【strongタグとbタグの違い】アフィリエイトサイトでGoogleに評価されるのは?


今回は、strongタグとbタグの違いについて解説しています。

どちらも装飾をすると見た目は【太字】になり、大差はありません。

しかし、Googleに対しての情報の伝え方が異なります。

strongタグ・・・Googleに「ココすごく大事な単語なので認識してくださいね」

bタグ・・・「装飾上、太字にしているだけです」

この違いがあります。

シリウスとWordPressではBというボタンを押すと、strongタグになります。

strongタグは、むやみやたらに多用していますとペナルティの危険性が高まると言われています。

ですので、1記事あたり3~4個くらいをめどに使用すると良いでしょう。

シリウスでは自分の設定でbタグを入れることもできます。

ですので、今後サイトを作る際にはstrongタグとbタグの使い分けをしてみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アフィリエイトサイトは信憑性がカギ【情報リサーチに必要な3つのこと】