転換率!?成約率をグンとあげるコンテンツ記事の書き方~ノウハウ編~


 

 

 

こんにちは、KYOKOです。

今日は、転換率を理解し、成約率をあげるコンテンツ記事の書き方についての講義です。

 

このタイトルを見て、まず転換率って何なんだ?と疑問に思った方も多いでしょう。

転換率は別の言葉で表現すると、CVR(コンバージョンレート)、購買率、成約率です。

ASPの管理画面などで耳にしたことも多いのではないでしょうか?

 

転換率は、ネットショップや通販などでよく使われている言葉なのですが、サイトアフィリエイトにもそれが応用できます。

アクセス数(訪問者)に対して、商品が売れる確率を示します。

つまり、転換率をアップさせることで、売り上げアップにつながるのですね。

 

転換率をアップさせるためにKYOKOが気を付けている3つのポイントを紹介します。

 

①悩みを解決するための記事

②その商品・サービスを使った体験談

③ニッチな情報を記載している記事

 

①の悩みって何が存在すると思いますか?

KYOKOは大きく分けて2つあると考えています。

1,身体的、精神的にもつ自分の悩み

2,その商品自体に関連する悩み

 

1は、その商品を使うことで本当に自分の悩みは根本から解決できるのだろうか?ということを訪問者の方は知りたがっています。

だからそれをコンテンツに書くことが大事になりますよね。

2は、悩みの種類が違います。

その商品やサービスを購入する際のつまづくポイントや購入後の手続きに関する悩みなどです。

つまりその商品やサービスを身近におくことで発生しうる悩みです。

 

ですので、この世に悩みの存在する人間なんていないってことも考えられてしまいます。

悩みがあることで物は売れていくので、その悩みをくすぐるコピーが書ければ自然と転換率は上昇します。

 

 

次に、②の商品・サービスを使った体験談です。

つまりレビューですね!

実際にその商品を使った写真や感想を述べることで信憑性がグンとあがります。

訪問者はそのレビューしている人に自分を投影するのです。

すると、転換率はぐっとあがります。

サイト運営者がここまでの効果を実感しているのであれば、もしかしたらという希望をユーザーに持たせます。

レビューは本当に強い手法だと感じますね。

 

 

最後に③のニッチな情報を記載している記事です。

ニッチというのは、日本語で隙間という意味です。

つまりオリジナリティのある記事ということになります。

ニッチなオリジナリティのある記事を書くことで何が良いのでしょうか?

 

私はそのサイトや記事の優位性が保たれると思っています。

それが自然と上位表示に繋がり、購買率・成約率が上がります。

 

 

以上の3つのポイントを意識して書くだけで、コンテンツの濃さ、深さが出て、訪問者に響く記事に変わってきます。

感情に訴えかける記事が書けるようになると必然的に転換率は上昇します。

今後、記事を書く際に試してみてください!

 

 

KYOKOのYou Tubeチャンネル登録はこちら

↓ ↓ ↓


http://urx.mobi/xzf5

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げるアフィリエイトサイトは【一文一義】を徹底している

#1 【簡便性】注文せずにはいられない案件・ライティングとは?

アフィリエイターが意外とやっていないコピーライティングの常識

人は理由がないと物を買わない!?心理戦で成約率をあげろ!

5W1Hで100倍読まれるアフィリエイトサイト文章に!?

アフィリエイトでリアリティーを追求する文章の具体例