副業と複業の違いとは?【複業の事例】今すぐ始めるべきです

副業と複業の違いとは?【複業の事例】今すぐ始めるべきです

執筆者:副業の学校代表 KYOKO

この記事では副業と複業の違いについて事例を交えて解説していきます。

「働き方改革」が騒がれる中で、近年仕事に対する定義や取り組みは大きく変わってきています。

2018年1月から副業解禁となり、徐々に副業OKの企業も増えてきました。

副業と複業には、言葉の違いこそあるものの、大きな意味合いとしては【複数の仕事を持って収入を得る】ということで間違いありません。

今回はもうちょっと具体的に、両者の違いについて解説していきます。

最終的な結論としては、どちらであれ今すぐ始めるべきだということです。

1つの会社に骨を埋める時代は終わりましたので、今すぐ副業を始めて個人で稼ぐ力を身に付けた方が良いというのが私の個人的な考えです。

副業と複業の違いとは?

副業と複業は意味合い的に大枠は一緒です。

ただ副業は、本業以外のサブ的な収入源という位置づけ。

複業は、もはや本業が複数あるというような位置づけ。

こういうとわかりやすいかもしれません。

本気度の違いがある

まず副業と複業では、かける労力や本気度に違いがあると思っています。

かたやお小遣い稼ぎですし、かたや起業レベルといった印象。

もちろん、副業でも本業以上に稼げてしまい、【副業→複業】という流れになった人もいるでしょう。

もはやそちらの方が多いかもしれません。

かける時間も違うので当然といえば当然なんですけどね。

かける時間の違い

副業は本業の傍ら、すきま時間でも始められるハードルの低さが魅力でもあります。

一方、複業では「空いた時間でちょこっと・・・」みたいな話ではありません。

本業レベルの仕事を複数持つという事ですから、それらをこなすための時間もかなり使います。

重要なポイントなので強調させていただきます。

「複業は好きな仕事じゃないと続きません」

時間をかけても苦にならない業種が絶対的にオススメです。

もちろん稼げる金額も違う

かける時間が違えば稼げる金額も変わってくるでしょう。

というかイメージ的には、副業から始めて複業になるといった印象です。

アフィリエイトを副業で始めて、思った以上に稼げてしまったので、会社を辞めてフリーランスになった。

 

培ったスキルを生かして、ライター業とエンジニア業を並行してこなしている。

アフィリエイトなんかは、WEBマーケティング全体のスキルをまんべんなく高めることができるので、どんな複業をするにしても踏んでおいた方が良いなと思っています。

アフィリエイトの始め方

最初は月に1万円の副収入でも、個人でお金を稼ぐのって素晴らしいことです。

それが高じて得意分野になり複業にできれば、そりゃあ稼げる金額も大きくなりますよね。

【副業と複業】メリットとデメリット

【副業と複業】メリットとデメリット

では、「複数の収入源を持つ副業や複業はいいことばかりなのか?」と言われれば、そういうわけでもありません。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

副業のメリットとデメリット

  • 隙間時間を利用できる
  • 割と短期間で収益化できる
  •  簡単に始められる
  • 収益は割と小額になりがち
  • 手っ取り早いのは労働型副業
  • 副業禁止の会社だった場合バレるリスクがある

副業はとにかく個人で稼ぐとっかかりとしては非常にハードルが低いです。

本業の傍ら、すきま時間で始めることができ、とりあえずは自分だけでお金を稼ぐ体験をすることができます。

クラウドワークス ランサーズなどで、 WEBライターをしたりすれば、月に1万円位ならすぐに稼ぐことができるはずです。

ただ本業の会社が副業禁止だったりした場合、年間20万円以上稼いでしまうと、申告の義務が出てきてしまいます。

そうすると会社にバレますよね。

バレないようにやるためには年間20万円以下しか稼げないということです。

副業OKの会社ならこの辺は問題ありませんが、やはりインプットから始めなきゃいけないわけなので、最初は稼げる金額が少額になりがちです。

ただ、「最初から得意なことがたくさんある」みたいな人って少ないと思いますので、順序としては副業から始めるのがベストですね。

 複業のメリットとデメリット

メリット
  • 収入がかなり増える
  • 複数の得意分野でビジネスができる
  • 知識が広がる
デメリット
  • 収入がかなり増える
  • 複数の得意分野でビジネスができる
  • 知識が広がる

一方複業は、本業レベルでやるわけですから、稼げる金額が大きくなります。

というか前述したように、ゼロベースで突然【複業】というよりは、ある程度下積みがあっての複業ですよね。

かける時間は副業よりも多くなると思いますが、今まで培ってきたものをベースとして始めるのであれば苦にならないレベルだと思います。

基本的には「フリーランスで二足のわらじ」になることがほとんどだと思いますが、中には複数の会社に勤める方もいるかもしれません。

ただ【副業OK】の会社は増えてきていても、【複業OK】の会社は少ないのが現状です。

IT関係のベンチャー企業であれば、【複業OK】の会社もあり、基本的には時間給ではなく成果報酬型となります。

【事例でわかる】複業の全て

【事例でわかる】複業の全て

WEBライターのまさこさんの事例

まさこさん

始めたきっかけ

子供と接する時間を増やしたいと思ったことがきっかけです。

 

まずは家で出来る仕事がないかとネット検索する事から始めました。

 

ネットでの副業と、本業、子育ての両立が現実的に難しくなってきて、副業開始から2年目で本業を辞める事になりました。

 

今では、子育てだけでなく高齢の母のサポートが出来る環境に感謝しています。

本業は?

以前は、アパレル会社の店長として働かせて頂いていました。

 

今では、WEBライターとしての活動が本業となっています。

 

クラウドソーシングサイトで案件を受注したり、直接クライアントさんからお仕事を頂く事が多いですね。

本業との時間配分(スケジュール)

当時は本業の休みがほとんどなくフルで働いていたので、副業に当てられる時間は夜中2時間程度でした。

 

今では、1日5時間程度作業に当てる事が出来ています。

 

もちろん、頂いたお仕事の関係でもっと作業時間を増やす事は可能な環境ですね。

収入

現在では、アフィリエイト収入などを除いたWEBライターのみで、月20万円程の収入を得る事が出来ています。

 

ライターの仕事は、やったら確実に収入に繋がるのも魅力の一つですね。

 

経験が単価アップに繋がるので、これからも積み上げていきたいと思います。

WEBライターの始め方|初心者でも副業で稼げます

ブロガーのRyota@パラレルワーカーさんの事例

ブロガーのRyota@パラレルワーカーさんの事例

始めたきっかけ

ブログを収益化したのは勤めていた工場の交代制導入がきっかけです。

 

交代制が導入されたことで残業がほぼゼロ。年収が80万円近く減りました。

 

高校時代よりブログやサイト運営を趣味にしていたため、収益化をスタート。

 

ブログと工場勤務2つの仕事を両立してきました。

本業は?

現在は「複数のブログ、メディア運営」「WEBライター」「セミナー講師(個人・法人両方)」「作曲活動」の4つを仕事として取り組んでいます。

 

また、夢だった「メンタル系のアドバイザー」をメインの仕事とするべく日々作業を継続。

 

最終的に「メンタル系アドバイザー」「ブログ、メディア運営」の2つを本業とし、他の仕事を補助的な柱にしていく考えです。

 

工場勤務当時は「製薬工場の資材管理・ラインオペレート補助・内容物製造補助・商品写真撮影」などを担当。

 

工場勤務とブログ運営の2つを掛け合わせながら仕事を続けてきました。

本業との時間配分(スケジュール)

複業をする方の多くが会社員との両立になりますよね。私が工場勤務とブログ運営を両立していた時の時間配分をご紹介します。

※交代制勤務、残業のあるなしがあります。

 

今回は早番で残業があった場合・なかった場合の両方をお伝えしますね。

06:20
起床
07:30
出社
16:30
仕事終了
17:00
帰宅
17:00~19:00
ブログ執筆
19:00~20:00
食事やお風呂など
20:00~22:30
ブログ執筆
 
22:30~06:20
就寝

残業があった場合、帰宅時間が2000になります。

 

ブログ執筆時間はおよそ1時間~1時間半です。

 

休日は予定がない限り作業しています。1日12時間ほどとお考えください。

収入

現在の収入は60~160万の間。

 

景気や時期により左右されます。

 

月の収入が20万を割り込み、それが1年続いた場合は「一時的にフルタイムのパートで生計を立て直す」と考えています。

 

ブログを中心とし、自由に働き方を選ぶ。

 

そんなパラレルワークを日々続けています。

今すぐできるブログの始め方・作り方|知識ゼロでも簡単スタート

WEBデザイナーのマエさんの事例

WEBデザイナー

始めたきっかけ

もともとフリーで活動する目的があったので、販路獲得とスキルアップのために始めました。

本業は?

WEBメディア・紙媒体・ITツールなどで販売促進を行うインハウスデザイナーをしていました。

本業との時間配分(スケジュール)

9時〜20時まで本業を行い、帰宅後、22時ぐらいから夜中26時〜27時まで作業していました。

収入

副業を始めた当初は、クラウドソーシングサービスを半年ほど使い、給料とは別に月3万〜5万程度稼いでいました。

 

その後、アフィリエイトにも取り組み、アフィリエイトだけで月10万ほど稼げるようになりました。

 

そこからクライアントから直接WEB制作の依頼をいただくようになり、20万〜30万コンスタントに稼げるようになったのでフリーランスとして独立しました。

【副業】WEB制作の収入と仕事内容|デザインやライターなど多彩に稼げる

【まとめ】副業でも複業でも今すぐ始めるべきです

このような感じで副業と複業の大枠の意味は一緒です。

微妙なニュアンスの違いですね。

私としては、どちらにしても今すぐに個人でお金を稼ぐスキルを習得すべきだと思います。

理由は3つ。

  1. 会社の給料は上がらない
  2. 依存しない方が良い
  3. 楽しいから

当たり前ですが、普通に会社に勤めていてもお給料が驚くほど上がるという事は考えにくいです。

とてつもない出世をしたとしても、素晴らしい商談を決めてインセンティブが入ったとしても、月に500万とか600万とかは厳しいはずです。

それは何故か?

会社に時間や労働力を切り売りして働いているからです。

時間や労働力には多少の振れ幅があったにしても、経営者としては予算内でその振り幅以内の金額を支給します。

だから収入は上がらない。

個人で稼ぐという事は、時間や労働力ベースではなく、スキルやクオリティーベースの話になってきますから、スキルアップすればするだけ収入は上がり続けるようになります。

また、作業や時間の配分も自分でコントロールできるのも魅力です。

「会社に勤める」という事は、主導権は雇用主にあり、雇用される側はそれに従って労働することになります。

その代わり「保証」が受けられるのかもしれませんが、何かあったとき主導権は自分にあった方が良いです。

何事も依存するのは良くありませんね。

後はやっぱり楽しいからです。

本業は割と「嫌々やっている・・・」という人は見かけますが、副業は嫌なのにわざわざやる人はあまりいませんね。

もともと好きだった事で稼いだり、副業として模索している段階で好きになりスキルが身に付いて起業するパターンです。

好きなことで生きていくって最高だと思います。