キーワードの組み合わせの種類|選定する際のコツとは


KYOKO

KYOKO
一口にキーワードと言っても、様々な種類キーワードがあります。

そのキーワードによっては、購買意欲が様々なユーザーがサイトに訪れます

案件にもよりますが、より購入したいユーザーがクリックするようなキーワードを選定しましょう。

価格系キーワード

  • 激安
  • 最安値
  • 100円

など・・・

 

KYOKO

KYOKO
上記のような、価格訴求系のキーワードはダイレクトに販売に結びつくキーワードです。

そのため他のアフィリエイターも狙っている事が多くライバルが多数なのも特徴です。

 

販売店系キーワード

  • 薬局
  • ドラッグストア
  • 店舗

など・・・

KYOKO

KYOKO
どこで売っているかを調べるユーザーが検索するキーワードです。

売ってる場所を知りたいわけですから、購買意欲は高いキーワードになりますね。

 

悩み系キーワード

  • 下痢
  • ニキビ
  • 痛い

など・・・

KYOKO

KYOKO
なにか特定の悩みを解決したいときに打つキーワードです。

悩みを解決してあげるようなコンテンツを記載すると成約率が高まりますね。

 

ネガティブ系キーワード

  • 効果なし
  • 痩せない
  • 合わない

など・・・

上記は、一見マイナスイメージなキーワードです。

ですが、購入を考えているユーザーにとっては気になって気になって仕方がないワードですよね。

だって購入してみて期待外れな商品だったら困るわけですから・・・

KYOKO

KYOKO
ユーザーの不安を払拭してあげられる様なコンテンツを提供する必要がありますね。

 

口コミ系キーワード

  • 口コミ
  • 評判
  • 評価

など・・・

KYOKO

KYOKO
このキーワードでは、その商品が他の人にどの様な評価を得ているのか気になっている人が検索してきます。

他の人の意見を参考に購入を検討しているユーザーなので、購買意欲は高いでしょう。

 

効果系キーワード

  • 効果
  • 効能
  • 効き目

など・・・

KYOKO

KYOKO
その商品を使った時に、どのような効果が得られるのかを気にしているユーザーが検索するキーワードです。

しっかりリサーチして答えを記載することで、成約に結びつけることができます。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キーワードサジェストとは|選ぶ時アドバイスツールはあるの?

キーワード選定の際に絶対にやってはいけないこと

キーワードとは|検索数やボリュームで意味は変わるの?