アフィリエイト 税金


アフィリエイトを始めるにあたって重要なのが税金です。青色申告という言葉自体を知らなければ、逮捕されてしまう可能性もあります。

 

正確な知識を得て、正確な判断をすることが重要。

 

そうしたアフィリエイトの税金についてご紹介します。

副業でアフィリエイトした報酬は確定申告が必要?

結論から言うと「確定申告は必要」です。

 

国民は収入に応じた納税の義務があり、内職でもバイトでも経営者でもどんな形であれ、金銭を得ればそれに応じた納税の必要があります。

 

日本人は正社員や経営者でないと税金を支払っていないという意識が高いため、立場上フリーランスだと確定申告をしなくてもいいと勘違いしてしまう傾向があります。

 

しかし、所得があり、収入があれば、それに応じた確定申告は必要です。

 

未申告は脱税として犯歴がついてしまう可能性もあります。

確定申告が必要なのはいくらから?

アフィリエイトの確定申告についてはきちんとした基準があります。

「20万円を超える」

※正確には、20万1円以上

年収がある場合、確定申告が必要となります。

これは、副業として他にアルバイトをしているなどの別収入があればそれも含まれます。

大学院で研究していたり、教育学部でキャンパスライフの大学のついでに副業としてアフィリエイトを行っていたりする場合には、20万円を超えるほど稼げないかもしれませんが、生活がかかっていて副業として活動しているとそのくらいは直ぐに行きます。

確定申告しなかった場合のリスクとは?

会社のように、しっかりとした管理がされているわけではないので、ついバレないと思いがちですが、アフィリエイトだからといってバレるリスクが低いというわけではありません。税務署は所得が高いと調査に乗り出す傾向が強いです。少ない収入のアフィリエイトならば確かにバレる可能性は低いですが、所得が増えれば、それだけ税務署に目をつけられる確率が高くなります。それは学生であろうと、事業で行っていようと、関係ありません。

また、不自然な入金は銀行が警察に連絡するケースも実際にありました。北朝鮮が行っている犯罪利益によるマネーロンダリングに対して銀行が協力的なのが原因ですが、それのとばっちりを受ける可能性があります。

その場合、脱税で逮捕されることがあります。

初犯でいきなり服役になることはまずないですが、今まで滞納してきた税金に加え、罰金刑が課せられることになります。

この場合、単純に利益で納税額が決まるので、経費などを考慮した金額になりません。得た収入から単純に計算されることになりますので、元々、節税できていた分ができないというリスクもあります。

確定申告の準備編

確定申告といっても、何をどうすればいいのかわからない人が多いでしょう。アフィリエイトなどパソコンの前で仕事をしている人は、特に役所関係の仕事が苦手です。まず、準備することから始まります。

必要な物は 

確定申告に必要なものは、確定申告票の他にもあります。確定申告票は市役所で貰うことができますので、それに沿って書くだけです。

しかし、その他の書類があるからないかだけで納税額が違ってきますので、しっかりと書類を用意することが大切です。


源泉徴収票

副業でアフィリエイトをしている場合、本業で納めている税金があります。そうしたものをはっきりさせる源泉徴収票があれば、その分、納税額が低くなります。本業によって納めている税金によって、アフィリエイトで納める税金も違ってきます。


経費などの領収書

アフィリエイトはフリーランスでの活動とはいえ、経費によって納税額が低くすることができます。ここは法人と同じです。使ったものは必ず領収書を貰って、領収書を一緒に提出することで納税額が低くなります。

確定申告の実践編

確定申告を実際に作成する手順を説明したいと思います。流れをしっかりと把握し、1個1個丁寧にやることが大切です。

確定申告は色々と煩雑な場合もあるため、行政書士に相談してみるのも手ですが、おすすめしません。お金はかかるので、自分の手でやるに越したことはありませんし、全ての行政書士が誠実に仕事をしてくれるというわけではありません。金額が膨大で節税のテクニックを教えて欲しいという形で行政書士に相談する人もいますが、基本的な知識を持っていなければ、逆に行政書士に食い物にされてしまうだけです。

白色申告書類の作成

一般の場合は白色申告で書類を作成します。白色申告とは、事前に登録が必要のない申告方法です。青色申告は事前に登録が必要ですが、白色申告の良いところはシンプルであるということです。売り上げから経費を引いたものを単純に所得とし、控除などの複雑な計算はあまりません。

必要なのは、2つの書類です。

  • 確定申告書
  • 収支内訳書

この2つさえ作成できれば大丈夫です。

上記は確定申告書となります。

確定申告書にはAとBがありますが、副業としてアフィリエイトを行っている場合、必然的にBの確定申告書となります。この確定申告書は、主に収支と控除についての書類となります。つまり、納税の設計図ですね。

 

一般的な書類に必要な氏名や住所などの他にマイナンバーの記載が必要になります。

主に、収入、所得、控除の3つを記載するシンプルな書類です。

収支内約書は、収益と経費をはっきりとさせるものです。利益を証明する書類として収支内訳書が付属されます。

書類に沿って、記載しましょう。

この際には、雑費などを証明する領収書が必要になってきます。また、光熱費などの支払いや、クレジットカードで支払いを行った場合、その証明書が必要であり、請求明細書をインターネットや郵送で取り寄せることができます。

引き落としの場合は銀行口座を見せる必要があります。

 

また、簡単な帳簿付けも必要です。これは本当に、家庭帳簿のような略式で大丈夫です。

本業がある場合は、本業の源泉徴収票も必要です。

この2枚を書くこと。

そして、その他、証明書類を揃えること。

これだけで済みます。

また、最近ではパソコンのソフトで書類を手軽に作成することもできるので、そうしたソフトを活用してみると、より手軽に書類が作成できます。

個人事業主の方は青色申告で節税

青色申告は事前に税務署に申請しなければ納めることができません。そして、帳簿に関して基準以上のレベルである必要があります。しかし、個人事業主だと青色申告で節税ができます。青色申告控除という特別な控除があり、最高で年に65万円の控除がされることがあるのです。所得が高いほど節税の効果が大きいです。

また、3年間ほど赤字を繰り越せるので、1年に大きな赤字を出してしまって次の年に持ち直してもそれで減税することができます。

 

更に、家族に対する給料を経費とすることができるため、経費の調整がしやすくなります。白色申告では従業員に対しての給与も経費にできませんが、青色申告では家族への給料も経費にできるのです。家族への給料を高くしやすくなるので、家族経営で個人事業主をやっている場合は、家族サービスをしやすくなります。

どこまで経費と認められる?

税金、交通費、保険、家賃、広告費、水道光熱費などは経費として完全に認められています。

問題なのは、その他雑費などを経費として勘定できるという部分です。雑費の概念については、幅広いので「こんなものを雑費にしてもいいのだろうか?」という疑問が出るところもあるかもしれませんが、経営に必要なものは全て雑費として計算されます。例えば、グルメサイトを経営していてアフィリエイトで収入を得ていれば、日々の外食費も取材のために必要だったと雑費にあてはめられるのです。

取材で図書館へ行くためにタクシーを使っても経費になります。

端的に言ってしまえば、「役所で提出した時に、『これは何?』と聞かれて『これに使った』と直ぐに返答できるもの」を全て雑費にすることができるのです。

確定申告は色々と大変ですが、しっかりと行えば経費として認められる内容も多く、かなり支援されている環境といえます。

アフィリエイト報酬は雑所得

雑所得とは簡単に言ってしまえば、「政府ではなかなか管理できない何だかよくわからない所得」です。株にFX、個人セミナー、ちょっとした講演会、本業作家でないけれど同人誌を売ってコミケで稼いだ、など世の中には特殊な条件でないと入らない所得があります。それが雑所得なのです。

何だかわからないと言っていますが、きちんと納税義務があります。FXで何億と稼いで後でバレてとんでもない金額を支払う人などニュースで見ますが、税務署もきちんと見ているのですね。雑所得はカテゴリーがしっかりしていない分、バレにくいのは確かです。しかし、納税しないと脱税でしっかりとした犯罪ですので、気をつけてください。

 

アルバイトの労働とアフィリエイターの雑所得を勘違いしている人も多いようですが、それも違います。アルバイトは労働で得たお金としてしっかりと換算されます。例えば、夫が仕事をしていて主婦が副業としてアルバイトをしている場合、扶養控除は平成30年現在103万円までは納税義務がありません。それに対して、雑所得であるアフィリエイトは20万円超の収入があれば納税義務があります。法律的にもきっちりとした違いがあります。勘違いしてしまわないようにしましょう。

雑所得という考え方は、基本的に政府から見て、「それだけで食べていける」という前提で設定されていません。現実に見ても、アフィリエイトだけで生活している人はごく少数であり、ほとんどは副業で稼いでいます。

兼業アフィリエイターは給与所得も申告


雑所得は給料全体と合わせて税金の計算をするために、サラリーマンをしながらアフィリエイトで稼いでいるという人は給与所得も必要です。自分の給料と、アフィリエイトの給料を合わせて、納税額を出します。給与がプラスされたという考え方がなされるのですね。収入から経費を引いた純利益が給与とプラスされて、納税されます。

青色申告と白色申告の違い

最大の違いは簡単か複雑かというものです。白色申告は税務署に申請なしに申し込めますが、青色申告は税務署に申請が必要です。その他、簿記の記載などに制約があります。しかし、その分、複雑な青色申告にはメリットがあります。

 

控除額とその種類が豊富です。青色申告には様々な控除があるため、当てはまる場合には青色申告にした方がいいでしょう。その中でも、最も大きいのが青色申告特別時控除というものですね。複式簿記など指定された簿記方法で収支を記載し、貸借対照表と損益計算書を追加として添付することで、最大65万円の控除がされます。

 

税務署に申請するのもお金と手間がかかるため、アフィリエイトでそこまで大きな金額を稼いでいるわけではない人は白色申告の方が楽でいいでしょう。

しかし、数百万円と利益があって、納税額も何十万円とする場合は、青色申告にした方が、手取りが大きくなります。少しの手間で65万円が手元に残るのならば、そうした方に確実なメリットがあるでしょう。

10万円の特別控除というものもあります。収入が10万円以下でも、それを限度に納税が控除されるというものです。

 

自分がやっているアフィリエイトは、小規模か大規模か?

それによって使い分けるのがベストかもしれません。小規模ならば労働力なく、スムーズに白色申告をした方が楽ですし、青色申告で戸惑っている時間をアフィリエイトに回した方が得策といえるかもしれません。

しかし、より副業としてアフィリエイトを経営するにあたってスキルアップしたいという人は青色申告をして、努力をしてみた方が良いでしょう。青色申告は、労働力がかかるという以外に、して損をするということはありません。副業をする上で、もっともっと稼ぎたいという意欲がある方は、実際に経験をすることで、自分への自信にも繋がってきます。

また、青色申告に必要な簿記などの知識を身につけることによって、アフィリエイトだけでなく、その後の人生のスキルアップに繋がります。勉強をしなくても、ソフトを使えば簡単にできますし、時間に余裕があるならば、是非とも青色申告に挑戦してみるべきです。

アフィリエイトの必要経費はどれ位?

サイト経営は多彩になってきており、アフィリエイトを始めるにあたって平均的な必要経費というのは一概に言えません。人それぞれのやり方があります。

一般的にアフィリエイトで多いのは情報サイトですね。その場合ですと、平成30年度現在の基準で言うと、サイトコンテンツとして2000文字の記事が100個あれば、継続的に収入が入るというのを運営側としては手で感じています。それを在宅ワークのライターに業務委託する場合、安く買い叩いても、1文字0.5円はします。それを単純計算して、2000文字×100記事。

その場合は、「10万円」です。

これが初期費用となります。これはあくまでも最低限、収入を得られる情報サイトの基準です。サイトのカスタマイズなども考えれば、自分でできる技術力と委託する費用なども人それぞれだと思いますが、プラス3万円はするでしょう。

これは1つの基準です。

それに加えて、サイトというのはサーバーなどの維持費もかかります。

 

1日2000文字の記事を1つ作りましょう。

つまりは、1日1000円ですね。

高いようですが、手っ取り早く収益を出すには、お金を出すのが1番です。

勿論、質の高い記事を効率的に書ける才能があったり、商品を紹介するスキルが高かったりするなど、個人による裁量は大きいです。

基本的なスタイルのアフィリエイトでは、こうした10万円を大量に投資して、アクセス数がヒットしたものを育てて、駄目だったものを捨てていくことで、ヒットサイトを作り上げていくこととなると思います。初期投資はあればあるほど良いです。

 

無料ブログや無料ホームページ制作サイトを使ってサイト作りからコンテンツ充実まで1から自分全てで行えば、勿論、必要経費は無料です。自分の力だけで稼ぐことができます。ある程度は独自ドメイン取得などの経費をかけた方が効率的ですが、あくまでも無料からアフィリエイトを始めて自分の力で稼いでいきたいという人は勿論、必要経費は零になります。無料でできるのが本来、アフィリエイトの良い部分なのです。ただ、その分、労働力が必要になってきます。自分で行う努力は人一倍しなければいけません。

その場合は「0円」です。

ただ、アフィリエイトの世界を直に味わってサバイバルをすることができるので、経験に勝る財産はないです。まずは、アフィリエイトでも野宿から始めてみることをおすすめしますね。

 

本格的な情報サイトを作りたい。皆がブックマークして、毎日、楽しみにして見るようなサイトコンテンツを作って、それでアフィリエイトで食っていこうと思っている人は、かなり大変です。生き残るためには、独自の取材をするなどコンテンツ重視の努力も必要で、肉体を動かして行動する必要もあります。それで専門分野のライターを集めて、固定ユーザーを獲得する質のコンテンツを揃えるとなると、やはり必要経費は重なります。例えば、旅行ニュースを取り扱うサイトを作ろうとすれば、旅行会社への取材も必要ですし、実際に旅行に行ったり、知識のあるライターを集めて雇用したりする必要があります。

そうなると、必要経費は「100万円以上」はかかるでしょう。

 

プログラムを組むという方法もあります。会社規模になりますが、プログラムを組んでユーザー参加型のサイトを作れば、初期経費はかかりますが、その分、収益は大きくなります。

その場合の必要経費は「数百万円」となります。

経費はビジネスである以上、何かしらの対価として必要です。しかし、経費よりも多くの利益を上げれば、損害とはなりません。

 

アフィリエイトサイトを作る目的は1つです。

それは何でしょうか?

ずばり、お金です。

ネットで楽をしてお金を得る。

つまりは、必要経費以上に収益を得られればいいのです。最初の自己投資はお金でも時間でも必要であり、楽をして稼げるものではありませんが、必要経費を上手く使ってやりくりをすれば、アフィリエイトで成功する確率も高くなります。

幾らを目標とするかはその人次第です。

その目標のお金を手にできた時、アフィリエイトで成功したといえるでしょう。

それを目指して、頑張ってください。

レシートや領収書│経費で落ちるのはどこまで?

確定申告にはレシートや領収書などの経費の証拠が必要です。これがないと経費として換算することができません。そのため、買い物をする際には絶対に領収書を貰っておきましょう。

その経費なのですが、何処までが経費として落ちるかというと、アフィリエイトだとかなり難しい問題になります。

ただ、多くの場合、経費として落ちると考えても大丈夫です。

 

アフィリエイトは雑所得ですが、経費には雑費という項目があります。これは、事業を行う上で必要だった色々な経費というものです。

副業で行うアフィリエイトについては、多くの場合が、1つのサイトだけで運営して成り立つというのは難しいでしょう。つまり、色々なサイトを使ってアフィリエイトを行っているのです。そのため、色々なものを雑費として使えます。

例えば、ラーメンのグルメサイトでアフィリエイトを得ている例で考えてみましょう。その場合、まずラーメン店へ行くまでの「レンタル車両費」に、「ラーメン代」に「ビール代」、新しく購入した「撮影機材」に、「味濃度測定器」などの便利グッズ、帰りにはアルコールが入っているため「タクシー代」もかかります。その全てが経費として勘定できます。

また、他のライターを雇った場合にはその「業務委託費」も経費です。

結論から言ってしまうと、ぐいぐい経費に食い込んでしまっても大丈夫です。労働をするために必要な費用が全て経費になると考えてください。

雑費というのはとても便利な言葉で、色々な場面で使えます。ただ、運営と関係ない生活用品など明らかにおかしいものを経費にしてしまうと書類を突き返されてしまうので、そこはしっかりと注意してください。

アフィリエイトは法人化した方が税金はお得?

ある程度、稼いでくると、法人化も考えますよね。株式会社になれば、信用力も上がりますので、できることも増えてきます。アルバイト情報雑誌に業務委託するライターの募集をすることだって可能ですし、取材をする際にも名刺に株式会社の信頼を見せつけることができます。

何よりも、社会的な地位を得られるということで魅力的ですよね。

では、アフィリエイトを法人化すると税金についてはどうなるのでしょうか?

お得になるのか、損をするのか。

アフィリエイトを法人化した際の税金について考えてみましょう。

いくら稼いだら法人化すべきか

法人化する際の基準点はあります。個人でアフィリエイトをやるのと、法人でアフィリエイトをやるのとで、大きく違ってくるのが所得税の扱い方です。

 

年に330万円超の収入があると法人化した方がいい。

 

これは1つの目安です。その根拠を挙げましょう。

個人で払う所得税というのは、「稼ぎに応じた額を払う」というものです。つまり、稼げば稼ぐだけ所得税が高くなるのですね。それに比べて法人は「所得税が固定されている」という特徴があります。つまり、一定以上の収入があれば法人の方が、所得税が安くなるのです。そのラインが年収330万円なのですね。

所得税につきましては、法人の場合、法人税という名前になります。その額は、平成31年度3月31日までは年収が800万円以下だと「15%」です。それ以降になると「19%」に引き上げられます。また、年収が800万円超となると「23.2%」課税されます。

個人の場合、以下のようになります。

・195万円以下だと「5%」

・195万円超えから330万円以下が「10%」

そして、「330万円超えから695万円以下」だと「20%」となります。この時点で、法人税の「15%」を所得税が「20%」に比べて、「5%」も上回っていますね。平成31年度3月31日以降でも「19%」なので、「1%」のお得です。

そのため、このラインになると、法人化した方がいいでしょう。

ちなみに所得税をもっと見てみます。

・695万円超えから900万円以下が「23%」

・900万円超えから1800万円以下が「33%」

・1800万円超えから4000万円以下が「40%」

・4000万円超えが「45%」

となっています。

所得に応じて、法人化のメリットは上昇していっています。

法人化のメリット.デメリット 


最大の法人化にするメリットは信頼力を手に入れられるということでしょう。税金的な節税対策の面から言っても、一定以上の収入がなければ法人化する意味がありませんので、逆に言えば、それだけの収入源を持っている組織であるという証明になります。取引先が貧乏人よりもお金持ちの方が安心できるのは当たり前ですよね。

特にアフィリエイトの世界だと情報が命ですので、色々な取材を行う際にもバックボーンとなります。相手も仕事をしていますので、「取材を受けている時間」に価値があるかないかということは判断されます。会社の広報に電話取材をする際に、個人名と会社名では全然対応が違います。情報を集める糧となるはずです。

税金面でも前述した通り、330万円を超える年収がある場合、納税額が安くなります。また、所得税を気にすることもないので、どんどんと働いて収入を得ていこうというモチベーションにも繋がってきます。

法人化のデメリットは、設立時にお金がかかるということですね。登録料や書類作成など、一般的に60万円はかかるといわれています。その額が痛いと思う人にはデメリットですね。また、書類を集めるのにも知識と時間が必要なので、その手間も要ります。司法書士などに任せてしまう手もありますが、その場合、もっと費用が必要になってしまいます。

また、経費を証明するにも正式な書類を作らなくてはいけません。そのため、簿記の知識が必要になります。簿記の知識を持っていない場合、資格や知識を持っている事務員を雇う必要があります。

アフィリエイトにおいては、いきなり法人化するのは避けて、収入を安定して得られるようになったら法人化する方が良いでしょう。

フリーランスと個人事業主ではどちらが税金的にお得?


アフィリエイトで収入を得るには、法人化しなくとも個人事業主として登録するという手もあります。また、フリーランスとして、法人を持たずに活動するという手もあります。税金的にはどちらがお得なのでしょうか?

これについては、実はアフィリエイトの世界では、個人事業主にしたからといって税金的に有利になるということを断定はできません。

個人事業主になることによって最も利益を得るのは、「消費税の免除」なのです。個人事業主になると2年間、消費税を収めなくても良くなります。しかし、アフィリエイトはものを売る職業ではないため、消費税の免除をされても意味がありません。

それに加えて、個人事業主は個人事業税という特殊な税金を支払わなければいけません。

個人事業主に登録するにも、労力と、お金が必要です。

その反面で、フリーランスにはそうしたしがらみがありません。個人で活動をするため、信用力はありませんが、税金的な意味でいえば、特殊な重みはなく、自由に歩合制で自分が稼いだだけのお金を支払うというシステムになっています。その他に特殊な税金もなく、登録料もいりません。

ただ、従業員を雇う場合は、控除される事項が出てきますので、従業員を雇うアフィリエイターは個人事業主にした方が良いと言えますが、常識的に考えて、アフィリエイトをする上で、業務委託を頼むことはあるでしょうが、従業員を正社員で雇うということは、滅多にない事例ですので、これも例外として除去してもいいかと思います。

株式会社となると大きく税金的に違いが出てきます。しかし、個人でやる上で、個人事業主とフリーランスで比べるのであればフリーランスの方がお得です。

ただ、その分、税金的なもの以外ではフリーランスは厳しいものはあります。個人事業主は履歴書に職歴を書けますが、フリーランスはまだ履歴書に書けるほどの社会的信用力を持っていませんし、仕事をする際の信用力も低いです。

まとめ

稼ぐためには納税しなくてはいけません。アフィリエイトの税金については、様々な手段があり、その方法も多種多様です。自分に合ったアフィリエイトのマネースタイルによって選択できます。選択できるからこそ、知識を得ておかなくてはいけないのです。

アフィリエイトはやってみて、どうなるかわかりません。年収5000円以下のアフィリエイターが99%を占めるといわれているように、幾らやっても成功しないかもしれません。しかし、成功すれば年収5000万円も夢ではない世界です。アフィリエイトから起業をして、IT企業という肩書を持った人も数多くいます。

どれだけ真剣になれるかが鍵となるのです。

上を目指すには、上の納税の仕方を知っておく必要があります。

常に向上意識を持ちましょう。

そのために、世の中の金の流れについてシステム的に理解して、どうすれば得なのか把握しておくのは必須です。

自分の状況に合わせた納税の仕方をして、自分の懐を貯め、アフィリエイトの世界でのし上がっていきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【2018年最新保存版】アフィリエイトの始め方を徹底解説してみた

NO IMAGE

アフィリエイト 本

NO IMAGE

アフィリエイト やり方

NO IMAGE

アフィリエイトでおすすめのASP・サービス一覧19選を紹介!

NO IMAGE

アフィリエイト 稼ぐ