ゆとり世代はチャレンジ精神がない?ネットビジネスをやめる人とは?


最近、自分の意思で意欲的に何事にもチャレンジするより、言われたことを言われたとおり=マニュアル通りにやればいいという人が増えたと耳にします。

 

というか究極は「何をしたらよいのかわからない」という人も多くいるようです。

 

一人立ちするまでは親のしいたレールに乗っかり、親の言われた通りに生活していれば大抵は道を外れることは少ないでしょう。

 

しかし、社会はそこまで甘くありません。

SnapCrab_NoName_2016-5-16_20-53-21_No-00

社会に出て大人の扱いをされ始めるとことごとく自分の裁量で物事を決定し、行動に移さなければいけないことが圧倒的に増えてきます。

 

世間では俗に『ゆとり』なんて呼ばれたりしています。

 

『ゆとり』世代とは、学校でゆとり教育を受けた世代のことをいうのですが、じつはまさに私はバッティングしています。

 

1987年度~2003年度生まれで2016年現在29歳~12歳までのことをいうそうです。

 

確かに思い返してみれば、教科書の内容が大幅に変わった記憶があります。

SnapCrab_NoName_2016-5-16_20-49-4_No-00

・円周率が3.14だったのに3で計算するようになった。あげくの果てに「計算機」を使用して計算しましょう。(計算ではなく、操作してみましょうだろ?と思ってました)

・「総合的な時間」という学活でもなく、道徳でもない、抽象的な科目が増えた(友達の間では遊びの時間と言ってました)

・4年生で習うものが5年生へ、6年生で習うものが中学1年生へ、と習う学年が変わった(いやいや、習う学年変わっても義務教育で習わなければならない内容と量は一緒なんだよ?)

・・・・・・・・・・

私が感じていた「ゆとり教育」はまだまだたくさんありますが、その「ゆとり教育」を受けた世代の人たちが社会に出て、消極的で意欲がなくて、決定力がなくて、そして恋愛にも奥手で・・・・・

 

そんな昔からいたかもしれない人をまとめて「ゆとり」と呼ばれてしまっています。

 

でも確かに「ゆとり」と呼ばれても仕方がないのかな・・・・・・と思わざるをえない人もいるでしょう。

 

何でも物事を決定する、チャレンジしようとするととてもエネルギーを必要とします

SnapCrab_NoName_2016-5-16_20-55-17_No-00

失敗するかもしれない、間違うかもしれない、損するかもしれないという恐怖のリスクを抱えることもあるでしょう。

 

稀に自分が何かを始めよう、決定しようとしていてもそれがどうしてもできない理由や事情がある方もいます。

 

しかし、何であれ、何かを始めたときは理由があって、 それがいいということになって始めているはずです。

 

したがって、予算上の理由がある場合や他人の意見を聞く必要がある場合などはともかく、 単に周りから批判されるかもしれない、怒られるかもしれないという理由だけで従来やってきたことを止めるべきではないではないかと思っています。

 

それをやっている意味、そう思った意味をよく考える必要があります。

 

その結果、年月が経って現状にそぐわなくなった時などははじめて「やめる」「変更する」という次段階のことを考えればいいのです。

 

ネットビジネスも始めるという決定力より、やめない勇気が非常に大事で必要になってきます。

 

私の場合はネットビジネスを始めるということに抵抗は全くなく、むしろ目をキラキラ輝かせてやっていました。

 

収益がたとえ0でもなぜかやめることをしなかった。それは守るものがあったし、なによりも面白かったんです。

 

めまぐるしく変わるインターネットの世界に自分の構築したものができていくことが!

 

なんだか収益0でもやめられなかったんですよね。

 

しかし、ネットビジネスをやめていく人の多くは「収益が出ないから」「続けることができないから」という意見が圧倒的に多いです。

 

こうした縮み志向は、新たなことを始めようというときにも目の前に立ちはだかる障壁になってしまいます。 いわゆる「つぶしの論理」といわれるものです。

 

今までと同じことをやっていたのでは、何も変わらないし、むしろ後退している可能性もあります。

 

もちろん、新たなことを始めるには摩擦はつきものですが、摩擦を恐れていたらビジネスは成立しません。

 

始める勇気もまた必要になってきます。

 

ネットビジネスに関していえばやめていく人たちは、「やり方が間違っている」か「継続することができない」のどちらかだと思います。

 

確かにネットビジネスを始めたことがない方からは、形のないネットは怖い存在かもしれません。

 

しかし、何かを生み出そうと思うのであれば、「やめない勇気」と「始める勇気」を持つことが肝要だと考えます。

 

今、そう思った時がチャンスであり、変化できる時です!

 この記事へのコメント

  1. メイ より:

    KYOKOさん、こんばんは、私もゆとり世代です。

    私はネットビジネスを知ってから、行動までに半年ほど時間がかかってしまいましたが、今思うと、「なんで早くやらなかったんだろう」と少し後悔しています。

    実際にやってみると結構楽しいので、思うような結果が出なくてもあまり気にならなくなりました。(笑)

    「やらない勇気」と「始める勇気」は本当に大事ですね。

    参考になりました。応援完了です。

    • kyoko613 より:

      コメントありがとうございます。

      メイさんもゆとり世代なのですね♪

      アフィリエイトってやってみると本当に楽しいですよね!

      頑張りましょうね☆★

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

騙された!KYOKOも昔、トレンドアフィリエイトのメンター選びに失敗しました

アフィリエイトで結果を出していない人からは勇気を持って距離を置く

クズから稼げるアフィリエイターに成りあがるために必要だった1つのこと

なぜあなたはアフィリエイトをやっているのですか?

稼いでいるアフィリエイターに共通する特徴って?アフィリエイト初心者が意識すると良...

アフィリエイトでお金持ちになるには子供に戻れ!