インストリーム広告
  • ディスカバリー広告
  • バンパー広告

②自社商品の独自販売で稼ぐ

次にYouTubeを使って情報発信し、 自社商品やコンテンツを独自販売する稼ぎ方です。

私も最初はこのやり方一本でした。

私のチャンネルのYouTube動画を収益化したのは、意外と最近のことなんですよね。

正直、そこはどうでもいいかなと・・・・それは今でも思っています。

YouTubeを使った自己ブランディングをすることで、独自販売することのメリットは以下のようなことになります。

YouTubeを使った自己ブランディングのメリット
  • 再生数やチャンネル登録者数は関係ない(少ない人数でもコアなファンがいれば売上は立ちます)
  • ブランディングによる個人の信頼度が上がればマネタイズの方法は複数ある
  • プラットフォームの規約変更に売り上げが左右されない

YouTubeを使って「認知」を拡大することで、 自分以外の何かに依存することなくマネタイズできるのであればこの稼ぎ方が最強かと思います。

実際に私のYouTubeチャンネルを開設したばかりの頃、チャンネル登録者数は1000人にも満たない状態でしたが、 私の運営するコミュニティには募集すると、すぐに50人ぐらいは集まりました。

安くはない金額でしたが、このチャンネル登録者数でここまで人が集まることは、すごいことです。

商品はどのようなものでも構いません。

※とんでもなく粗悪なものやファンをがっかりさせてしまうような物を販売するのはダメですよ・・・

  • 有料note
  • 自分の著書
  • オンラインサロンなどのコミュニティ
  • 自社の運営サービス

などなど。

信用を勝ち取ることができれば、展開の仕方は多種多様ですよね。

③企業案件で稼ぐ

そして三つ目は「企業案件」をとることで稼ぐタイプのやり方です。

企業案件とは、 簡単に言うと自分のチャンネル内のYouTube動画で、 依頼企業の商品を宣伝してあげる代わりに報酬を得るということです。

目安としては【チャンネル登録者数×1.5円】くらいが基本みたいです。

企業としても拡散力のあるクリエイターに依頼することが多いわけなので、チャンネル登録者数が少ないうちは依頼が来ることもあまりないでしょう。

これはInstagramなどの企業案件でも同じですよね。

人気者に商品を紹介してもらいたいわけです。

10万人位チャンネル登録者数がいれば、一案件15万円ですから、稼げるといえば稼げます。

YouTubeを使った副業での稼ぎ方としてはこんな感じで3つあります。

副業YouTubeの始め方

そして肝心な副業YouTubeの始め方をここで解説していきます。

大まかなステップとしては以下のような感じ。

STEP.1
チャンネルを開設する
STEP.2
必要なものを揃える
STEP.3
参入ジャンルを決める
STEP.4
発信スタイルを決める
STEP.5
動画撮影と編集をする

1つ1つ説明していきます。

チャンネルを開設する

まずは当たり前ですが、自分のYouTubeチャンネルを開設しなくてはいけません。

チャンネルを開設するのに必要なものはGoogleアカウントです。

Googleアカウント

こちらからまずはGoogleアカウントを作りましょう。

既に持っている人は、 その GoogleアカウントでYouTube にログインします。

左下にある[設定]から、 新しいチャンネルを開設できます。

【経費】YouTubeを始める時に必要なもの

次にYouTubeを始める時に必要なものですが、本来揃えるべきものはたくさんあります。

ただ、副業で始めるのであれば最初は最低限でいいと思います。

資金的にも揃えるのは厳しいはずですからね・・・

副業でYouTubeを始める時に必要なもの
  • スマホ(できればスペックの高いiPhoneがおすすめ)
  • スマホに装着できるマイク
  • Ledライト

資金的に余裕が出てきたら、プロンプターを使ったり、撮影機材にこだわってもいいのかなと思っています。

参入ジャンルを決める

次にどんなことを発信していくのか参入ジャンルを決めていきます。

これはどうやって収益化していくのかにも寄るんですよね。

例えば

再生回数がものを言う広告クリックで稼ぎたい場合

幅広く万人に受けやすいジャンル(食・美・健康など・・・)

 

自社のサービスなどを販売したい場合

ニッチなジャンルでもコアなファンがつかめれば良い

どうであっても長く発信し続けなくてはチャンネルが育たないので、自分が話せるジャンルなのかは見極める必要があります。

一番ダメなのは方向性を決めずに始めてしまうこと。

ブログでもそうだと思いますが、発信の方向性が定まらず日記のような記事をたくさん投稿していてもファンは付きません。

それはYouTubeでも一緒です。

あなたが何の人なのかはっきりわかるようなチャンネル作りをするために、ジャンルは定めておいた方が良いです。

発信スタイルを決める

発信スタイルは途中で変えても構わないと思いますが、いくつか種類があることだけは覚えておきましょう。

  • 1人しゃべりスタイル
  • スライド動画
  • ライブ配信スタイル

私は1人しゃべりスタイルが多いですね。

説明系の動画であればスライド動画形式で発信する人もいます。

他にも、編集しないタイプのライブ配信スタイルで情報発信するクリエイターもいます。

DAIGOさんが有名ですね。

どの発信スタイルが良いかは 、選んだジャンルや発信者の雰囲気によって変わるので試してみるしかありません。

数字を見ながら改善していくのが良さそうです。

動画撮影と編集をする

ある程度大枠が決まったら実際に動画を撮影していきます。

動画を撮影する際には下準備をしておくと良いでしょう。

  • 台本を作っておく
  • カメラが映る場所をきれいにする
  • 自分本人の身だしなみを整える
  • 照明やマイクの確認

副業だと時間が限られているので、空いた時間で台本を作成し、サクッと撮影できるようにしておくのがいいかなと思います。

動画を撮影する際も、やはり台本があると、構成が整います。

ブログなどで記事を作成する際のやり方でも説明していますが、最終的に何を言っているのかわからない記事にならないようにするためには、先に構成(見出し)を決めておく必要があります。

これはYouTubeでも一緒です。

後はYouTubeは動画コンテンツになるので、見た目もかなり重要。

顔出しするのであればうつる本人の見栄えも大切ですし、顔を隠すのであってもカメラが映る場所は綺麗な方が良いです。

どんなにかっこいいことを言っていても、部屋がとてつもなく汚なかったり不潔な印象だと信憑性が大きく下がってしまうからです。

その他、 YouTubeチャンネルを育てるためのやり方は別の記事に詳しくまとめていきますね。

YouTubeで情報発信する際の簡単なコツについては当記事内でも触れておきます。

情報発信のコツへジャンプ

撮影が終わったら動画編集です。

動画編集の技法もたくさんありますが、こと「副業」 ということであれば、 まずは最低限の編集技術を身につけておくことをお勧めします。

カット編集

「あーー・・」とか「えーーっと・・」などの間をカットする。

テロップ入れ

話している内容を文字に起こして表示させる。

まずは最低限これだけは行った方がいいでしょう。

私も最初は全て自分で編集していましたが、現在は動画編集者のサムくん(@ssamsoulmate)に全てお願いしています。

副業の学校でも動画クリエイター講座を2020年に開講予定ですので興味のある方は楽しみにしていてください。

副業の学校について全てをお話します

編集技術としては今紹介したもの以外にも、たくさんあります。

  • 効果音
  • BGM
  • エフェクト

などなど、こり始めればキリがありませんので、まずは最低限で練習してみましょう。

一通りの動画コンテンツが完成したら、動画をアップロードします。

アップロードする時間帯なども研究して出すのが良いですよ。

基本的にユーザーの手が空いている時間帯に YouTube は視聴される傾向ですが、 一概に何時とは言えません。

子供向けのチャンネルであれば、土日の昼間とかもいいかもしれませんが、

主婦向けのコンテンツを配信しているチャンネルであれば土日の昼間は忙しくて視聴する時間はないでしょう。

ビジネス系の内容を発信しているのであれば、会社から帰ってきた後の比較的遅い時間の方が良いはずです。

このように、 選んだジャンルの想定ユーザーがどのような時間帯にYouTubeを見るのか考えてみましょう。

情報発信のコツ

ただ闇雲に動画を投稿するのではなく、やはりYouTubeに好かれるチャンネルを作っていく必要があります。

そのためのコツをいくつかここで紹介します。

タイトル
  • 最低限のSEO対策
  • 投稿頻度
  • エンゲージメントとレコメンド
  • 顔出ししたほうがよい

最低限のSEO対策をする

「YouTubeではSEO対策は必要ない」という声もよく聞きますが、ある程度はしておいた方が良いと私は思っています。

どんなことをするのか・・・?

【キーワードをタイトルに含める 】これです。

実際にYouTubeの動画のトラフィックソースで大きな部分を占めるのは、 ブラウジング機能や関連動画からの流入がほとんどです。

SEO対策をしたからとて、 YouTube検索やGoogleの検索エンジンからの流入はあまり期待できません。

今のところは・・・

やはり動画を見たい人は直接YouTubeのプラットフォームに行くでしょうし、 わざわざ検索キーワードを打ち込む人は、テキストで見たいのかもしれません。

今のところは・・・

ただキーワードというのは検索者の心を映し出している言葉なので、 需要の強いキーワードであれば積極的にコンテンツにするべきです。

ニーズのあるところに供給すると反応が取れるので。

それと、 Googleが積極的に動画コンテンツを検索結果に出してきているところを見ると、因果関係が薄いとは思いにくいのです。

動画が高速でストリーミングされる5Gの時代がやってきた際に備えて虎視眈々と検索エンジンを整えているのでは・・・と。

これは勝手な推測ですけどね。

別に損はないわけですから、キーワードをタイトルに含めるぐらいはやった方がいいかなと思います。

投稿頻度は高めに設定

これは一概には言えないのですが、最初のうちは投稿頻度高めがおすすめ。

  1. チャンネルを覚えてもらうため
  2. 動画作成の練習のため

この二つの理由が大きいです。

突然副業でYouTubeを始めても、正直なかなか続かないのが現状です。

最初は反応も取れませんし、慣れない撮影や編集にうんざりするのは否めません。

「慣れ」 のためにも毎日更新とまでは行かなくても、頻度は高めに投稿しましょう。

中には「高クオリティの動画を1週間に1本」とかでチャンネルを大きく育てているクリエイターもいますが、イメージ的には作業量多めのチャンネルの方が優勢かなと感じています。

エンゲージメントとレコメンド

YouTubeを大きく伸ばすためには「関連動画に載る」事が命です。

ネット上のサービスでレコメンドされるにはある共通点があります。

  • Google砲然り
  • tiktokも然り

もちろんYouTubeでも・・・

私はGoogleの人間ではないので、「絶対にそうだ」とまでは言いませんが、概ねそうかなと思っています。

それは【コンテンツ公開後の初動】です。

テキストコンテンツがGoogleのおすすめに載る「 Google砲」 では、記事をアップロードした直後に沢山のアクセスやエンゲージメントが取れるとピックアップされます。

それによりさらなるアクセスが期待できる。

YouTubeもGoogleのプラットフォームですから理論は一緒です。

関連動画に乗るための施策は細かなところを言うとまだまだありますし、「初動」だけで全てが完結するわけではありません。

ですが副業で時間のない中でもアップロードした動画をSNSでアプローチするぐらいならできるはずです。

少しでも初動をつかむためにSNSを活用しましょうという話です。

顔出ししたほうがよい

これは言うまでもありません。

顔出ししている方が信頼を勝ち取ることができるからです。

ただ本業の兼ね合いで、顔出しができない人もいますよね。

有名なユーチューバーの中には、マスクをつけていたり、 お面をつけていたりするクリエイターもいるので絶対ではありません。

キャラ立てをものすごく上手にできるのならそれでも良いのかもしれません。

ただ「 どっちが?」 と言われれば、逆の立場になってみるとわかるはずです。

素顔を知っている人の方が親近感がわきませんか?

表情も見えるので、話す言葉にも色が付きます。

それでもほとんどの人が、顔出しするのをあまり好まない傾向にあります。

つまりここがチャンスということです。

副業YouTubeの収入で生計は立てれる?

実際に「副業でYouTubeを始めて、その収入で生計が立てられるのか?」 は、様々な要素に左右されます。

  • 収益化の方法による?
  • 参入ジャンルによる
  • かけれる時間による
  • チャンネルステータスによる

どのような方法でマネタイズするのかによっては、チャンネル登録者が重要ではない場合もあります。

チャンネル登録者が重要でないということは、 再生回数が重要である「広告で稼ぐタイプ」とは違い、 動画の本数などはあまり関係なくなります。

つまりあまり時間をかけなくてもよいということになります。

「広告で稼ぐタイプ」だとしても、 前述したとおり参入ジャンルによって広告単価は違います。

ただ、生計が立てられるぐらいの収入を30万円と過程した場合、副業でも大いに稼ぐことができると思います。

「どれぐらいの期間で」などは影響される要素が多いのでハッキリとは言えませんが、

  • 需要のあるコンテンツ
  • 最低限の動画のクオリティ
  • 毎日投稿を3ヶ月

これぐらいの条件を満たせば、個人のブランディングも確立し認知もされるかと思いますね。

3ヶ月毎日投稿すれば、およそ90本の動画コンテンツができます。

上達することも考えれば、 百歩譲ってもマネタイズはできるはずです。

YouTubeで副業をしたら会社にバレるか?

副業はバレるのかについては、YouTubeに限らず可能性はあります。

そもそも顔出しでやっていたら、バレる可能性は大ですよね。

全く収益化できていないのであれば「趣味です」で通るかもしれませんが、年間で20万円以上稼いでしまった場合は、 確定申告の義務が発生するので、税金でバレます。

副業禁止の会社であるなら、隠れてやるのはやはりおすすめしません。

副業でYouTubeをやりたいなら、会社の許可を取るか、副業OKの会社に転職するなどしたほうが絶対に良いです。

隠れてコソコソブレーキをかけながらコンテンツを創るより、正々堂々と良いコンテンツを作った方が副業も育つと思うからです。

  • 顔出ししたらばれる可能性がある
  • 20万以上稼いだらばれる可能性がある

副業YouTubeの始め方まとめ

副業でYouTubeを始めるにあたって「時間とお金がない中」という状況を仮定してお話ししました。

ポイントは本当に時間の効率化かなと思います。

最低限の事はやりつつも、効率化して量をこなすことで結果がついてきます。

YouTubeなどの動画コンテンツはこれから伸びる分野であることは間違いありません。

「YouTubeはもう遅い」と言われている今は、まだまだ先行者のフェーズです。

副業で参入し、種まきをし、近い未来に絶対来るであろう動画のビッグウェーブに是非乗っていただきたいと思います。