オフィシャルサイトより深い情報をタイトル
KYOKOメッセージ
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプトタイトル
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプト下三角
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプトタイトル
KYOKOアフィリエイトNEXTとKYOKOアフィリエイトの違い
KYOKOアフィリエイトNEXTの注意点
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違い下三角
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いタイトル
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト1
DASHプラチナムのサムネイル
ZIPANGのサムネイル

※各画像をクリックするとスクールサイトへ移動します。

運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト2
KYOKOアフィリエイトNEXTとスクールの違い
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト3
KYOKOアフィリエイトNEXTの概要下三角
KYOKOアフィリエイトNEXTの概要タイトル
5つのベース記事タイトル
ベース記事サムネイル
試し読みタイトル

アフィリエイトにおける2つのサイト設計法

アフィリエイトをする際にはまず、広告を設置するための媒体を選びます。

概ね種類としてはサイトアフィリエイトかブログアフィリエイトに分かれるかと思います。

皆さんはまずどのようにしてその媒体のテーマを決め、記事入れしていくのでしょうか?

ベース記事画像

ある程度最初の段階でどのようにしていくのか計画を練るはずです。

というか、練らなければいけません。

ベース記事画像

こんなぼやっとした、気持ちで始めたサイトはなかなか成果を上げるのが難しいかもしれません。

今までたくさんの方のサイト診断をしてきましたが、上記のようなサイトはどこか【個人の日記】のような印象を受けます。

個人の日記でも、芸能人やインフルエンサーのようにブランディングができているのであればアクセスを集められますし、どんなことを書いてもある程度反応は取れるでしょう。

ですが無名の私たちが、特に目的もなくボヤッとした全体像のサイトやブログを運営して誰かの胸に突き刺さるでしょうか?

それはないですよね。

アフィリエイトでお金を稼ぐためには、文字を武器にし誰かの悩みを解決しなくてはいけません。

そのために「なんとなく」ではダメなんですね。

Googleとユーザー両者に評価されるような、サイトやブログの計画を事前に立てておく必要があります。

ベース記事画像

当記事では2つのサイト設計法について具体的に触れていき最後にどのようなアフィリエイト手法にも共通する【基本の形】についてお話ししていきます。


【サイト設計①】キーワードベース型【Google対策用】

キーワードベース型タイトル

SEOアフィリエイトをするにあたり、1番大切なのは上位表示することです。

上位表示するために必要な事は簡単に分けて2つ。

ベース記事画像

「Googleに高く評価されると言う事は、ユーザーフレンドリーである」

「ユーザーフレンドリーであるという事は、Googleに高く評価される」

この2つは対になっておりニコイチの関係にも見えますが、その施策には多少の違いがあります。

その一つとして、全体のテーマをキーワードをベースにして考えGoogleに評価してもらうサイト設計法があります。

キーワードベース型のサイト設計は、事前にある程度完成図が予想できます。

なので計画段階を強めに練るあたりは、サイトアフィリエイト寄りだと思います。

では実際に例を上げてキーワードベースでサイト設計してみましょう。

【実例】目標キーワードを支えるキーワードの構成

ベース記事画像

Googleは、より専門性の高いサイトを上位表示させると言われています。

ベース記事画像

そうです。

基本、ロジカルな事しか理解できません。

つまり、目標キーワードに対するキーワードの網羅性でその専門性を図っていると言えます。

今回の目標キーワード【ほうれい線対策】の関連キーワードをまず見ていきましょう。

重複したキーワードを除くと合計23個の関連キーワードがありました。

ほうれい線対策関連キーワードツール

ベース記事画像

など考える事はたくさんあります。

出てきたキーワードを闇雲に記事にしていく事のデメリットついてはこちらの記事で解説しています。

サイト全体のキーワード構成を考える


----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます

オリジナルコラムタイトル

認定SEOコンサルタントKYOKOが毎月アフィリエイトに関するコラムを更新します。

8月のオリジナルコラムサムネイル

2019年に入ってから7ヶ月が終わり、後半戦に突入しています。

平成から令和に変わる2019年ですが、今年だけでも度重なるGoogleのアップデートは起きています。

7月オリジナルコラムボックス画像

2019年3月12日に起きたコアアルゴリズムアップデート

大まかに訳すと・・・

7月オリジナルコラムボックス画像

201963起きコアアップデート

大まかに訳すと・・・

7月オリジナルコラムボックス画像

Googleの傘下で運営している限り、アップデートは避けられない出来事だというのがよくわかりますね。

私は、サイトアフィリエイト歴は3年ですが、アフィリエイトという歴でいうと7年になりました。

様々なアップデートを経験し、SEOで生き残るためには次の2つが重要だと考えています。

7月オリジナルコラムボックス画像

どんな時でもどんなキーワードでも上記の2つをなしにして上位表示することは非常に難しいと思っています。

ちょっと前までは

7月オリジナルコラムボックス画像

このような情勢だったかもしれません。

しかし、Googleも賢くなり小手先の作業量だけで上位表示するのは容易ではなくなってきています。

それこそアフィリエイトやSEOという分野は、正しい方法や知識を持っている人しか生き残れない世界になってきているとも言えます。

弱者は追いやられ、知識をつけた強者は甘い蜜を吸えるそんな感じですね。

しかし、その知識をただ頭でっかちに持っているだけではなく、検索ユーザーの行動過程や意図などを網羅し、予測できる人こそ生き残れるでしょう。

今回は、私がアフィリエイト、SEOで重要視している根本的な考え方と対策を紹介します。

----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
7月のオリジナルコラムサムネイル

カスタマージャーニーから考えるキーワードの設計と成約までの距離

皆さんは【カスタマージャーニー】という言葉をご存知ですか?

7月オリジナルコラムボックス画像

直訳するとこうなりますが、簡単に言うとお客さん(ここではユーザーの事)の心の移り変わりの事を言うマーケティング用語です。

ユーザーの購買心理に基づいた行動は、サイトを作成する際にもとても参考になる考え方です。

ペルソナを軸にして考えるサイト設計にも通ずる部分もありますが、時にはキーワードが偏ってしまうこともあります。

7月オリジナルコラムボックス画像

サイト内でこのようなことが起こっているのであれば、カスタマージャーニーを踏まえたキーワードの配置が出来ていない可能性があります。

あくまでも私個人のやり方であり、正解・不正解などはありませんが、サイト内でユーザーの心の変遷に寄り添ったキーワードの配置を行うことでCV記事までの誘導をスムーズに行えるかと思います。


どんな種類のキーワードでサイトを構成するのか?

どんな種類のキーワードでサイトを構成するのか?

ペラサイトでもない限り、サイト内にはある程度の記事数があるはずです。

サイト内にはどのようなキーワードがちりばめられているでしょうか?

7月オリジナルコラムボックス画像

それぞれに設定されたキーワードはどんな種類のものでしょうか?

これらに偏りがあると、ユーザーの動きはサイト内で滞留してしまいます。


初心者にありがちな失敗例

キーワード選定の感覚が身に付いていない初心者の方はサイトの規模が大きくなるにつれバランスが悪くなるのが特徴です。


購買系キーワードばかり

購買系キーワードばかり

よくあるのがこのように、「このキーワードなら売れそうだな」と言うキーワードばかりを詰め込んだ構成のものです。

すぐに離脱したくなるサイトの典型なのですが、このようなタイプのサイトは購買系のキーワードばかりに偏りすぎている構成となっています。

お役立ち情報ばかりでCVワードなし

上記のようなサイトは、一見ユーザーの為を思って作られているように見えますが実はそうではありません。

なぜなら、ユーザーが次に知りたくなる情報がないからです。

上記の中のお役立ち情報の1つにユーザーが入ってきたとしても、記事を読んだらブラウザバックして検索エンジンに戻ってしまうでしょう。

また、これでは売りたい商品への誘導もできないので収益もあげられませんね。

キーワードには心の段階がある

キーワードには心の段階がある

7月オリジナルコラムボックス画像

キーワードには心の段階があり、無関心な状態から購入するまでの道筋があります。

ここの1フェーズだけを切り取ったサイト、もしくは偏りのあるサイトは次のフェーズの情報がありません。

なので検索エンジンに戻り、また違うキーワードで検索し直すと言う行動をとるしかないのです。

【ユーザーを検索エンジンに戻さない】事は最強のSEOです。

それでは次の項から、ユーザーを検索エンジンに戻さないためのキーワード構成について理解していきましょう。


【実演】キーワードの距離とユーザーの心の変遷

では、とあるテーマを元にしてサイト内にカスタマージャーニーを表現してみましょう。

7月オリジナルコラムボックス画像

あくまで例ですが、上記のテーマで上記3つの商品を成約まで導くにはどのようにしていったらよいのか解説していきます。


アイサスの法則に当てはまる

前述した通り、キーワードには段階があります。

7月オリジナルコラムボックス画像

この過程は、マーケティングでもよく用いられるAIDMA(アイドマ)の法則に似ていると思います。

7月オリジナルコラムボックス画像

ですが、このAIDMAの法則にインターネット上の行動特性をプラスした物があります。

それがAISAS(アイサス)の法則です。

アイサスの法則に当てはまる

7月オリジナルコラムボックス画像

AISASの法則に、今回のテーマである女性用育毛剤のキーワードを当てはめて行ってみましょう。

----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
当月のオリジナルコラムサムネイル

上位表示する記事設計・検索意図を究極まで追求する方法タイトル

アフィリエイト目的にしてもそうでないにしても、記事を書くからには上位表示しなくては意味がありません。

 

オリジナルコラム画像

 

それなのに記事が上位表示しないのは、

圧倒的に読者の気持ちがわかっていないから

です。

私のオフィシャルサイト(KYOKOアフィリエイト)でも口を酸っぱくするほど言っていますが、SEOで上位表示するためには次の2つがとても大切です。

オリジナルコラム画像

ほとんどの方は、1番しか意識していないから上位表示しないんですね。

2番のユーザーに好かれるような記事というのは簡単に言うと「そのキーワードの検索意図を満たした記事」のことです。

当記事では、検索意図を満たした記事の構成案の作り方を、私KYOKOが題材のキーワードを元にして実演していきたいと思います。

難易度としては、ちょっと難しめになりますが、アフィリエイトでちゃんと稼ごうと思えば絶対に必要なことです。

そしてこれは、私がサイト作成する際の記事設計に実際に使っているやり方です。

SEO・SXO両方の対策を含めた構成案の作り方をお話ししていきますので、そのままライティングに進んでいただけると高い確率で上位表示するはずです。

試してみて下さい。


検索意図の理解どれくらいできてますか?

検索意図とは

私が運営しているスクールでも生徒さんには「キーワードに対する答えを正確に」と言っていますが、この意味を深く理解するのは意外と難しいのだと思います。

例えばですが、「子育て 怒らない」と言うキーワードがあります。

オリジナルコラム画像

あながち間違いでは無いのですが、これだけでは上位表示しないでしょう。

オリジナルコラム画像

 

オリジナルコラム画像

このように「子育て 怒らない」で検索する人は、表面上は怒らずに子育てをする方法を探しているように見えますが、もっと深いところでは上手くいかない子育ての中で、

オリジナルコラム画像

上記のようなニーズが眠っています。

このようなユーザーが検索するであろう「子育て 怒らない」の検索意図は、単に【怒らない子育て方法】だけではなく②と③の

オリジナルコラム画像

このような検索意図もプラスで拾っていかなくてはいけません。

そして検索エンジンで上位表示するためには、その検索意図を全て満たしたコンテンツがふさわしい訳です。

この検索意図の導き出し方は、思いつきで適当にやっているわけではありません。

決まったツール(無料のものです)や手順に従って論理的に上位表示するための最適解を導き出しています。

後述しますが、その検索意図の洗い出し方法を、題材のキーワードに沿って実演していきたいと思います。

検索意図のわかりにくい・わかりやすいキーワード

検索意図のわかりにくい・わかりやすいキーワード

何か知りたいことがあって検索エンジンに打ち込む際には、上記の4つの種類のキーワードがあります。

それらの分類のことをクエリと言いますが、検索意図のわかりやすいクエリと

なかなか検索意図の理解しにくいクエリがあります。

答えから言いますと、圧倒的にKNOWクエリの検索意図はわかりにくいです。

にもかかわらず、ほとんどの人はこのKNOWクエリで検索するはずです。

オリジナルコラム画像

たくさんの方が検索する、かつ検索意図が汲み取りにくいクエリである「KNOWクエリ」は、アクセスが集めやすく、また悩みを解決するコンテンツを用意した際の成約率も高いです。

購買までの距離が近いキーワードや具体的なキーワードの選び方については、KYOKOアフィリエイトのキーワード選定のページで紹介しています。

逆に、成約率も高く検索意図が圧倒的に読み取りやすいのは商標クエリです。

※(上記の例では解説していませんが番外篇なのでお許し下さい)

GO・DO・BUY・KNOWクエリ以外にも、ちょっと特殊なものが商標クエリです。

商標クエリは、そのまま商標のキーワードを指します。

他と違うのは、軸となるキーワードが既に「商品名」だと言うことです。

例えば

「アイキララ+効果」であれば、【アイキララを使った際の効果が知りたい】と言う事ですね。

すでに商品名を知った上で、購入の後押しとなる「効果」の部分を確認したい人が検索するキーワードです。

まだこの商品名を知らない人は「クマ+アイクリーム」とかで検索するかもしれませんね。

「クマ+アイクリーム」だと検索意図は、

オリジナルコラム画像

 

などなど、どれなのかよくわかりませんね。

やはり商標キーワードの検索意図は、はっきりしているのがわかるはずです。

なので検索意図のはっきりしている商標アフィリエイトは、初心者におすすめなんですね。

ただし、検索意図のわかりやすい商標クエリでも、商品の特徴や用途によって奥に隠されたニーズがある場合があります。

そんな時は商標キーワードでもしっかり検索意図を確認すると、ライバルと差がつき、より上位表示しやすくなります。

オリジナルコラム画像

 

どのようなクエリであっても上記のような事を深掘りして考えていくと、ユーザーが本当に求めている【キーワードに対する答え】が分かります。

オリジナルコラム画像

この構成案は、外注ライターさんなどにそのまま渡せば上質な記事が仕上がってくるはずです。

※ (ライターさんの腕にもよりますが…)

ご自身のスキルアップ用にも、外注を使った効率化用にも、ぜひお役立て下さい。


----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
KYOKOアフィリエイトNEXTのQ&Aタイトル
Q&A1
Q&A2
Q&A3
Q&A4
Q&A5
Q&A6
Q&A7

自動更新となりますので、退会の際はご自身で購読停止ページより退会手続きをして下さい。

※退会するとKYOKOアフィリエイトNEXT内のコンテンツは閲覧不可となります。

利用規約を読む

オフィシャルサイトより深い情報をタイトル
KYOKOメッセージ
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプトタイトル
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプト下三角
KYOKOアフィリエイトNEXTのコンセプトタイトル
KYOKOアフィリエイトNEXTとKYOKOアフィリエイトの違い
KYOKOアフィリエイトNEXTの注意点
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違い下三角
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いタイトル
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト1
DASHプラチナムのサムネイル
ZIPANGのサムネイル

※各画像をクリックするとスクールサイトへ移動します。

運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト2
KYOKOアフィリエイトNEXTとスクールの違い
運営スクールとKYOKOアフィリエイトNEXTとの違いテキスト3
KYOKOアフィリエイトNEXTの概要下三角
KYOKOアフィリエイトNEXTの概要タイトル
5つのベース記事タイトル
ベース記事サムネイル
試し読みタイトル

【試し読みはスクロールで読むことができます】

アフィリエイトにおける2つのサイト設計法

アフィリエイトをする際にはまず、広告を設置するための媒体を選びます。

概ね種類としてはサイトアフィリエイトかブログアフィリエイトに分かれるかと思います。

皆さんはまずどのようにしてその媒体のテーマを決め、記事入れしていくのでしょうか?

ベース記事画像

ある程度最初の段階でどのようにしていくのか計画を練るはずです。

というか、練らなければいけません。

ベース記事画像

こんなぼやっとした、気持ちで始めたサイトはなかなか成果を上げるのが難しいかもしれません。

今までたくさんの方のサイト診断をしてきましたが、上記のようなサイトはどこか【個人の日記】のような印象を受けます。

個人の日記でも、芸能人やインフルエンサーのようにブランディングができているのであればアクセスを集められますし、どんなことを書いてもある程度反応は取れるでしょう。

ですが無名の私たちが、特に目的もなくボヤッとした全体像のサイトやブログを運営して誰かの胸に突き刺さるでしょうか?

それはないですよね。

アフィリエイトでお金を稼ぐためには、文字を武器にし誰かの悩みを解決しなくてはいけません。

そのために「なんとなく」ではダメなんですね。

Googleとユーザー両者に評価されるような、サイトやブログの計画を事前に立てておく必要があります。

ベース記事画像

当記事では2つのサイト設計法について具体的に触れていき最後にどのようなアフィリエイト手法にも共通する【基本の形】についてお話ししていきます。

【サイト設計①】キーワードベース型【Google対策用】

キーワードベース型タイトル

SEOアフィリエイトをするにあたり、1番大切なのは上位表示することです。

上位表示するために必要な事は簡単に分けて2つ。

ベース記事画像

「Googleに高く評価されると言う事は、ユーザーフレンドリーである」

「ユーザーフレンドリーであるという事は、Googleに高く評価される」

この2つは対になっておりニコイチの関係にも見えますが、その施策には多少の違いがあります。

その一つとして、全体のテーマをキーワードをベースにして考えGoogleに評価してもらうサイト設計法があります。

キーワードベース型のサイト設計は、事前にある程度完成図が予想できます。

なので計画段階を強めに練るあたりは、サイトアフィリエイト寄りだと思います。

では実際に例を上げてキーワードベースでサイト設計してみましょう。



【実例】目標キーワードを支えるキーワードの構成

ベース記事画像

Googleは、より専門性の高いサイトを上位表示させると言われています。

ベース記事画像

そうです。

基本、ロジカルな事しか理解できません。

つまり、目標キーワードに対するキーワードの網羅性でその専門性を図っていると言えます。

今回の目標キーワード【ほうれい線対策】の関連キーワードをまず見ていきましょう。

重複したキーワードを除くと合計23個の関連キーワードがありました。

ほうれい線対策関連キーワードツール

ベース記事画像

など考える事はたくさんあります。

出てきたキーワードを闇雲に記事にしていく事のデメリットついてはこちらの記事で解説しています。


サイト全体のキーワード構成を考える


----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます

オリジナルコラムタイトル
オリジナルコラムタイトル
8月のオリジナルコラムサムネイル

【試し読みはスクロールで読むことができます。】

2019年に入ってから7ヶ月が終わり、後半戦に突入しています。

平成から令和に変わる2019年ですが、今年だけでも度重なるGoogleのアップデートは起きています。

7月オリジナルコラムボックス画像

2019年3月12日に起きたコアアルゴリズムアップデート

大まかに訳すと・・・

7月オリジナルコラムボックス画像

201963起きコアアップデート

大まかに訳すと・・・

7月オリジナルコラムボックス画像

Googleの傘下で運営している限り、アップデートは避けられない出来事だというのがよくわかりますね。

私は、サイトアフィリエイト歴は3年ですが、アフィリエイトという歴でいうと7年になりました。

様々なアップデートを経験し、SEOで生き残るためには次の2つが重要だと考えています。

7月オリジナルコラムボックス画像

どんな時でもどんなキーワードでも上記の2つをなしにして上位表示することは非常に難しいと思っています。

ちょっと前までは

7月オリジナルコラムボックス画像

このような情勢だったかもしれません。

しかし、Googleも賢くなり小手先の作業量だけで上位表示するのは容易ではなくなってきています。

それこそアフィリエイトやSEOという分野は、正しい方法や知識を持っている人しか生き残れない世界になってきているとも言えます。

弱者は追いやられ、知識をつけた強者は甘い蜜を吸えるそんな感じですね。

しかし、その知識をただ頭でっかちに持っているだけではなく、検索ユーザーの行動過程や意図などを網羅し、予測できる人こそ生き残れるでしょう。

今回は、私がアフィリエイト、SEOで重要視している根本的な考え方と対策を紹介します。

----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
7月のオリジナルコラムサムネイル

【試し読みはスクロールで読むことができます。】

カスタマージャーニーから考えるキーワードの設計と成約までの距離

皆さんは【カスタマージャーニー】という言葉をご存知ですか?

7月オリジナルコラムボックス画像

直訳するとこうなりますが、簡単に言うとお客さん(ここではユーザーの事)の心の移り変わりの事を言うマーケティング用語です。

ユーザーの購買心理に基づいた行動は、サイトを作成する際にもとても参考になる考え方です。

ペルソナを軸にして考えるサイト設計にも通ずる部分もありますが、時にはキーワードが偏ってしまうこともあります。

7月オリジナルコラムボックス画像

サイト内でこのようなことが起こっているのであれば、カスタマージャーニーを踏まえたキーワードの配置が出来ていない可能性があります。

あくまでも私個人のやり方であり、正解・不正解などはありませんが、サイト内でユーザーの心の変遷に寄り添ったキーワードの配置を行うことでCV記事までの誘導をスムーズに行えるかと思います。


どんな種類のキーワードでサイトを構成するのか?

どんな種類のキーワードでサイトを構成するのか?

ペラサイトでもない限り、サイト内にはある程度の記事数があるはずです。

サイト内にはどのようなキーワードがちりばめられているでしょうか?

7月オリジナルコラムボックス画像

それぞれに設定されたキーワードはどんな種類のものでしょうか?

これらに偏りがあると、ユーザーの動きはサイト内で滞留してしまいます。


初心者にありがちな失敗例

キーワード選定の感覚が身に付いていない初心者の方はサイトの規模が大きくなるにつれバランスが悪くなるのが特徴です。


購買系キーワードばかり

購買系キーワードばかり

よくあるのがこのように、「このキーワードなら売れそうだな」と言うキーワードばかりを詰め込んだ構成のものです。

すぐに離脱したくなるサイトの典型なのですが、このようなタイプのサイトは購買系のキーワードばかりに偏りすぎている構成となっています。

お役立ち情報ばかりでCVワードなし

上記のようなサイトは、一見ユーザーの為を思って作られているように見えますが実はそうではありません。

なぜなら、ユーザーが次に知りたくなる情報がないからです。

上記の中のお役立ち情報の1つにユーザーが入ってきたとしても、記事を読んだらブラウザバックして検索エンジンに戻ってしまうでしょう。

また、これでは売りたい商品への誘導もできないので収益もあげられませんね。

キーワードには心の段階がある

キーワードには心の段階がある

7月オリジナルコラムボックス画像

キーワードには心の段階があり、無関心な状態から購入するまでの道筋があります。

ここの1フェーズだけを切り取ったサイト、もしくは偏りのあるサイトは次のフェーズの情報がありません。

なので検索エンジンに戻り、また違うキーワードで検索し直すと言う行動をとるしかないのです。

【ユーザーを検索エンジンに戻さない】事は最強のSEOです。

それでは次の項から、ユーザーを検索エンジンに戻さないためのキーワード構成について理解していきましょう。


【実演】キーワードの距離とユーザーの心の変遷

では、とあるテーマを元にしてサイト内にカスタマージャーニーを表現してみましょう。

7月オリジナルコラムボックス画像

あくまで例ですが、上記のテーマで上記3つの商品を成約まで導くにはどのようにしていったらよいのか解説していきます。


アイサスの法則に当てはまる

前述した通り、キーワードには段階があります。

7月オリジナルコラムボックス画像

この過程は、マーケティングでもよく用いられるAIDMA(アイドマ)の法則に似ていると思います。

7月オリジナルコラムボックス画像

ですが、このAIDMAの法則にインターネット上の行動特性をプラスした物があります。

それがAISAS(アイサス)の法則です。

アイサスの法則に当てはまる

7月オリジナルコラムボックス画像

AISASの法則に、今回のテーマである女性用育毛剤のキーワードを当てはめて行ってみましょう。

----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
当月のオリジナルコラムサムネイル

【試し読みはスクロールで読むことができます。】

上位表示する記事設計・検索意図を究極まで追求する方法タイトル

アフィリエイト目的にしてもそうでないにしても、記事を書くからには上位表示しなくては意味がありません。

 

オリジナルコラム画像

 

それなのに記事が上位表示しないのは、

圧倒的に読者の気持ちがわかっていないから

です。

私のオフィシャルサイト(KYOKOアフィリエイト)でも口を酸っぱくするほど言っていますが、SEOで上位表示するためには次の2つがとても大切です。

オリジナルコラム画像

ほとんどの方は、1番しか意識していないから上位表示しないんですね。

2番のユーザーに好かれるような記事というのは簡単に言うと「そのキーワードの検索意図を満たした記事」のことです。

当記事では、検索意図を満たした記事の構成案の作り方を、私KYOKOが題材のキーワードを元にして実演していきたいと思います。

難易度としては、ちょっと難しめになりますが、アフィリエイトでちゃんと稼ごうと思えば絶対に必要なことです。

そしてこれは、私がサイト作成する際の記事設計に実際に使っているやり方です。

SEO・SXO両方の対策を含めた構成案の作り方をお話ししていきますので、そのままライティングに進んでいただけると高い確率で上位表示するはずです。

試してみて下さい。

検索意図の理解どれくらいできてますか?

検索意図とは

私が運営しているスクールでも生徒さんには「キーワードに対する答えを正確に」と言っていますが、この意味を深く理解するのは意外と難しいのだと思います。

例えばですが、「子育て 怒らない」と言うキーワードがあります。

オリジナルコラム画像

あながち間違いでは無いのですが、これだけでは上位表示しないでしょう。

オリジナルコラム画像

 

オリジナルコラム画像

このように「子育て 怒らない」で検索する人は、表面上は怒らずに子育てをする方法を探しているように見えますが、もっと深いところでは上手くいかない子育ての中で、

オリジナルコラム画像

上記のようなニーズが眠っています。

このようなユーザーが検索するであろう「子育て 怒らない」の検索意図は、単に【怒らない子育て方法】だけではなく②と③の

オリジナルコラム画像

このような検索意図もプラスで拾っていかなくてはいけません。

そして検索エンジンで上位表示するためには、その検索意図を全て満たしたコンテンツがふさわしい訳です。

この検索意図の導き出し方は、思いつきで適当にやっているわけではありません。

決まったツール(無料のものです)や手順に従って論理的に上位表示するための最適解を導き出しています。

後述しますが、その検索意図の洗い出し方法を、題材のキーワードに沿って実演していきたいと思います。

検索意図のわかりにくい・わかりやすいキーワード

検索意図のわかりにくい・わかりやすいキーワード

何か知りたいことがあって検索エンジンに打ち込む際には、上記の4つの種類のキーワードがあります。

それらの分類のことをクエリと言いますが、検索意図のわかりやすいクエリと

なかなか検索意図の理解しにくいクエリがあります。

答えから言いますと、圧倒的にKNOWクエリの検索意図はわかりにくいです。

にもかかわらず、ほとんどの人はこのKNOWクエリで検索するはずです。

オリジナルコラム画像

たくさんの方が検索する、かつ検索意図が汲み取りにくいクエリである「KNOWクエリ」は、アクセスが集めやすく、また悩みを解決するコンテンツを用意した際の成約率も高いです。

購買までの距離が近いキーワードや具体的なキーワードの選び方については、KYOKOアフィリエイトのキーワード選定のページで紹介しています。

逆に、成約率も高く検索意図が圧倒的に読み取りやすいのは商標クエリです。

※(上記の例では解説していませんが番外篇なのでお許し下さい)

GO・DO・BUY・KNOWクエリ以外にも、ちょっと特殊なものが商標クエリです。

商標クエリは、そのまま商標のキーワードを指します。

他と違うのは、軸となるキーワードが既に「商品名」だと言うことです。

例えば

「アイキララ+効果」であれば、【アイキララを使った際の効果が知りたい】と言う事ですね。

すでに商品名を知った上で、購入の後押しとなる「効果」の部分を確認したい人が検索するキーワードです。

まだこの商品名を知らない人は「クマ+アイクリーム」とかで検索するかもしれませんね。

「クマ+アイクリーム」だと検索意図は、

オリジナルコラム画像

 

などなど、どれなのかよくわかりませんね。

やはり商標キーワードの検索意図は、はっきりしているのがわかるはずです。

なので検索意図のはっきりしている商標アフィリエイトは、初心者におすすめなんですね。

ただし、検索意図のわかりやすい商標クエリでも、商品の特徴や用途によって奥に隠されたニーズがある場合があります。

そんな時は商標キーワードでもしっかり検索意図を確認すると、ライバルと差がつき、より上位表示しやすくなります。

オリジナルコラム画像

 

どのようなクエリであっても上記のような事を深掘りして考えていくと、ユーザーが本当に求めている【キーワードに対する答え】が分かります。

オリジナルコラム画像

この構成案は、外注ライターさんなどにそのまま渡せば上質な記事が仕上がってくるはずです。

※ (ライターさんの腕にもよりますが…)

ご自身のスキルアップ用にも、外注を使った効率化用にも、ぜひお役立て下さい。


----------------------------これから以下本編は申し込み後閲覧できます
KYOKOアフィリエイトNEXTのQ&Aタイトル
Q&A1
Q&A2
Q&A3
Q&A4
Q&A5
Q&A6
Q&A7

利用規約を読む