アフィリエイターが意外とやっていないコピーライティングの常識


 

稼げるアフィリエイターでも意外とやっていないコピーライティングの常識があります。

それは、具体的な名称を使わずに曖昧な文章を書いてしまうということです。

私たちアフィリエイターが作るサイトの先には、ユーザー(訪問者)がいます。

面と向かって会話ができるわけではないので、文章でそのサイト内の情報を伝えなければいけません。

そのためには10人読んだら10人同じ理解を得られる文章を書かなければいけません。

その1つの方法として、具体的な名称=固有名詞を入れるということです。

例文を見てもわかるように、より説得力のある文章に様変わりしたと思います。

10人読んでも1通りの解釈ができない文章になっているでしょう。

 

KYOKO

KYOKO
アフィリエイトサイトでも商品の魅力などを、1通りの解釈しかできないような内容で書くことを心がけてみましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

5W1Hで100倍読まれるアフィリエイトサイト文章に!?

#4【保証】アフィリエイトサイトで注文せずにはいられない案件・ライティングとは?

#3【特典】アフィリエイトサイトで注文せずにはいられない案件・ライティングとは?

#2【希少性】アフィリエイトサイトで注文せずにはいられない案件・ライティングとは...

#1 【簡便性】注文せずにはいられない案件・ライティングとは?

読む人を飽きさせないアフィリエイトサイトの文章術