Piwikアクセス解析設置方法(ヘテムルサーバー編)


無料アクセス解析「Piwik」の設置方法について動画を撮らせていただきました。

 

今回はヘテムルサーバーに設置する方法になります。

 

私も設置してまだ1ヶ月くらいですが、色々な情報が拾えているなと実感しています。

 

なんといっても無料というのが良いですね。

 

ペラサイトを量産していくと、どうしても見落としてしまいがちなサイトが出てきてしまいます。

 

私は、忍者アクセス解析を使っていて、100サイトまでは有料のプランに契約していました。

100サイト以降は、広告が出ますし、いちいち確認しに行ったり、タグを入れ替えるのが面倒になってきました。

 

そこでどうしたものか・・・と思っていたときに、ゆうきさんの動画でねこすけさんが紹介されていたので早速やってみることにしました。

 

Piwikはサーバー設置型のアクセス解析になります。

サーバーの領域を使って、アクセス解析を動かしているという感覚なのですかね。

 

詳しいことはわかりませんが、1度どこかのサーバーに設置してしまえば、

サーバーを介していてもアクセス解析が可能になります。

 

これは本当に便利だなと思います。

 

一番、気に入っているのは、どのサイトからリンクがクリックされているのか見れることですね。

滞在時間、検索キーワードももちろん拾えます。

 

私が見る部分は、

・アクション→ページタイトル

・アクション→外部リンク数

・リファラー→検索エンジンとキーワード

・リアルタイムのビジター→詳細なビジターログを表示

です。

 

ペラサイトを量産しているとはじめはアクセスがきませんよね。

タグを発行するのも面倒になってきます。

 

最初は、何個か同じタグで使い回して見ています。

 

その中からアクセスがきだしたなとか、力をいれているジャンルごとタグを分けています。

 

サーバーの領域を使って計測しているので1日に何万、何百PVあるサイトを何個も入れているとサーバーに負荷がかかると思います。

でもペラサイトなので、大丈夫かなと思っています。

 

Piwikのファイルをサーバー内にアップロードする際にFTPを使います。

もし「File Zilla」の設置の仕方が分からない方は、こちらの記事を参照ください。

⇒【FTPツール】File Zillaの導入方法

 

私も引き続き、検証しながら使っていきたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Piwikアクセス解析設置方法(エックスサーバー編)アフィリエイトアクセス解析