【アフィリエイトサイトのコピーライティング】売れるのはどっち?


 

 

 

アフィリエイトサイトを構築していくうえでコピーライティングは必須になってきます。

 

私たちアフィリエイターは対面で商品を売るわけではなく、自分たちが作ったサイトを読んだ訪問者の方が購入するからです。

 

顔の見えない世界なので、コピーライティングは非常に大事になってきます。

 

今回は文末表現についてお話しました。

 

日本語の文末表現には2つの型があると言われています。

 

~だ、~であるという言い方と
~です、~ますという言い方です。

 

一般的にはアフィリエイトサイトでは~です、~ますという言い方を用いたほうがよいとされています。

 

それは~だ、~であるという言い方は相手に圧迫感を与えてしまう印象を与えることがあるからです。

 

逆に~です、~ますという言い方は丁寧な印象を与えるので、訪問者の方と私たちアフィリエイターとの距離が縮まり、親近感を与えます。

 

商品をサイトから買ったもらうには相手に親近感、信頼感、信ぴょう性を与えることが非常に大事になってきます。

 

~だ、~であるで統一した文章例

 

~です、~ますで統一した文章

 

文末表現を統一しない文章

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アフィリエイトのセールス(sales)におけるベネフィットの重要性

稼げるアフィリエイトサイトは【一文一義】を徹底している

アフィリエイターが意外とやっていないコピーライティングの常識

サイトは導線を意識せよについての講義~ノウハウ編~

人は理由がないと物を買わない!?心理戦で成約率をあげろ!

アフィリエイトでリアリティーを追求する文章の具体例