【KYOKOのリライト風景公開】4つのポイント押さえて効率化~ノウハウ編


 

 

 

こんにちは、KYOKOです。

今日は、リライトについての講義でお話を進めていこうと思います。

 

リライトというのは、

他人の原稿を書き直すこと

ある文章を目的に合わせて書き直すこと

をいいます。

 

難しい言葉で書くとこうなりますが、実際にみなさんは自然とリライトという作業を行っているのです。

アフィリエイトをサイトを構築していく上でリライトは欠かせません。

 

KYOKOがリライトをする際に気を付けている4つのポイントを紹介しようと思います。

①単語を入れ替える

②単語の表現方法を変える

③文末表現・口調を変える

④段落ごと入れ替える

 

①の単語を入れ替えるというのは非常にシンプルです。

リライトっていうの?と思う人も中にはいるかもしれません。

しかし、この単語を入れ替えるというのがリライトの一番の基本になるのです。

楽天・Amazonという順番で書かれていたとしたら、Amazon・楽天に変えてみるとか。

成分名の表基準を変えてみたりとか。

 

 

次に②の単語の表現方法を変えるということについてです。

単語=wordの意味は変わらないけど、表現の仕方を変化させるということです。

楽天⇒楽天市場

Amazon⇒アマゾン

に変えてみたりするのも手ですね。

ニキビを吹き出物に変えたりすることもリライトの基本となります。

 

③の文末表現・口調を変えるというのが皆さんがリライトするときに一番利用している方法かと思います。

文末表現というのは日本語の語尾の部分「~。」で終わる部分の表現の仕方を変えます。

「~です」を断定表現の「~である」に変えることも1つの手ですね。

 

口調を変えるというのは、言ってしまえば人間が変わるということですね。

~でしたよね。

~だったよね。

~でしょ。

など同じ人の意見と思わせないような口調を考えてみると一気に文章の意味が変わってきたりします。

 

 

最後の④の段落ごと入れ替えるということです。

これは非常にシンプルです。

サイト構成の中で段落というのが存在するかと思います。

それをごっそり入れ替えてしまうという方法です。

もちろん段落を入れ替える際には①~③の方法を取り入れながらやることでオリジナリティあふれる文章が出来上がるのではないかと思います。

 

 

そして、今回の動画では、KYOKOが実際に行っているリライトの風景を公開しました。

どうでしょうか?

私のリライトスピードはこんな感じです。

早いでしょうか?遅いでしょうか?

私はサイト作成をする際にリライトに比重を置いていません。

なぜならもっと時間をとって考えるべきところがあるからです。

一番はユーザーさんが求めるキーワードに対する答えをしっかりと書くことですね。

ですので、リライトはそこまで労力をかけるところではないのです。

 

私はぱっとひっぱってきた情報を頭の中でいち早く変換し、キーボードを叩いています。

意味は同じだけど、表現の方法を変えるだけなので、ココこそ時間を短縮できる場なのかなと思っています。

 

このリライトスピードをマスターすると効率化にもつながります。

効率化できることでサイトを量産できますし、キーワードに対する答えの部分で革新に迫った答えを書くことができるようになります。

 

今回、リライトをする際に必要な4つのポイントをあげさせていただきました。

次にリライトするときがあった時に利用してみてくださいね!

 

 

KYOKOのYou Tubeチャンネル登録はこちら

↓ ↓ ↓


http://urx.mobi/xzf5

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アフィリエイト 引用

アフィリエイトサイトでの引用のルール【コピペ厳禁】